2019年01月21日

トヨタの快挙

ニュースではあまり取り上げてないが、トヨタ自動車が快挙を達成した。 
去年のルマン24時間レースに続いて、ダカール・ラリーを制覇したのだ。 

サーキットを走行する世界一過酷なルマンと道無き道を走破するダカール・ラリーの2つを制覇するという素晴らしい功績を残した。 

あまり話題にならなかったが、WRC 世界ラリー選手権でも製造部門で年間タイトルを獲得している。 

モータースポーツファンと私としては本当に嬉しいし日本人として誇らしいと思う。 

私が幼い頃はルマンもダカール・ラリーもメディアでかなり取り上げられていたが、近年はモータースポーツ関連はかなり少なくなっていると思う。 

日産自動車問題は確かに報道する事件ではあるがそれ以上に快挙達成のニュースもしっかりと報道して欲しいと思う。 

ショックなニュースだけがどうしても多くなってしまうが嬉しいニュースも沢山報道して欲しいと思う。  

残す所はいよいよモータースポーツの頂点F1での日本車メーカーの復権である。 

ホンダが今年こそは何かしらの成果が出ると思って私は心待ちにしている。ドイツ勢に是非とも一矢報いてもらいたいと思う。  

モータースポーツは知れば知る程楽しく奥深いスポーツなのでこのブログで興味を持ったなれば是非一度視聴してみて欲しいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 17:42| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

NGT48問題 2

事件が公になってから時間の経過とともに事件の時系列が見えてきた。 
ネット記事ベースのソースしかないので真実は分からないとしながらも、今回の事件は数多くの警鐘を鳴らしていると思う。 

いずれにせよ、AKBグループの運営組織が本当に夢をいただいてアイドルになりたいと思える少女達を預かる立場としてあまりにも杜撰ではないかというのが私の見解だ。

問題の根本はその杜撰さにある。「会いに行けるアイドル」を標榜するならどこまでもセキリュティを疎かには出来ない。万全のセキリュティ体制があってのファンとの距離感の構築だと思う。 

アイドルと言っても年頃の女性であるし、年頃の男子と女子が距離感を縮めれば自ずと結果は見えているものだし、その距離感こそが今回の事件を招いた。起こるべくして起こった事件であるし、防げた事件でもある。 

AKBグループは今が正念場ではないかと思う。このまま事件を時間と共に風化して当たり障りのない対応で終わるならグループ自体が崩壊してしまうのではないだろうか。 

ましてや、新しくグループに入りたいと思う次世代メンバーがいなくなってしまうし、親御さんの気持ちも大変複雑だと思う。 

アイドルグループがこれからも発展していく為には今回の問題を正面から取り組み改善していただきたいと思う。正面から誠実に取り組めという姿勢こそが信用回復の道であると思う。
posted by イトウ ヒロ at 12:58| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

2億円事件

去年の年末ではあるが、とある企業広告が世間の注目を集めた。ラーメンチェーン店の幸楽苑の新聞広告だ。 
3億円事件と重ねたように2億円事件というキャッチコピーが世間の注目を集めた。 

私も月に数回程、幸楽苑を利用するが元旦は特に混雑していた記憶がある。元旦のお昼くらい外で気楽に食べたい人やどこも空いていなくて仕方なく来店した人などで田舎の店舗でも大変混雑していた。 

その混雑して1番忙しい時期にしっかりと休業する企業姿勢が素晴らしいと思う。 

生産性向上を目指すなら休みはしっかりとって効率よく働くのが1番だ。バブル期の日本のようにとにかく長時間働くのが当たり前という時代は終わった。

業態は違うがコンビニなども思い切って24時間化は終了してもいいと思う。コンビニは大手3社の熾烈な競争のおかげで沢山増えてきたが、深夜帯などは人がほとんどいない店舗を頻繁に見る。

働く時間と休む時間のバランスこそが生産性向上に向けての必須条件だ。

1人当たりのGDPで日本は先進国最下位であることをまず自覚しないといけない。時代は変わったので人がやらなくていいことはどんどん自動化していくのがこれからの時代の流れだ。 

家族との時間を大切にしている国の方が生産性は高いことが分かっているし、睡眠時間も長い方が生産性は圧倒的に良い。 

幸楽苑のような年中無休の店舗従業員の皆様に私は感謝している。だからこそ自分の身体とメンタルを十分に労わりながらこれからも美味しい食事を提供してもらいたい。  
posted by イトウ ヒロ at 14:31| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

日本のガン

最近大阪が本当に元気だ。東京1極集中は様々な弊害があるので私は反対している。だからこそ大阪はもっと経済的にも政治的にも輝いて欲しい。 
大阪でまたあの政党成長の足枷になっている。実はこの国の最大のガンはあの巨大新興宗教がバックにいるあの政党のせいでありとあらゆる捻れが起きているといっても過言ではない。 

自民党もそして盤石な安部政権でさえもあの政党には逆らえない。人気を博した小池都知事でさえも議会で反対されたらたちまちに危機になってしまう。 

大阪万博が決まりいよいよカジノやIR、リニア新幹線など新しい時代に向けて成長しようとしている大阪でまたしてもあの政党が自分達の都合で成長する大阪の足枷になっている。

維新の会や都構想自体には私は是々非々なところがあるが、今回ばかりは全面的に松井知事を支持したい。大阪府民の皆様はいよいよあの政党にNOという民意を示して欲しいと思う。 

来年の統一地方選、府知事選、市長選、住民投票の行方が今からとても楽しみだ。 

無党派層の力を今こそ示して欲しい。あの政党の都合なんか全て無視して府民の為の府民による大阪を築いて欲しいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 17:01| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

安倍政権発足から6年

2012年の暮れに自民党が政権奪還してから早いもので6年になった。 
野田総理の自爆ともいえる年末解散でわずか3年で政権を奪還した自民党。この6年で盤石な政権運営をしている。

安倍政権発足後の日本はどう変わったか?  

様々な意見があるとは思うが、この政権の特色といえば徹底したメディアコントロールにあると思っている。 

インターネット上の対策も抜かりない。メディアが太刀打ち出来ないようにありとあらゆる手を使っている。少しでも政権に不利な報道があると民放の代表に抗議の連絡が来たという証言もある。また会長や幹部が揃いもそろって総理と会食したという報道もある。

一次政権の時の失敗は二度としないという強い表れが出ている。 

官民複合体となって本当に知らせないいけないニュースを撲殺し、話題性があり利益になるニュースばかりしている。政権を真摯に批判するメディアが非常に少なくなってきている。 

電通から巨額の資金が流れる民放は全滅である。公共の放送NHKさへも偏向報道が横行している。 

私は、日本が本当の独立した民主主義国になれる最後のチャンスが2019年ではないかと思っている。 

国民には苦い思い出だったろうが、民主党政権の時にメディア改革をしようとした大臣もいたし、記者クラブ解体にほんの僅か動いた時期もある。  

世界では多チャンネル化が当たり前で民放キー局が4つなどという遅れた国は先進国では日本しかない。 

6年も盤石な政権運営をしている自民党とメディアのズブズブの関係にNOと言える機会は選挙の時にしっかりと自分の意思で投票するしかない。 

4月の統一地方選、9月の参議院選。大阪では市長選、知事選、住民投票という4つの選挙が行われる可能性も見えてきた。 

今からでも遅くないので、少しだけでもいいので政治に目を向けて欲しいと思う。 

約6割もいる無党派層の力を私は信じている。無党派層の方が少しでも参考になる記事をこれからも書いていくので是非参考にしていただけたら幸いである。
posted by イトウ ヒロ at 13:23| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする