2015年04月11日

会津藩藩主 保科正之公から学ぶ政治の本質とは?

会津若松市 鶴ケ城旅行ですっかり会津藩の事が大好きになり、色々考察していたら、会津藩藩主、保科正之公の政治や当時の統治の仕組みに触れる機会があった。 

様々な歴史学者が歴史を考察しているが、歴史学者の中には歴史上最も誇れる日本人として語る人も少なくない。 

保科正之公を考察するにつれて1つの疑問が頭をよぎった。 

何故こんなにも素晴らしい藩主だったのに、ここまで知られていないのだろうか? 
私が無知なのは仕方ないとしても歴史上の統治者としても幕府を影で支えた1人の大功労者なのに何故あまり名前が轟いていないのだろうか? 

会津藩の歴史は何故悲劇ばかり表立って語られているのだろうか? 

薩長が作り上げた明治以降の時代には大功労者や偉大な藩主の存在があまり宜しくないのであろうか? 

様々な考察の中で保科正之公の家訓を元にした会津っ子宣言として教育機関で道徳思想教育の一貫として取り入れてるとの事だ。大変喜ばしい事である。 

経世済民。 統治や経済発展は全て民に幸せの為に存在すると保科正之公は本質を全て見抜いていたからこその政治手腕であり教育方針だったと私は思う。 

このブログを読んで下さる皆様の為にも是非耳に入れておかなければならいと強く思い
保科正之公という名前だけでもいいので、覚えていていただけたらこのブログにも使命があるのではないかと感謝せずにはいられない。
posted by イトウ ヒロ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

会津旅行から日本の過去と未来を見つめる大切さ

先日のブログで旅行について考察したが、旅行に行く絶好の機会があったので様々な考察をしていきたいと思う。

今回は福島県の会津若松市に日帰りで旅行してきた。 会津若松市に到着したのが午後の時間だったのであまり多くの場所は周る事は出来なかったが、今回は鶴ケ城に焦点をあてじっくり堪能してきた。 

鶴ケ城や会津藩についての考察は、私如きがするのは大変おこがましいが今回の旅行で会津藩の運命について触れる事が僅かでも出来て本当に有意義であった。 

この会津藩の歴史こそ日本人は絶対に忘れてはならない歴史だと私は思う。 歴史に翻弄された会津藩の運命を僅かでも触れる時間があって本当に会津若松市に来て良かったと思う。 

最近ではNHK連続TV小説の中で会津藩の話が度々出てきた。「オラは会津の男だ」と何度も口にしていた。 

会津若松市は盆地なので非常に寒い。 雄大な山々や美しい景観。その美しい景観の奥には人としての生き方や本質が旅行者を優しくそして厳しく包むそんな街である。 

鶴ケ城ひとつとっても当時のテクノロジーの結晶である。 城の天守閣に入室するまでの石垣や門の作りや様々な景観の中で鶴ケ城が最後まで落城しなかった歴史を鑑みると設計者の凄さ当時の人の凄さに驚きを隠せない。 
posted by イトウ ヒロ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

旅行から学ぶ財産とは?

旅行。 皆様にはどのような思い出があるだろうか?

沢山の思い出の中で旅行ほど、鮮明に明確に覚えている思い出はない。 旅行の中で体験した全ての事が人生の糧となり今の力になっている。

旅行に行くと日常生活の素晴らしさを痛感する。 例えば寝床などもそうである。
高級旅館やホテルなどは数数えるくらいしか宿泊してはいないが、それでも枕が基本合わない。 そしてだいたい喉や鼻が苦しくなる。

田舎に住む利点の一つに空気の良さがある。都内在住の頃はとにかく喉と鼻が痛くて仕方なかった。
プラズマクラスター等を稼働させて何とか和らいだがそれでも違和感があった。
田舎に帰省すると本当に熟睡した覚えがある。 湿度や空気の綺麗さを改めて実感した。

旅行はそのような当たり前の有り難さを思い出させてくれる最高の機会だ。

まだ見ぬ知らない場所に行けるのも気分が高揚する。

ジブリ作品 魔女の宅急便でサツキが新しい街に降りたつシーンがあるが、あの時の音楽と情景がまだ見ぬ街に行くと私の頭の中で脳内再生される。

その感覚を味わう為に旅行に出発すると言っても過言でははい。 その感覚こそが人生のスパイスとなり日々の生活に潤いと大切な安らぎを与えてくれているんだと思う。

さぁまずは旅行の計画を始めてみてはいかが?
posted by イトウ ヒロ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

休日のドライブと近年のSAやPA

高速道路のSAやPAの進化が本当に凄い。 子どもの頃から静岡や東京、埼玉方面に行く機会があるのでだいたいは同じPAやSAに依る事になる。 

特に、東名の足柄SA 東北自動車の蓮田SAが本当に綺麗になったし様々なフードコートなど1回のピットストップではとても周りきれないくらい充実している。 

私は目的地に無駄なくガンガン前に進んでいく、遊びココロがないドライバーになりがちだが、ゆとりをもって遊びながらゆっくり行くのも大切だなぁと改めようと思っている。 

どうしてもF1やWRCが好きなので旅行を全体のレースみたいに錯覚して無駄に攻めてしまう(笑) 

ドライブは本当にいいものだ。 いつもと見慣れない景色を眺めていると脳にいいいし、地域の独自性や名物などを散策するのも楽しい限りである。 

ドライブ中は不思議と濃厚な会話が沢山出来るのもドライブの利点だと思う。 
顔を直接見ないからこそ、その人の本音や日々考えている内容の一部を聞き出せるのはドライブならではである。 

休日の過ごし方こその人の本質に迫れると私はいつも思っている。 
豊かな休日を快適に過ごせるインフラと税制対策など、トータルバランスで楽しめるようにして欲しいものだ。 


いかにして楽しもうとする心を私は忘れていたと思う。 その大切な思いを取り戻せてだけで今回のドライブは大成功であったと思う。  
ラベル:sa ドライブ PA
posted by イトウ ヒロ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする