2018年12月15日

スノーデンの警告 2

昨日の記事を書き終えた後、何気なきくYouTubeを検索していたらスノーデン氏が日本のシンポジウムにビデオ出演していた動画あったので紹介しておく。 

約1時間の動画の中での私が重要と思ったこを整理して皆様にお届けしたい。

まずは、政府はテクノロジーという力を持ったことにより変質したという事である。 

人権を尊重する政府も共産主義的な政府も、もはや力を手にした以上後には戻れないという。 

力とはインターネット上の全ての信号やデータを監視し、そのデータを分析出来る力だ。 

NSAが開発したエックスキーコアというプログラムがその全てのインターネット上のデータを分析出来る力があるという。

アメリカからその力をもらう代わりに日本では近年異常なな法整備が整っていった。 

日米安保、特定機密、共謀罪。全てはアメリカ政府の要望で実現した法案である。 

ほとんどの国民が望んでいない法案なのに強行採決した理由がやっと分かった。 

日本国政府も過去の政府とは違う政府だと認識する必要がある。小泉政権の時と自民党と安倍政権の自民党どは与えられた力の大きさが明らかに違うというわけだ。 

更に重要な点は、エックスキーコアテクノロジーに関してはNSA版と比べて劣るシステムをサードパーティーと言われる国々に供給しているようだ。 

アメリカではこの独特な考えが存在している。世界を大きく分けて、3つに分類している。 

まずは、自国。そしてセカンドパーティーは英語圏の国々だ。英国や豪州、ニュージーランド、カナダなどの英語圏の国だ

そして、サードパーティー。その他の国のことはサードパーティーに分類される。中国もロシアもそして日本さえへもサードパーティーなのだ。 

日米同盟はあるが、我が日本国はサードパーティー扱いなのである。アメリカ政府の対応ははっきりしている。日本国政府はどうだろうか? 

スノーデンの提言の中に密室や政府高官だけで決めた事が、もし市民やメディアにバレたらとんでもないことになるという抑止力こそが必要であると述べている。 

アメリカには自由人権団体などが存在していて常に政府の動向を監視している。 

日本でも同様に監視し、それを訴えていくメディアが必要である。菅官房長官から恫喝されたら尻込むようなメディアでは最後に国民が損をするのではないだろうか?  

官民一体のメディアコントロールを現在の自民党は大変上手く利用している。安倍政権は異様な政権だと思っていたが、手にした力が非常に厄介だ。  

2018年も終わりいよいよ日本のいく末が決まる2019年を迎える。 

2019年はとにかく政治的イベントが盛りだくさんだ。 

統一地方選、天皇生前譲位、参院選、もしかしたら憲法改正国民投票。そこに衆院選も混ぜてくるのではないかという憶測もある。北方領土問題も正念場だ。 

2019年は国民の力が試される一年だ。私も多くの気づきを提供出来るように全力で記事を書いたり活動をしていこうと思っている。   

明日の日本を作るのは、アメリカ政府でもなく日本政府でもない。皆様1人1人の力だ。 

参考動画リンク↓


posted by イトウ ヒロ at 10:02| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

スノーデンの警告

Amazon Prime videoにて映画「スノーデン」が配信開始している。prime会員の期間だったのでじっくり視聴した。劇中ではさらっとナレーションで語られているが、日本に対する重要な証言が多くあった。 

エドワード・スノーデン氏に関しては、もはや説明不要であろう。元CIA・NSA職員で世紀の告発をした人物だ。現在はロシアに亡命中である。

劇中ではあまり時間をさいて説明されていないが、スノーデン氏は日本の横田基地で勤務していた期間がある。その時期に特別なマルウェアプログラムを構築している。 

日本がアメリカを裏切り敵国となった瞬間に、日本中の電力がブラックアウトするサイバー攻撃用のプログラムが実装されているそうだ。

何とも恐ろしい話だ。もはや戦争というのはサイバー空間、宇宙空間の時代に突入している。

3・11の時、福島第一原発でも同様の不具合があったとの証言がある。政府は公に発表しないが、原発がメルトダウンした時も同様のマルウェアが邪魔して再起動が中々出来なかったという証言もある。

今回の赤文字リンクではIWJのインタビュー記事のリンクになっている。私の拙い文章よりそちらの記事を参照してもらえればスノーデン氏の警告の深刻度が理解出来ると思う。 

スノーデン氏の発言のは信念と力がある。全ての生活と愛する家族や恋人までと離れ離れになっても告発した氏の勇気と正義感・愛国心に敬意を表する。自分なら果たして国家を敵にしても信念を貫けるだろか? 映画を視聴してから自問自答してるが答えは中々出ない。 

映画 「スノーデン」オススメである。そこにあるのはフィクションを超えたノンフィクションだ。
posted by イトウ ヒロ at 20:01| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

カルロスゴーン報道の違和感

先月の事ではあるが、世間を驚愕させるニュースが飛び込んできた。 
日産最高経営責任者でもありルノー、三菱自動車の経営トップ、カルロスゴーン氏の逮捕だ。 

東京地検特捜部が、日産社内の協力者から内通があり司法取引を行なった上での逮捕ひ日本中に驚いた。

私も注視して連日の報道を視聴していたのだが、ある違和感を感じでいた。

ゴーン氏個人への悪意に満ちた報道の多さである。前提としてこの事件は明らかに個人だけで出来る違法行為ではない。 

日産の経営陣や最高幹部も関わっているのは明々白々だ。  

連日報道では、ゴーン氏やケリー氏の違法行為の報道はするが、日産社内にも問題があるという記事は本当に少ない。  

事件の詳細は一個人レベルで到底測れない内容だか、日本の報道は明らかに日産に忖度した報道になっている。 

自動車メーカーは、多額の広告費を大手メディアに払っているという事実はあるが、ここまであからさまな報道姿勢に寒気がする。 

そして、今回も東京地検特捜部の暗躍ともいうべき恐ろしい逮捕劇である。 

推定無罪の原則を完全に無視した、行政機関の恐ろしさを世間に知らしめた事件でもある。 

そして、大手メディアの忖度報道。一体日本という国は民主主義国家なのだろうか? 

今回の事件は、この記事だけで終わらせず個人的に時間をかけて複数回に分けて記事にしていこうと思っています。
posted by イトウ ヒロ at 17:29| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

キャッシュレス革命前夜

皆様は買い物の時どうのような決済手段を使用していますか? 
現在、日本でもやっとキャッシュレス決済の大きな波が来ようとしています。 

ニュースでも話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、ソフトバンクが導入した、 

paypay というサービスが日本も本格的なキャッシュレス決済の幕開けが来たと言えるかもしれません。 

期間限定ではありますが、キャッシュバック20%キャンペーンには度肝を抜かれました。 

大体のクレジットカードやデビットカードがキャッシュバック1%付近なのに一気に20倍のキャッシュバックです。 

現在ならpaypayに登録するだけで500円分もポイントがもらえ、対応する店舗で使用することが可能です。 

私もファミリーマートで早速使用してきました。Tポイントと合わせて21%のキャッシュバックになります。  

支払いは至ってスムーズです。paypayアプリを立ち上げバーコードを読み取ってもらうだけになります。 

私はありとあらゆる決済がキャッシュレスになればいいと思っています。 

日本ではSuicaやPASMOといった交通系のカードは多く普及していますが、お店などで買い物をしてQRコードで支払う人を未だに見たことがありません。 

ほんの少しの違いではありますが、そのような情報にいかにアンテナを立てまず自分で使用してみる感覚が大切だと思います。  

まずは、このブログを読んでpaypayの存在を知ったら使用してみる事をオススメします。 初回で使用して辞めても全然問題ありません。 
posted by イトウ ヒロ at 16:25| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

対面で話すことの素晴らしさ

人と話すと言うことは、とにかくその人のありとあらゆる本当の自分が出てきます。 
数年に渡り、本気で意見をぶつける戦友がいます。 今日もお互いの意見や感想、分析など多岐に渡る意見をぶつけ合いました。 

新しい発見もあり、とても反省する部分も多くありました。 

この反省という事こそが、人にはとにかく大切ではないかと思っています。 

自分では、見えない部分を的確に指摘してくれる我が戦友の眼力にはいつも脱帽しています。 

戦友も私も様々な戦いを現在も続行しています。家族の事や現実生活や仕事など戦いの連続の中でお互いが見えない部分をしっかりと指摘して補うこの関係にいつも感謝しています。 

ここ、数年でお互いの環境が刻々と変化する中でいよいよ勝負する時が近づいてきていると思います。 

当たり前の事を淡々とこなす。ブレずにこなす。 言葉では簡単ですが実行するには中々難しい。 

でも、淡々とこなしていくことこそ最も必要な事だと今日改めて再認識しました。 それに気づけただけでも大きな収穫です。 

今日も本当に様々な議論をしていただいた戦友に感謝しています。 

また、1週間新しい戦いの日々に出かけていきましょう。 戦う事からまずは逃げないでいる。その姿勢こそが大切だと思います。 
posted by イトウ ヒロ at 23:05| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。