2018年12月28日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 1

今回の記事は年末スペシャルとして暖かく見守っていただきたい。 
小林よしより氏のように「ごーまんかましてよかですか?」 的な内容なので気分を害される人は読み飛ばしていただきたい。 





個人的に年末年始、ゴールデンウィーク、お盆と言われている大多数の国民皆で休む長期休暇が大嫌いだ。 

これほど非効率的なシステムはないと思う。医療機関から銀行、役所などの重要施設が休みになったり一度に大勢の人が押し掛け道路が渋滞したり、いつものスーパーなどが混雑したり不具しかないと思う。 

長期休暇は個人の自由で必要な時に習得すべきだ。色々な事情があるのも承知だが私は提言したい。 

毎度ニュースになる、新幹線、飛行機などの交通機関の混雑も安全保障上大変危険であると思う。あのような混在時にテロや震災にあったらひとたまりもないと思う。  

という私自身は年末年始ほとんど休んだことがないからその僻みであることは否めない。 

でも、非効率なことは誰かが言っていかないと改善しない。年末年始はまだしもゴールデンウィークなど完全に不要だと思っている。 

年末年始の無駄なテレビの特番も好きではない。年末年始になると一気に国民の意識が無駄に忙しくなって思考停止してしまうと思う。 

年末年始こそじっくりと腰を据えて政治的討論や社会問題について目を向け家族一同で議論すべきだ。 

このブログで伝えたいことは一貫している。 

「政治的無関心こそが明日の日本をダメにする」である。 

年末年始、皆様が大変忙しくなっているときに昨日も言及したあの政党とバックの団体は会館に集まり皆で血気盛んに盛り上がっている。普段行かない人も年末年始は参加して一同に約束事を確認したりしている。 

無党派層の我々も負けてはいらない。あの団体だけは日本のガンなので絶対に放っておいてはいけないのだ。 

話が逸れてしまったが、まずは自分が出来る事をシンプルに考察し今を一生懸命に生きていく。限られた時間ということを意識する。 

限られた時間の有効活用という意味でも長期休暇は反対の立場をとらせてもらう。  
posted by イトウ ヒロ at 15:14| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

日本のガン

最近大阪が本当に元気だ。東京1極集中は様々な弊害があるので私は反対している。だからこそ大阪はもっと経済的にも政治的にも輝いて欲しい。 
大阪でまたあの政党成長の足枷になっている。実はこの国の最大のガンはあの巨大新興宗教がバックにいるあの政党のせいでありとあらゆる捻れが起きているといっても過言ではない。 

自民党もそして盤石な安部政権でさえもあの政党には逆らえない。人気を博した小池都知事でさえも議会で反対されたらたちまちに危機になってしまう。 

大阪万博が決まりいよいよカジノやIR、リニア新幹線など新しい時代に向けて成長しようとしている大阪でまたしてもあの政党が自分達の都合で成長する大阪の足枷になっている。

維新の会や都構想自体には私は是々非々なところがあるが、今回ばかりは全面的に松井知事を支持したい。大阪府民の皆様はいよいよあの政党にNOという民意を示して欲しいと思う。 

来年の統一地方選、府知事選、市長選、住民投票の行方が今からとても楽しみだ。 

無党派層の力を今こそ示して欲しい。あの政党の都合なんか全て無視して府民の為の府民による大阪を築いて欲しいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 17:01| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

安倍政権発足から6年

2012年の暮れに自民党が政権奪還してから早いもので6年になった。 
野田総理の自爆ともいえる年末解散でわずか3年で政権を奪還した自民党。この6年で盤石な政権運営をしている。

安倍政権発足後の日本はどう変わったか?  

様々な意見があるとは思うが、この政権の特色といえば徹底したメディアコントロールにあると思っている。 

インターネット上の対策も抜かりない。メディアが太刀打ち出来ないようにありとあらゆる手を使っている。少しでも政権に不利な報道があると民放の代表に抗議の連絡が来たという証言もある。また会長や幹部が揃いもそろって総理と会食したという報道もある。

一次政権の時の失敗は二度としないという強い表れが出ている。 

官民複合体となって本当に知らせないいけないニュースを撲殺し、話題性があり利益になるニュースばかりしている。政権を真摯に批判するメディアが非常に少なくなってきている。 

電通から巨額の資金が流れる民放は全滅である。公共の放送NHKさへも偏向報道が横行している。 

私は、日本が本当の独立した民主主義国になれる最後のチャンスが2019年ではないかと思っている。 

国民には苦い思い出だったろうが、民主党政権の時にメディア改革をしようとした大臣もいたし、記者クラブ解体にほんの僅か動いた時期もある。  

世界では多チャンネル化が当たり前で民放キー局が4つなどという遅れた国は先進国では日本しかない。 

6年も盤石な政権運営をしている自民党とメディアのズブズブの関係にNOと言える機会は選挙の時にしっかりと自分の意思で投票するしかない。 

4月の統一地方選、9月の参議院選。大阪では市長選、知事選、住民投票という4つの選挙が行われる可能性も見えてきた。 

今からでも遅くないので、少しだけでもいいので政治に目を向けて欲しいと思う。 

約6割もいる無党派層の力を私は信じている。無党派層の方が少しでも参考になる記事をこれからも書いていくので是非参考にしていただけたら幸いである。
posted by イトウ ヒロ at 13:23| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

カルロスゴーン報道について 3

先週カルロスゴーン氏が保釈になるのではないか?というニュースがメディアを駆け巡った。 
私は保釈されて当然だと思うし、寧ろ特捜部が動く意味のない事件だったと思っていた。 

各社一斉にトップニュースにして煽りに煽って、次の日に再逮捕という非常に悪質な手段がとられた。 

これこそが、政府や権力者側が使用する「スピンコントロール」という手段に他ならない。 

私達が日々接しているニュースは非常に都合のいいように構成されている。たしかにゴーン氏法を犯したことは間違いないが、果たしてここまでする必要があったのだろうか? 

またしても、西川社長のプレスリリース発言には驚きを隠せない。何故あそこまで他人事のような発言を繰り返すのだろうか? 

「技術の日産」と言われた輝かしい実績が過去のものとなって非常に残念だ。 

このような負のイメージを回復していくには非常に時間がかかる。現場の技術者やエンジニアなどの社員に申し訳ないと思うわないのだろうか? 

そして、何年も日産を愛してるユーザーを蔑ろにしている姿勢が私は許せない。 

ゴーン氏の報道はこれからも注視していこうと思っている。日本の資本主義と自動車業界の為にも日産上層部は反省してユーザーを大切にしてもらいたいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 15:17| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする