2015年06月19日

最強文化系コロシアム 天下一文道会!!

最強文化系コロシアム 天下一文道会!! という番組が中々興味深い内容だった。
スポーツの戦いの番組はそれなりにあるが、知の戦いも本当にスポーツだ。 

その中でとくに圧巻だったのが、堀江貴文vsDaiGoのババ抜き対決である。
メンタリストは恐ろしい。人の心理というのはあそこまで操作されるものなのかと驚愕してしまった。それも相手はビジネスの天才堀江貴文である。 

ババ抜きというカードゲームはあくまで心理戦なんだと考えを改めざるえなくなった。
子どもの頃から、カードゲームをしているが、ババ抜きは運だと思っていた。

DaiGoのババ抜きは完全な心理コントロールで全てはDaiGoの思うがままに動いてしまう。 

このように、日常生活も我々が意識しないところでコントロールされていることが沢山あるという事を再認識した瞬間でもあった。 

このように知の競技をもっと特集すべきだ。若者世代がもっとこのようなことに興味をもっていただきたい。スマホより断然面白いと思う。頭が柔らかい内に沢山の知に競技に触れるべきだ。

私が子ども頃は羽生善治氏が将棋で史上初の七冠王を達成して空前の将棋ブームになっていた。小学校でも朝のホームルームの前などに将棋を沢山していた。決して強い訳ではなかったがあの頃の知の鍛錬は今も役に立っている。 

日本の明るい未来のポイントは知の鍛錬と精神の鍛錬で作られると改めて思う。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

堀江貴文 我が闘争

堀江貴文氏の最新の著書「我が闘争」という書籍が抜群に面白かった。

堀江貴文氏の事は様々なメディアをとうして皆さんご存知だと思うので割愛させていただくが、私が丁度社会人になったばかりの頃、連日報道されていたので堀江貴文氏の事を色々考察していると昔の自分をリアルに思い出し中々感慨深い。

初めて書店で堀江氏の書籍を手に取ったのは「稼ぐが勝ち」という本だった。
当時のITバブルの象徴のような人物だと思っていた。金が全て。完全実力主義。
お金と名声も手にして何でも有りの、ある意味ムカつくと思う感情を抱かせる人に思えた。

今回の書籍を読んで堀江貴文氏のイメージがいかにマスコミによって操作されているのか世間の評判っていうのがいかに曖昧か、そして、自分の視野の狭せに愕然とした。

堀江貴文氏は本当に本質を鋭く見抜く実に冷静で明晰な人物だという事も改めて理解出来た。
あれよあれよと本の世界に引きずり込まれた。久々にこの本楽しい! 早く次が読みたい!
という感情になった。

と、同時に堀江貴文氏の言葉に非常に共感出来る事と、いかにして事件に巻き込まれていくのか、そして組織と数の恐ろしさの深い考察も出来た。

読書というは有難い事だと思う。 堀江貴文氏の経験と思考の一部を知れただけでも本当に価値がある。 私は本を読むのが極端に遅い人間なんだが、これからも読書を上手く人生の一部に取り入れ考察と行動をしていきたいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

堀江貴文から学ぶしくじった後の行動

テレビ朝日 しくじり先生の中で様々なゲスト講師が披露してくれるしくじりから学んだ事が何とも良質である。

先日の、元ライブドア堀江貴文氏の言葉は何とも言えない深い言葉であった。 
氏が成してきた事は私が言及する必要はないが、ちょうど私が社会人に成り立ての時に連日テレビやネットを賑わせていたので非常に思い出深い。 

やる事成す事何とも規模が大きい社長で、球団設立やニッポン放送買収、電撃的な逮捕などなど2000年台の経済人の中心にいた人である。 

ITバブルは当時世間を多いに賑わせた。ソフトバンク孫社長も3日間だけビル・ゲイツ氏の資産を上まって資産世界一になった事もあるそうだ。毎週資産が一兆円ほど増えたそうで、その時逆に買い物がつまらなくなってしまってデパート1件ごと買っちゃえ!くらいの感覚になっていたとの思い出話しもある。 

堀江氏もそのバブルの流れに見事乗って巨万の富を獲得した。 

番組内で語っていた事はとにかく何でも世間の通例や常識をことごとく守っていなかった、舐めていたと語っていた。氏の服装も全部その表れである。重要な取引にも事前に挨拶すらいかなかったとの事だ。
その後様々なしくじりの後にこのような言葉を残している。 

「お金で様々な物は買えるが、信用だけは買えない」 企業や何かをする若者達に向けての言葉である。 ビジネスをしたかったら、何をもってしても信用をまず構築せよとのアドバイスである。

その先にビジネスチャンスがあると。

氏のしくじりは何とも壮大であった。逮捕。実刑。落選。様々なしくじりから学んだ事は以下の事である。

過去に囚われず 未来に怯えず 今を生きろ 考える暇や悩む暇があったら今を一生懸命生きろ  
氏の口から発せられと本当に重みが違う。 

このブログが行動をする時の一役となれば幸いである。  

  
posted by イトウ ヒロ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。