2019年01月26日

目を覚ませ野党!!

久しぶりに「ごーまんかましてよかですか?」の内容を記事にしたいと思う。 
題名の通り野党よ! いいかげん目を覚ませ! 

ここ数日の国民民主党と立憲民主党の間で様々な政治的駆け引きがまた勃発している。 

日本国民には1ミリも価値がない政治闘争を繰り広げていて呆れるばかりだ。 

やはり立憲民主党には期待など出来ない。旧社会党の生まれ変わりのような姿勢に呆れるばかりだ。  

2019年は政治的勝負の年に大同団結出来ない議員は議員を辞職した方が国民の為になるのではないか。 

大同団結して、とにかく自民党との一騎打ちを制さないと日本の民主主義は終わりを迎えると思う。 

2019年を制した政党が相当長いこと政権を担うことなるであろう。 

野党が揉めれば揉めるほど自民党が喜ぶだけなのにまだ野党同士で覇権争いをしているのは愚かとしかいいようがない。 

国民の味方の面をした国賊議員が立憲民主党には沢山いるのが今回本当に明らかになった。 

もう今年の選挙結果が予想出来てしまい私は大変に悲しい。 

政治的無関心が何故ここまで当たり前になっているのか段々分かってきた。

国民は呆れて興味がないし、興味も湧かないというのが現実であろう。  

そのような危険な現実に危機感を抱いて欲しくてこのブログを書いている。 

呆れてしまうが、政治的無関心は危機的状況になるので無関心だけは気をつけるべきだ。 

野党よ!政治に関心が向く議員活動をしてみよ! 国民の血税が貴方達の給料なのにこれでいいのだろうか? 

野党議員よ! とにかく目先の利益ではなく未来の利益の為に行動せよ!
posted by イトウ ヒロ at 19:53| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

2018年 FIFAワールドカップ 日本対ベルギー戦を終えて

 

皆様は、上記の映像をご覧になった事はあるでしょうか?私の記憶の中で鮮明に残っているドーハの悲劇と呼ばれている試合の一つ前の試合後の映像だ。日本は韓国に初めてワールドカップ予選で勝利し、誰もがアメリカに行ける!ワールドカップにいよいよ出場出来る!と高まっている中、ラモス瑠偉一人だけ激怒していた。 

まだ、何も成し遂げてない!! 喜ぶのは次の試合が終わった後だ! 

ベルギー戦を観戦していて、原口、乾両選手の歴史に残るゴールが決まり、私もこれでもかというくらい雄叫びを上げていた。だが直後に上記のラモス瑠偉の言葉が脳裏を横切った。

まだまだ、追いつくには十分時間はあるし、とにかくギリギリの攻防の中でベルギーが徐々に押しているのが分かっていた。

歴史の扉を開けるにはこのような試練を超えてこそ扉が開く。そんな強い気持ちとラモス瑠偉の言葉が脳内で何回も再生され、本当に緊張しながら観戦していた。 

結果は皆様が知っての通り。サッカーは最後の長いホイッスルが鳴るまで何が起こるか分からない。この試合で得た経験を次世代の選手が共有し新しい歴史を作り上げて欲しい。 

FIFAワールドカップは本当に面白いし、最も熱狂するスポーツイベントだ。今大会は特に連日熱狂している。サッカーがここまで盛り上がる事が何よりも重要だし、国内リーグやアジアの各国リーグがもっと盛り上がって欲しいと思う。 

サッカーという共通の思い出を共有しながら、次のワールドカップでまた熱狂したいと思う。 

日本代表の皆様!本当に感動をありがとう!

 





posted by イトウ ヒロ at 22:04| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

亡国のTPP協定と政治的無関心の恐怖

このブログでも、度々話題にしてきたTPP協定。いよいよ妥結に向けての最終合意の段階になった。

このTPPに関して皆様は何処まで掌握出来ているだろうか? 最終合意の段階に入ってやっと中身が分かるようになってきた。 

やはり、TPPは危険な協定であると私は断定したい。当初から賛成意見、反対意見のどちらも聞くスタンスで、限られた情報ソースではあるが、自分なりに勉強のつもりで様々な角度で調べてきた。

アメリカはTAA法案といい、今回もアメリカは自国の利益最優先の協定であるのが目に見えて最終合意の段階で露呈している。 

TPP協定は全くもって自由貿易ではなく、特定の業界と企業の為の協定だという事がはっきりした。

食の安全保障問題が根本的に揺らぎつつある。市場に出まわる食品が安くなるから関係ないという意見が最も危険で思考停止の意見である。 

農家の打撃は測りしれないし、農村部の格差もこれで益々広がるだろう。

安保法案や新国立場の問題より、TPP協定の方が私は最優先だと思ってきたが、安倍内閣は亡国のTPP協定と安保法制で戦争参加する口実を作り、歴史に汚点を残して退陣していくであろう。 

退陣しても与党は数で上回っているので次の内閣も、規定路線で進む事は目に見えているが、国民の皆様はここで今一度政治に目を向けるべきだ。 

政治的無関心は最も危険な事だ。無関心になればなるほど、一部の人間の利益と利権の為に物事は進むのである。 

分からない興味ないでは一部の政治家の思うツボである。選挙があったら有権者としてしっかり監視するくらいの気持ちが必要である。 

政治の議論も家庭で沢山すべきだ。ここでポイントとなる事は一部の意見だけ取り入れないようにする事だ。
必ず、賛成意見、反対意見の両方をしっかりと精査する。そのように言葉の裏に隠れている本質を見抜く訓練を家庭でしっかりとすべきだ。

日本国は我々が知らぬ間に今大きく動こうとしている。ブログに訪問の皆様は今一度政治的無関心が最も危険だと認識してもらうだけでも、このブログ記事が日本の未来の為になるのであるなら幸いである。

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

米下院、TAA法案を可決 TPP交渉が本格化へ

日本の将来を大きく左右する可能性がある、TPP交渉。交渉の中身が本当に不透明なので私はTPP反対派なのだが、昨今ニュースで「TAA」なる言葉を耳にした。 

この「TAA」アメリカ議会で可決した法案で、ざっくり言えばアメリカ国民が自由貿易で雇用を失った時の支援をしっかりするという法案である。 

アメリカという国はある意味恐ろしさを感じる。いい意味でも悪い意味でも。TAAなる制度が可決したら日本のTPP交渉はいよいよ窮地に立たされると思う。

オバマ大統領も任期期間最後になりふり構わずTPP妥結に向けて動き出すであろう。
安倍政権の流れを見ているともうアメリカの言う事には逆らえないのでTPPにいよいよ日本も加盟するであろう。

安保法制の歴史的転換といい、日本も70年ぶりに歴史の転換期に入ったと思う。

そうした国家間の枠組みがなくなり、どんどん自由競争社会が加速する社会をどう生き抜くか。勝負は情報をいち早く入手し、本質で見抜く癖をつける事だと思う。 

ある程度の日本の成功パターンというか、安心、安全のレールはいよいよ崩壊に向かったといっても過言ではない。学校で勉強し会社に入社して云々というレールはいよいよ崩壊したと思っている。 

格差が益々激化していくであろうし、大企業に富は集中し、中小企業は益々収益が悪化していくであろう。

散々暗い事ばかり述べているが、それでも私のテーマは
過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ である。何となくしか予想出来ない未来に怯えても仕方ない。今をどう生きるか。勝負はその事のみである。 

本日もブログに訪問いただき感謝致します。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

なでしこジャパン ベスト8進出

サッカー女子ワールドカップ カナダ大会。なでしこジャパンが見事ベスト8進出を決めた。今日の試合は、なでしこジャパンらしい素晴らしい試合だった。世界の強豪という地位での試合ぶりに同じ日本国民として本当に誇らしい。

澤穂希選手は男女通じての初の6大会連続出場という偉大な記録を今大会樹立した。
正にレジェンドだ。澤選手が今大会でも最後の最後にはキーマンになると私は思っている。

サッカーという競技は11人で行う競技ではあるが、ワールドカップの歴史を紐解くと必ず各国のスーパーエースが最後の最後では決めて優勝を手にする。前回大会も澤選手のコーナーからの技アリのシュートで追いついた。今大会は前評判こそあまり高くはないが決勝までは順当に行けば進出出来ると思う。 

それまでに澤選手の調子を上げていただき、最後の最後で玉座を決める決勝点を決めていただきたい。 

しかし、マスコミや世間の注目が低すぎる。世界王座のなでしこジャパンなのだからもっとパブリックビューイング等などして盛り上がって欲しい。熱しやすく冷めやすい日本の悪い癖だと思う。男子でベスト8など進出したらもうお祭り騒ぎだ。それと同じくらいの功績なのだからもっと盛り上げていこうではないか。 

スポーツのチカラは無限大である。今回のなでしこジャパンの活躍を見て未来のなでしこジャパンが私もワールドカップで優勝することが出来るという現実的なイメージを抱ことこそが何よりも大切だと思う。 


過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする