2018年07月13日

オウム事件とメディア

一連のオウム事件の検証の中で、決して忘れてはいけない事件を、今日はメディアが犯した重大な問題点という視点で紹介する。 

オウム事件の発端となった残忍極まりない事件があの、坂本堤弁護士一家殺害事件である。参照リンクを再度読んでいるだけでも胸が痛む残忍な事件だ。 

この事件の発端となったのが、TBSビデオ問題と言われている大手メディアが犯した大問題が根底にある。 

坂本弁護士が証言しているインタビュー内容を、放送が開始される前に教団幹部に開示してしまい、そのインタビュー内容を見て殺害に及んだ可能性があり、当時のTBS関係者が証人喚問までされた大問題だ。

とにかく、教団の布教に当時のマスコミはかなり貢献している。ゴールデンタイムの番組に麻原彰晃が出演したり、討論番組で上祐史浩が何度も出演し派手なディベートテクニックを駆使し注目を集めたり、危険な徴候がいくつもあった教団を持ち上げて視聴率を優先した番組がいくつもあった。

今回教団幹部が死刑になった事を全社報道していたが、その事実の裏にある、マスコミが犯した大問題の再検証こそが必要ではないだろうか? 

ジャーナリズム、言論空間、そして大手メディアはいとも簡単に当事者の人生を狂わせる力があるという危機感が、欠如している気がしてならない。

オウム事件は他人事ではない。今も残忍な事件が後を絶たないし、高度に発達したIT社会ではテロの脅威が日に日に増すばかりだ。

脅威を未然に防げるメディアや体制が一日も早く機能してもらいたいと思う。 


posted by イトウ ヒロ at 22:09| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

オウム事件と公安警察 2

前回の記事で言及した、警察庁長官狙撃事件だが、事件当時私も小学生だったので僅かな記憶しかない。 

この事件を認知したきっかけはある一つのTV番組からである。

警察庁長官狙撃事件★前代未聞の出来事!威信かけ捜査このリンクのような番組が近年数回放送された時に色々気になって調べていった。 

この番組の中身を丸々信じるつもりは毛頭ないが、事件から数年かかってこの中村泰という人物が別件逮捕をきっかけに事件に関わりがあると自供している。 

私はこの大手メディアを利用しての壮大な公安警察の情報戦ではないかと思っている。

先日、更に気になって苫米地英人博士有料番組を視聴してみた。博士の見解、当時の記憶や事件の裏側など公安警察との実際のやり取りに言及しているので気になる方は一度視聴してみる事をオススメする。 

この事件には一人の現役警察官が実際に関わっている。K巡査長だ。 

博士とも何度も面談し事件の真相解明に取り組んだはずなのに、ことごとく重要な証拠などが次々と消えていったらしい。結局は証拠不十分で不起訴である。ただ、オウム側との接触や操作情報漏洩などで懲戒解雇になっている。 

調べれば調べる程、謎が深まり何が真実で一体公安警察が守りたった物は何だったのだろう? 事件は時効を迎えているので真相は闇の中だ。

事件一つにも様々な視点や見解が多く含まれている。近年の日本ではスピンコントロールという強大な情報操作が行われる事が多々ある。この記事や事件をきっかけに日々接している情報を多様性のある視点で紐解く概念があるという事をまず知って欲しいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 22:07| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

オウム事件と公安警察 1

2018年7月6日、オウム事件の首謀者である教団教祖、幹部の死刑が執行された。このような日に偶然にも前回の記事の続きを書くとは思いもしなかった。

数々のオウム事件の中でも特に謎が多いとされている一つの事件を今回は紹介する。 

1995年に発生した警察庁長官狙撃事件という事件をご存知だろうか?参照リンクで事件を初めて知った方も当時事件をニュースで見た方も是非リンクを確認してみて欲しい。 

当時の國松孝次警察庁長官を白昼堂々狙撃するという世間に激震が走った事件の犯人は未だ不明のまま時効を迎えている。 

警察組織のトップを狙撃し、ましてや多くの目撃者や証拠なども残っていたのにもかかわらず、犯人は不明となっている。 

国家に対するテロ行為といっても過言ではない事件なのに犯人不明というだけでも様々な憶測が湧いてこないだろうか? 

その事件の中で重要な証言をした方がいる。認知脳科者でもありカーネギーメロン大学PhDでもある苫米地英人博士だ。

オウム信者の脱洗脳を警視庁公安部と共に実行したり、オウム事件解決に尽力された方だ。その博士の元に、実は長官狙撃事件を実行した警視庁公安部所属の警官が犯行を自供し博士の面談を受けている。

ここまでオープンになっているのに犯人は不明のままだ。この事件には日本の様々な事情と組織の正義について問いかけているように思えてならない。 

次回も事件の不透明な部分を紹介したいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 20:37| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

名探偵コナン ゼロの執行人

先日、名探偵コナン ゼロの執行人という映画視聴してきた。

日本映画史に残る名作といっても過言ではない素晴らしい内容で、視聴を勧めてくれた友人に感謝したい。

最新の時事やテクノロジー満載の内容で且つ、登場人物も非常に個性的で何度でも視聴したくなる映画に久しぶりにめぐり会えた。

そこで劇中でも大活躍していた、公安警察という組織は現実に存在しているのか?実際の活動はどのような活動なのか、映画を視聴し公安警察に興味を持った方に新たな視点をお届けしたいと思う。

公安警察は実際に存在しているとまず結論から述べたい。私の知る限りでは、公安警察の実際の活動は現実に見たことはないが、公安警察が監視対象にしている、政治団体や宗教団体の存在は確実に確認出来ている。 

つまりは、実際に存在している事は間違いない。フィクションの中にこそ実は真実が描かれている。この国を影から支える組織が本当に存在しているという視点を持つだけでも映画をまた違った角度から視聴出来るのではないだろうか? 

それでは、公安警察を入り口にして日本の様々な歴史の表に出てこない視点をシリーズでお届けしていきたいと思う。
 

posted by イトウ ヒロ at 22:09| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

2018年 FIFA ワールドカップ

2018年 FIFAワールドカップが連日の熱戦で本当に楽しい。6月28日の日本対ポーランド戦が賛否両論の議論となっている。


皆様はどのような感情が湧いてきたであろうか? 観戦当日の私は本当にリスクのある戦術だと思いながら観戦していた。先発メンバーも6人交代という大博打。ベスト16を見据えた主要選手の温存という意味もあったかもしれないが、西野監督が勝負を仕掛けてきた。  


Twitter上などでは逃げるは恥だが役に立つ戦法と比喩されている。西野監督といえば思い出されるのが1996年のアトランタオリンピックである。


マイアミの奇跡と言われた日本サッカー史上最大のジャイアント・キリングを達成し2勝1敗となったがグループリーグ敗退となっている。西野監督や日本チームの戦略を私は前向きに称賛したいと思う。 


前回大会は日本チームはもとより、アジアのチームが全てグループリーグ敗退し1勝も出来ないまま終了してしまった。その事を考慮しても、3度目の決勝トーナメント進出という結果が大切だと思う。逃げ恥戦法だったかもしれないが、何かを得る為には割り切る必要がある。 


決勝トーナメント進出という結果は現在の日本の実力からすると大善戦と言えると思う。賛否両論ではあるが様々な多様性のある意見があるのが普通であり、一概に非難だけでは如何なものか。


普段サッカーをあまり視聴しない人もワールドカップは観戦している。このように世間から認知され次世代の優秀な若者たちに夢を与えて欲しい。グループリーグ敗退だとどうしても記憶から消えていってしまうし、サッカー界隈が盛り上がらなくなってしまう。


未来を見据えて上でも西野監督の逃げ恥戦法がサッカーも未来を守ったと私は思いたい。





posted by イトウ ヒロ at 22:33| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。