2015年04月27日

学校の未来

未来の世界を考察し、より良い日本を創造して行く事を考察するこのブログだが、今日は未来の学校について考察してみよう。

学生時代が好きか? と聞かれたら私は素直に行って今の方が好きだと断言出来る。 学生時代には決して戻りたくない。

学生の頃は楽しかったよなぁ。 あの頃に戻りたい。 という事を考えた試しがない。
学生時代がさぞつまらなかっのか? と聞かれたら素直にそうだと私は認める。

学生時代の気持ちは不安しかなかった。友達といる時も常に明日が不安だった。 遊んでいる時もこの拭えぬ不安に何時も気持ちが支配されていた。

だからと行って学業に専念出来た訳でもなく、振り返ると一体私は何の為に行動していたのか謎である。

確固たる志しも無く当てもなく彷徨っていたのだ。 目の前の現実に思考が追いついていなかった。 進学。就職。 上京。 様々な家庭問題。 ありきたりの人生かもしれないが、その時に感じていた事が今の強い志しを構築するきっかけとなった。

学生時代は決して好きではないが否定はしない。 あの日あの時の不安を忘れない用にあえて今もしている。

不安との戦いが1つの人生のテーマである。

既存の学校システムが正解か? と聞かれたら全て正解とは言えないだろうと思う。
やみくもな批判ではなく既存のシステムのいい所を取り入れながらより良いシステムを構築すべきだと思う。

学校に全く行かないというのも私は賛成だ。 学校で学ぶ事や体験する事でこの広く複雑な世界を図るモノサシにするのは私はいかがな物かと思う。

学校に行かない選択と行く選択を自由にすべきではないかと私は思う。


ラベル:学校 日本 創造
posted by イトウ ヒロ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

ウエアラブル元年

ウエアラブル端末がいよいよ本格的に普及体制に入った。 
2015年はウエアラブル元年と言われている。何といってもアップルウォッチの発売である。 

先日、NHKの番組でスポーツの世界でウエアラブル端末を導入して成果をあげているチームもあるそうだ。 今までは精神論、根性論でしか語れなかった世界が数値化して、後どれくらい頑張れば良いまたは、これ以上すると怪我する可能性があるから練習を中止など様々な使い方が出来る。 

テクノロジーの進歩に脱帽である。 ウエアラブル端末の真価は一人暮らしの老人とか田舎で暮らす親御さんなどで使用出来るのではないかと思う。 

端末で心拍数や歩数やカロリーなどクラウドで管理できれば、孤独死や突然の傷病なども回避出来る可能性が十分にあると思う。 

大震災が発生する前に一斉で避難指示を出したり、端末同士が距離を計算して事故を防ぐセンサーとして警告したり。 

可能性は無限である。 それにともなってプライバシー問題も様々な角度で議論は必要ではあるが。 

スマホ タブレット PC クラウドサービス ウエアラブル ロボット これらが緊密に連携して様々な角度で生活の一部として機能していく世の中はすぐ目の前だ。 

楽しみで仕方ないが、それらを簡単に使いこなせる教育とサービスも忘れてはいけないと思う。  
posted by イトウ ヒロ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ジャパンパワーに期待

テレビ朝日 アメトーク 広島カープ芸人 という番組が抜群に面白かった。 
広島カープ 黒田投手のヒストリーが感動的で大変勉強になった。 
前年の年収がとんでもない額なので、今年の年俸が4億らしいが、税金だけで9億ほどの納税になるらしい。 

正に男気という言葉にピッタリだ。 

プロ野球はじめ、地方のプロスポーツは経済効果並びに多大な効果がある。 
2013年の楽天日本一の時の、仙台市などの盛り上がりは今も鮮明に覚えている。 

田中投手が最後の9回に登板した時の あとひとつだけ の会場全体の大合唱は近年稀にみる大感動であった。 

スポーツの力に改めて脱帽である。 

私はスポーツに関しては基本的に地上波で放送する有名スポーツ等はだいたい視聴する。
オリンピック、ワールドカップ等がある年は楽しみで仕方ない。

ジャパンパワーの可能性を私は信じている。 もっともっとスポーツの重要性と可能性に
お国も予算をさいてほしい。 

サッカーなどは特に様々な政策でいい人材をどんどんヨーロッパに留学させてどんどんチャンスを掴むべきだ。  

サッカーワールドカップの敗戦、アジアカップの敗戦は危機的状況だと私は思う。 
ただの敗戦ではない。 世界戦略の根本から見直してまたチャレンジするしかない。 

ジャパンパワーの未来に期待である。  
posted by イトウ ヒロ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。