2019年06月22日

年金問題の本質

世間を賑わせている年金問題や老後資金2000万問題を考えていく上で素晴らしい記事があったので紹介したいと思う。   
言ってはいけない年金制度の真実↓ 

あの、タックスヘイブンや言ってはいけないシリーズでお馴染みの橘玲先生の記事である。 

橘先生の主張は驚くほど現実的で明快だ。 

定年という日本にしかない年齢差別をやめ、70代くらいまでは現役で労働市場から資本を獲得せよという提言である。  

65歳定年で退職金をもらいそして妻帯者と年金で暮らすというモデルケースはとうの昔に崩壊していると著作でも感情論ではなく論理的に説明してくれている。

日本型サラリーマンという職業体系自体かなり特殊であって世界の主流はフリーランスであり、歴史を紐解くとほとんどがフリーランスとして労働しながら生活をしていた。一つの会社で雇用され約40年その会社に尽くすようになったのは1970年代の話である。 

ここで、人生で最も大切なことは何か?という事をじっくりと考えることではないだろうか? 

私が大切だと思うのは

@ 健康 

A 時間 

B コミニティー 

の3つではないかと思う。 

健康と時間を効率的な使いながら有意義なコミニティーを形成し、そして人生のゴールへと向かっていく。 

その上で、日本が今まで実践してきた教育やサラリーマン必勝パターンは速やかに見直す必要がある。  

今回の年金問題や老後資金問題では感情論的な話が多く見受けられたが、今一度冷静になって人生で最も大切な事を見直してみてはどうだろうか? 
posted by イトウ ヒロ at 19:51| Comment(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

老後資金2000万問題について

昨今ニュースを騒がせている老後に必要な資金2000万問題について考察していきたいと思う。 
このニュースを聞いて驚くほど様々な感情と意見が世間を賑わせていて非常に興味深いニュースとなっている。  

私の環境ベースでの話にはなるが、私と同年代は今回のニュースを聞いたからといってほとんど驚きがないのが実情だ。  

私もそんなの当たり前過ぎて何を今更と思いながらニュースを聞いていた。  

人口構造と年金システムを少し考えていけば分かる話だし、2000万で済むはずがないと私は思っている。  

金融庁の試算はあくまでも一般的なモデルケースであり、2000万で済めば御の字ではないだろうか。 

年金システムが全く別の形として支給されるかもしれないし、本当に先のことはどうなるかわからない。  

ここで、私からの提言はそんな未来の事を憂いているよりも目の前の最優先事項をしっかりとこなしながら日々を充実させる方がよっぽど大切だと思う。  

来年の事もわからないのに30年後の未来など気にしても時間の無駄だし、とうの昔に年金システムは機能などしないことは明々白々ではないか。  

金融庁は逆によくぞ言ったと思っている。 

このニュースをみて悲観してやげやりに過ごしてまた様々な事に無関心になって思考停止しながら生活するのが最も危険だ。  

逆に国が認めたわけだから、今から準備も出来るし軌道修正も出来るわけだから有難いことではないだろうか。  

未来は明るい。明るい未来を見ようとする視点を持てばきっと光が見えてくるはずだ。 

まずは、ブログを読んでいただいた皆様は是非とも今の自分に集中して日々を走りきっていただきたいと思う。


posted by イトウ ヒロ at 20:00| Comment(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

教育と政治

トマ・ピケティ教授の講義や、今週のTEDでのプレゼンテーションを考察して行くと、行き着く本質は「教育」であった。

私は、所得格差については何となく理解していた。だが、各国のデータ分析を元に講義するピケティ教授の言葉には何とも言えない重さがあった。

日本の格差は決して縮小しないと私は思う。 アメリカ的な経済格差の国になって行くのではないかと思う。

世間を騒がせている安保法制。 去年の衆院選の圧勝からこの事は予測出来た。今更何をという感じがしてならない。

それより、危険なのは安保法制の影で着々と動いているTPPの怖さである。 アメリカは着々と法整備をして日本のマーケットを合法的に奪取する勢いがいよいよ増してきた。

中小企業や個人の兼業農家などが、益々生活が困窮していく流れは間違いないと思う。

それもこれも1番の原因は政治的無関心が招いた結果である。 安倍政権を支持したのは国民であり選挙に投票に行かないという事は与党に賛成したのと同意である。

選挙の怖さを知らないという事と、政治的無関心が招く怖さを再認識すべきである。思考停止が1番悪である。

マスコミが言ったから、権力のあるお偉いさんが言ったからという言葉の上っ面ではなく本質を見極めていく教育をすべきである。

18歳時点での選挙権見直しなどは、これを機会に大いに政治に目を向けるべきだ。

お年寄り世代の皆様が何故選挙に行くのか。何故若者は選挙に行かないのか。政治的無関心がここまで広がっている根本的な議論をすべきだ。

その議論の第一歩は家庭での議論が最も大切であると改めて思っている。

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

続、現代社会の歪みの根に迫る

昨日の考察の続き。私の稚拙な考察に沢山のアクセスがあって本当に感謝致します。

女性は本当に就職が困難である。 私の学生時代の友人も相当優秀であったのが中々就職先が見つからず相当苦労した事実があった。

また結婚して育児休暇からの復活となると、相当な苦労や人間関係の悪化も顕著である。

過去の歴史の中でも、女性をないがしろにする一族は滅ぶ運命にある。
男がどんなに凄かろうが、偉かろうが生命を誕生出来るのは女性しか無理なのだ。

この事実が、動かざる本質なのに、どうしてここまで歪んで今の世を形成したのだろう。

もちろん働く事や経済を動かしていくとなると男性の力も必要であるが、ここまで高度に成長した現代社会のシステムが旧来と変わっていないというのが、少子化や介護負担の増加などの社会不安の問題の根と考察する。

私が思う事は、老後こそ人生の総決算あり最も輝く時期であるのに、昨今の現状は悲惨そのものである。

少なすぎる年金。 働く場所も皆無。 何かあったら即老人ホーム行き。 認知症、老老介護。
不安しかないではないか。 男性を守る為、育児の為の専業主婦の皆様が不憫で仕方ない。

社会的、一般的な成功モデルや成功ラインなど等の昔に崩壊しているのだ。

まずはその事から考察していこうではないか。 考察を辞めた最後は滅びるのみである。
posted by イトウ ヒロ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

現代社会の歪みの根に迫る

未来を考察する事を様々な角度から取り上げているが、今日は男性主導の社会の限界を考察していこうと思う。 

現代社会は男性が中心に動いている事実はゆるぎないと思うが、現代社会の様々な歪みはその男性社会の限界から来ていると私は思う。 家庭崩壊、うつ病、自殺、認知症の深刻化。
社会の歪みがどんどん深刻化していく昨今、抜本的な解決策がない社会。ストレスばかりが増大していく日本。 

その原因の根を考察していくと結局は家庭環境の変化と限界から来ていると私は思っている。 

男性が外で働いて女性が家庭を守る。 育児で女性が多大な労力を強いられる。
男性は育児中心な妻に興味を失い浮気に走る。 全てがこのパターンだと思わないが家庭崩壊のパターンの1つではないであろうか? 

この負の連鎖の根は男性主導社会で動いているからこそ起こる悲劇である。 

女性はストレスのはけ口がない。簡単にストレスを発散する場所がない。性欲的な欲求を満たす手段ははっきりいって夫婦の一線を超える事しかない。 

男性はいとも簡単に性欲を満たせる社会である。夜の世界のほとんどは男性向けである。
ネットの性欲発散ツールもほとんど男性向けである。 

男性はどんどん間違った恋愛感と価値観で女性と接して行く。女性はどんどんストレスが溜まって行く。 そのような家庭の子どもは何を感じながら成長していくのだろうか? 

その成長した子どももまた同じ事を繰り返す。学んでいない事を急に出来る訳がない。 

今日は長くなったのでこの辺で。 明日また宜しくお願いします。 
posted by イトウ ヒロ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする