2015年06月10日

AKB48選抜総選挙SP2015 後編

AKB4841thシングル選抜総選挙 後編である。 総選挙も終わりAKB48グループも新しいステージを迎えつつある。

AKB48第一期生の前田敦子、第二期生の大島優子。二名の強烈なライバル関係が注目の的となったAKB48第一ステージ。その後、国民的人気を誇って巨大グループにのしあがった第二ステージ。そしていよいよAKB48グループは第三ステージに突入したと私は思っている・ 

時期総監督、横山由依が100年続くグループにしたいとスピーチでしっかり述べたのが印象的だった。

女性アイドルグループはどうしても短命で終わってしまうし、少しの恋愛スキャンダルで今までの苦労が水の泡になることも多々ある。 

そのバランスこそがこれから大切になってくるのではないかと私は思う。普通の十代の少女が恋愛して何がいけないのだろうか? アイドルの変な定義というモノを勝ってに作り上げてはいけないと思う。 

AKBには恋愛禁止条例があるが、恋は沢山していいと秋元康も認めている通り恋愛は必要不可欠な要素ではないかと思う。 

好きな人がしっかりいるからこそ強烈なパワーを産み、それが力となって様々な効果をもたらし感動出来るのではないだろうか? 

美空ひばりの「川の流れのように」があそこまで人の気持を掴むのはひばりさんの人生が歌に込められているからである。 

アイドルグループだって誰かの為にしっかり心を込めてパフォーマンスして欲しい。
ただ歌が上手い、ルックスがいいレベルではこれまでのアイドルグループのように短命で終わってしまうと思う。

その希望を込めて、指原莉乃には本当に期待している。指原莉乃は時が来たらプロヂューサー業に専念し秋元康亡き後の48グループの総帥になっていただきたい。 

アイドルの概念を変えつつある指原莉乃ならきっと今より輝く48グループを築きあげてくれると思う。今回の総選挙はアイドル史の歴史的転換点ではないかと私は思う.

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

AKB48総選挙SP2015 前編

AKB4841thシングル選抜総選挙も終わり、当日はツイキャス等で自身も初の同時配信などさせていただき多くのリスナーさんにきていだきこの場を借りて感謝致します。 

今回の総選挙はとにかく個人的には見どころ満載で大変楽しかった。ファンの皆様には様々な意見があるとは思うが、今回は20世紀型アイドルと21世紀型アイドルの違いは?という視点で考察させていただきたい。 

20世紀型アイドルの最高峰は山口百恵や松田聖子に代表される、ルックスや歌唱力、個の力が抜群に高い、魅せるアイドルという視点がある。

21世紀型アイドルはとにかくこの情報社会の波をいかにつかみファンを獲得するかがポイントになる。ルックスや歌唱力が抜群かどうかよりもいかに自らを発信出来るかがポイントになる。 

特に今回顕著だったのが、1位を奪還した指原莉乃、13位の松村香織、23位の谷真理佳。
この3名の大躍進は正に21世紀型アイドルがいよいよ覇権を獲る時が来たんだと思った。 

ファンの皆様には大変申し訳ないが、この3名はけしてルックスや歌唱力が抜群ではない。
指原莉乃に関しては総選挙のスピーチでも述べていたくらい自分に自信がないと述べ今までのアイドル概念では判断出来ない。

13位の松村香織は正に21世紀型アイドルの象徴でもある。ルックスはアイドルギリギリライン。様々な問題発言や過去の言動などで、運営からはマークされずっと正規メンバーにもなれない。でも松村香織が手にした最強ツールは動画配信という最強ツールを手にし、毎日様々な動画を配信し着実にファンを獲得していく。

巨大グループとなった48グループのシングル選抜メンバーに入ることもはや並大抵のことではない。グループだけでも272人も立候補し、もはやルックスや歌唱力だけで通用する世界では到底ない。

自分をどこまで発信出来るか。そして何々ならぬ個性を持つことが出来るか。
21世紀型アイドルの勝負は正に今回の総選挙ではっきりした。本当の政治家のように選挙運動しないといけないということである。

そして大切なことは誰でもどこでもいつでもアイドルになれる可能性がある時代がきたということである。その事実をどこまで自覚出来るかが今後のアイドル戦略の肝となるであろう。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

AKB48 41thシングル選抜総選挙 〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜

今年もいよいよこの時期である。AKB48 41thシングル選抜総選挙 〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜である。年々規模も大きくなり、今年は何と福岡ヤフオク!ドームでの開催である。総選挙投票権がついたCDも147万枚も売り上げAKB48グループの底力が垣間見れたと思う。

AKB総選挙に関しては様々な意見があるが、私はエンターテインメントのイベントとしてはこの上ない楽しいイベントだと思う。

だが、総選挙に立候補する方は過酷を極める。一夜にしてランクインした人は一気に注目され1年間様々な恩恵がある。逆にランクイン出来なかった人は日の目を浴びず卒業していく者もいる。

残酷と現実をファンのお金というか愛というかパワーで決める正に新世代のイベントである。

ここであえての提言だが、CDを沢山買っての投票は私は反対である。AKB48グループは大好きだが、私は本当に好きな推しメンに1票投票する以外は複数投票はした事がない。

1人1票で競うべきだ。もちろん資本主義なので利潤追求が原則ではあるが、AKB総選挙も進化して新しい投票にするべきだ。

その方がよりリアルでエキサイティングな選挙が見れると思う。本当の選挙みたいに全国行脚してみたり、街頭演説したり、はたまたマニフェストを掲げ私が選抜に当選したらこのようなイベントや新しい取り組みをします!的な本当の選挙のような活動のほうがファンも楽しいのではないだろうか。

若者は本当に選挙に行かない。 AKB総選挙は好きな人はとことん好きである。
実際の国勢だって同じで興味を持ち必ず1人1人の政治的思想を明確にすべきだ。

AKB総選挙と国政選挙だってある意味では同じだと私は思う。

今年のAKB総選挙は新世代メンバーがいよいよ頭角を現してきて去年とはまた違った選挙になると思う。

大いに選挙当日まで盛り上がって欲しいと思う。 このブログの読者で同じファンの方がいたら盛大に楽しみ、そして全く興味のない人は少しくらい覗いてみてはいかがであろうか? 新しい発見があると思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

釣りバカ日誌の思い出

パッキャオvsメイウェザーの世紀の一戦が終わり、その流れでWOWOWの無料試聴を利用し様々な映画や番組を視聴する事が出来た。映画が好きな人にはWOWOWは本当にお得な番組プログラムであると思う。 

さて、その中で最も好きな外国映画のバックトゥザフューチャーと最も好きなドラマ24 -TWENTY FOURそして最も好きな日本映画の釣りバカ日誌シリーズを久々に視聴出来て楽しい無料試聴期間で大変満足している。 

釣りバカ日誌シリーズも本当に何度視聴したか分からない。何度見ても心が和むし、シリーズを通じての様々な日本の問題提起と美しい海辺の街の情景が本当に素晴らしいと思う。

会社か家族か。仕事か愛か。和むシリーズの中にも強烈なメッセージが詰まっていていつも考えされられる。

シリーズを通じての名優達も逝去された方が何人もいて、もう釣りバカ日誌シリーズが見られないのが本当に残念だ。

浜ちゃんと佐々木課長の絡みが毎回好きで仕方なかった。あのような社員は現実には中々いないとは思うが、佐々木課長と浜ちゃんのような関係が会社の理想であると思う。 

西田敏行氏の演技はいつも絶品だ。どんな役も見事にこなしてしまう。現在の日本の最高峰の俳優だと私は思う。西田敏行氏のような味があり、そして人間味溢れる俳優がもっと増えたら日本のエンターテイメントももっと世界に誇れる業界に発展出来るのではなかいか期待しながらこれからも視聴したいと思う。 

追伸
先日のブログでもかなりの反響があった、NHK 奇跡のレッスン テニス編が今日放送である。大変学びの多い番組なので今回も楽しみで仕方ない。
posted by イトウ ヒロ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

24 -TWENTY FOURの思い出

海外ドラマの金字塔 24 -TWENTY FOUR 皆様はご覧になった事はあるだろうか? 
私もやっと最新のシーズン9にあたる最新シーズンをやっと視聴している。 

今回のブログでは内容というより、24 -TWENTY FOUR全シーズンを視聴しての感想を記載したいと思う。 

この海外ドラマシリーズはとにかく長い。基本は全24話。だいたい一話48分くらいなので全話視聴するのはこの上なく根性がいる。がしかし、この24 -TWENTY FOURは次から次へと視聴したくなる。睡眠を削ってまでも視聴したくなる。今日は明日早いから一話だけと思いきや、あと一話あと一話と見境なく視聴してしまう。何度睡眠不足になりながら出勤した事か。この禁断症状を抑える事は24話を早く視聴するのみ。 

このリアルタイムフォーマットでドラマを視聴すると本当にリアル過ぎてドラマではなくこれはアメリカで本当に起きた事なんじゃないか?と現実と仮想の境界が少し分からなくなる。

24 -TWENTY FOURに慣れてしまうとどうしても他のドラマや特に11話くらいで終わってしまう日本のドラマが少し物足りなくなってしまう。後、恋愛系のドラマとかがどうしても退屈になってしまったのも事実だ。 

シーズン1の最期の衝撃がやっぱり全シーズンを通しての最大の衝撃だった。え!? あなたが犯人だったの!?と本当に衝撃だった。 

ジャック・バウアーの男気が全シーズンを通しての一貫した見せ場だ。
正に「正義」。究極過ぎる判断の連続だ。目的を果たす為なら悪にも染まるが最期は目的を果たす。ジャック・バウアーの究極の判断力こそ24 -TWENTY FOURの全てであり無類の面白さの根源だ。

今回で一応終了とのアナウンスがあるが、次回作もゆっくり待とうと思う。

視聴した事がない方は是非一度視聴したみる事をオススメする。ただし一度嵌ると睡眠不足ももれなく付いてくるがそちらも是非楽しんでいただきたい。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。