2019年01月03日

2億円事件

去年の年末ではあるが、とある企業広告が世間の注目を集めた。ラーメンチェーン店の幸楽苑の新聞広告だ。 
3億円事件と重ねたように2億円事件というキャッチコピーが世間の注目を集めた。 

私も月に数回程、幸楽苑を利用するが元旦は特に混雑していた記憶がある。元旦のお昼くらい外で気楽に食べたい人やどこも空いていなくて仕方なく来店した人などで田舎の店舗でも大変混雑していた。 

その混雑して1番忙しい時期にしっかりと休業する企業姿勢が素晴らしいと思う。 

生産性向上を目指すなら休みはしっかりとって効率よく働くのが1番だ。バブル期の日本のようにとにかく長時間働くのが当たり前という時代は終わった。

業態は違うがコンビニなども思い切って24時間化は終了してもいいと思う。コンビニは大手3社の熾烈な競争のおかげで沢山増えてきたが、深夜帯などは人がほとんどいない店舗を頻繁に見る。

働く時間と休む時間のバランスこそが生産性向上に向けての必須条件だ。

1人当たりのGDPで日本は先進国最下位であることをまず自覚しないといけない。時代は変わったので人がやらなくていいことはどんどん自動化していくのがこれからの時代の流れだ。 

家族との時間を大切にしている国の方が生産性は高いことが分かっているし、睡眠時間も長い方が生産性は圧倒的に良い。 

幸楽苑のような年中無休の店舗従業員の皆様に私は感謝している。だからこそ自分の身体とメンタルを十分に労わりながらこれからも美味しい食事を提供してもらいたい。  
posted by イトウ ヒロ at 14:31| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

芸能人格付けチェックについて

毎年元旦に放送される、「芸能人格付けチェック」という番組を毎年楽しみにしている。
この格付けチェックという企画はかなり前にレギュラー放送されていた、「人気者でいこう!」という番組の1コーナーであった。 

学生だった私も毎週この人気者でいこう!を楽しみにしていた。100万を家の中に隠して見つからなかったら貰えるという破天荒な企画もあり毎週面白かった。

近年の格付けチェックをエキサイティングな番組に変えてくれたのが、GACKT氏だ。それに加えて一昨年からYOSHIKI氏も加わり本当に見応え充分な内容となっている。

GACKT氏に至っては、個人で58連勝というとんでもない記録を更新した。氏の凄さといえば本当に一流の食べ物や音をしっかりと理解して選んでいるところである。 

食べ物系に至っては迷ったりしたそぶりを見たことがない。確信を持って札を上げている。

今回、珍しい事に盆栽に関しては実は見分けがつかなかったと発言していたが、それでも他の問題をしっかりと正解するのは一流の証である。 

このシンプルな構成が逆に飽きがこなくていいのかもしれない。年末年始の番組で最もエキサイティングで楽しい番組だ。

このように二択を選ぶというのが最終的には1番難しいし楽しい。毎回ブログで提言している国民最大の権利選挙もこのような見応えあるイベントに変わってくれることを願わずにはいられない。
posted by イトウ ヒロ at 12:54| Comment(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 3

皆様、新年明けましておめでとうごさいます。昨年は多くの方にブログを訪問いただき誠に感謝致します。 
年末年始はスペシャル版としてごーまんかましましたが、いかがだったでしょうか? 

2019年、最初のごーまんは「2019年は今後の日本を左右する1年」だと提言させていただく。 

何度もブログで取り上げているが、今年は選挙の1年だ。そして改元も控えている。消費税も上がるかもしれない。 

2018年とは違った様々な変化が訪れる1年である。向こう何十年の行方を左右する1年といっても過言ではない。 

統一地方選、天皇生前譲位、参議院選、消費税増税と少し並べただけでも目白押しだ。 

スポーツイベントでもラグビーワールドカップそしていよいよ2020年オリンピックイヤーに向かう1年となる。  

もしかしたら参議院選に合わせて衆院選もあるかもしれないし、憲法改正国民投票もあるもしれない。 

安倍総理とプーチン大統領の間で話が進みつつある、北方領土問題も動きがあるかもしれない。 

消費税導入の前月までは駆け込み需要でそれなりに景気は良くなるが導入後一気に経済が停滞してしまうかもしれない。 

大まかな動きだけでも沢山ある。地方自治体の動きも合わせると沢山選択する機会が増えることになるだろう。 

選択する機会が増える事に労力を使うかもしれないが決して諦めず億劫にならずに選択肢からしっかりと自らの民意を選択して欲しい。 

民意を表す権利は国民最大の権利だ。今年は何度もその権利を使う機会がある。 

決して思考停止せず、どうせ変わらないなどと諦めの姿勢は権力者の思ううがままだ。  

私はここまで重要行事が目白押しの2019年が楽しみで仕方ない。このブログでも重要行事の行方や考察を逐一記事にして行きたいと思う。 

今年1年も皆様と一緒に成長した行きたいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 11:51| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 2

スペシャル記事第2弾。本日も「ごーまんかましてよかですか?」記事になるのでお気に召さない方は読み飛ばしていただければと思う。 

本日の提言は、貴乃花関連やスポーツパワハラ問題ニュースの時間を大幅に削れ! 

と提言したい。今年話題になった多くの問題がトップニュースでやるニュースではない。パワハラやモラハラなどの問題を軽視しているわけではなく優先順位として本当にそこまで必要なニュースだろうか? 

多くの時間を割いた貴乃花問題。このニュースが最も必要ない。私は平成の大横綱と言われた貴乃花が大好きだった。だからこそ一連のニュースは残念だったが、ワイドショーの格好のネタになってしまったのが残念だ。 

日大悪質タックル問題、レスリング協会、体操協会、ボクシング協会あらゆる協会の問題が浮かび上がったが、果たしてそこまで騒いで協会の体質は変化したのだろうか? 

そもそも日本の部活動の指導の全てに問題がある。明らかに指導というより檄を飛ばして叱るという指導がまだまだある。 

日本のスポーツ教育が根本的に間違っているという指摘がほぼない。 
 
記事にもしたが、あの猛暑の中でやる高校野球甲子園大会が全ての間違いだ。投手には球数制限を設けるべきだし、大阪ドームを使用したりするべきだ。  

教育の一貫でもある部活動では何年も同じ部活動部にしか所属出来ないが、本当は複数の部活に所属して様々な競技を体験すべきだ。 

その中で優秀な選手には、オリンピックやプロ競技を目指す育成プログラムをもっと国費をかけて充実すべきだ。 

私はスポーツをプレーするのは得意ではないが観戦したりするのが大好きだ。格闘技、モータースポーツ、オリンピック、サッカーワールドカップと年間を通じて様々な競技を観戦させていただいている。 

その大好きなスポーツの裏の顔が沢山見えた2018年を1つの契機としてスポーツ界が本当に変化して欲しいと思う。 

まずは、選手個人を1人の人間として扱うべきだ。指導者の権限が非常に大きくなりすぎて危険である。指導者と選手はパートナーという認識のもと、お互いがリスペクトして活動すべきだ。 

日本のスポーツ界や部活動を見ていると嫌々仕方なくプレーしている人が目立つ。好きで仕方ないからその競技にのめり込めるような指導に変化していかないと、これからどんどん少子化が進む日本では優秀なプレイヤーが育たないと思う。

スポーツは人を感動させたり日々の活力になるような素晴らしい力がある。私はもっとあらゆるスポーツが盛り上がって欲しい。そして優秀な選手の活躍を心から期待している。 
posted by イトウ ヒロ at 11:21| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする