2018年12月28日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 1

今回の記事は年末スペシャルとして暖かく見守っていただきたい。 
小林よしより氏のように「ごーまんかましてよかですか?」 的な内容なので気分を害される人は読み飛ばしていただきたい。 





個人的に年末年始、ゴールデンウィーク、お盆と言われている大多数の国民皆で休む長期休暇が大嫌いだ。 

これほど非効率的なシステムはないと思う。医療機関から銀行、役所などの重要施設が休みになったり一度に大勢の人が押し掛け道路が渋滞したり、いつものスーパーなどが混雑したり不具しかないと思う。 

長期休暇は個人の自由で必要な時に習得すべきだ。色々な事情があるのも承知だが私は提言したい。 

毎度ニュースになる、新幹線、飛行機などの交通機関の混雑も安全保障上大変危険であると思う。あのような混在時にテロや震災にあったらひとたまりもないと思う。  

という私自身は年末年始ほとんど休んだことがないからその僻みであることは否めない。 

でも、非効率なことは誰かが言っていかないと改善しない。年末年始はまだしもゴールデンウィークなど完全に不要だと思っている。 

年末年始の無駄なテレビの特番も好きではない。年末年始になると一気に国民の意識が無駄に忙しくなって思考停止してしまうと思う。 

年末年始こそじっくりと腰を据えて政治的討論や社会問題について目を向け家族一同で議論すべきだ。 

このブログで伝えたいことは一貫している。 

「政治的無関心こそが明日の日本をダメにする」である。 

年末年始、皆様が大変忙しくなっているときに昨日も言及したあの政党とバックの団体は会館に集まり皆で血気盛んに盛り上がっている。普段行かない人も年末年始は参加して一同に約束事を確認したりしている。 

無党派層の我々も負けてはいらない。あの団体だけは日本のガンなので絶対に放っておいてはいけないのだ。 

話が逸れてしまったが、まずは自分が出来る事をシンプルに考察し今を一生懸命に生きていく。限られた時間ということを意識する。 

限られた時間の有効活用という意味でも長期休暇は反対の立場をとらせてもらう。  


posted by イトウ ヒロ at 15:14| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

減点主義か加点主義か

転職・就職で必ず通らないと行けない道に自己分析や自己アピールという項目がある。 
前回の記事でも書いたが、船を見つけるために必要な要素の1つでもある。行き先を決めた後に自分を分析する作業に入る。 

ここでポイントとなるのは、絶対に自分を他人との比較を元にした減点主義で自分を判断しないことだ。 

他人との比較から来る減点主義に陥ると非常に厄介である。 

十人十色、適材適所という言葉が示す通り1人1人には必ず光るものがある。光るものがない人は決していない。 

転職・就職活動をするとどうしても他人と比較されたり面接官やエントリーの段階で自分の納得のいかない結果になると、自分の評価を下げて見てしてしまうが、そこは活動に参加しているほとんどの人が落ち込んだり不安になる経験していると自分に言い聞かせるしかない。

仮に縁のない船の乗組員に、何を言われてもその時は感情的になってしまうが一生会わないのできっぱり忘れてしまうのが良いと思う。 

縁のある乗組員の言葉や、いい乗組員がいて且つ自分が行きたい行き先の乗組員の言葉に耳を傾けるべきだ。 

いい乗組員というのは、話してるだけでも分かるものだし、きっと次に仲間になる乗組員を加点主義で判断してくれるであろう。

人のいうのは、どんなに地位が高かろうと財産があろうと減点主義で見ると必ず何かしら欠点が見つかる。 

逆に加点主義で見ていくと必ず光るものが見つかる。1つのテクニックとして覚えておくと気持ちが少し楽になるのではないだろうか? 

加点主義で自分を分析し、徹底して自己評価を下げないで常に自分を好きでいる。最後に人生の最大の味方になるのは自分である。自分をとことん好きになろう。好きになればなるほど自分の人生を守ってくれるはずだ。 
posted by イトウ ヒロ at 15:18| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

転職・就活について 1

皆様は就活や転職活動などにどれくらい時間をかけてやっただろうか? 
ここ何ヶ月就活や転職について友人と様々な議論をしている。昨日もふと気付いたら4時間くらい議論していた。 

議論していて私が思ったことは、就活も転職も船というか乗り物に乗るようなイメージを持って取り組むと前に進みやすいのではないだろうか。 

船は船長がいて行き先が決まっている。乗組員もいる。会社に就職して活動することも同じである。

まず最初にする事は、自分の到達したい行き先の船に乗るべきだ。何もめずらしいことではなく当たり前のことだ。 

自分もしかり、多くの社会人は船の行き先を理解しているだろうか?本当に自分が行きたい到達地だろうか?

大きい船だからといって沈まないとも限らないし、大きい船が万能かといえばそうではない。 

大きい船に乗っていてもすぐ脱出出来るように準備しておかないと、船とともに命運が尽きてしまう。 

自分が到達したい行き先をまずはしっかりと定めて船選びをしていく。転職・就活も同じようにイメージしていけば、自ずといい選択が出来るのではないだろうか? 

船に乗る前に自分の特技というか、武器があるならいい船出が出来るし、船内でも十分活躍出来るだろう。 

ますば行き先と、途中でしっかりと乗り換える選択を視野に入れながら船出していく。他のことに置き換えてみると意外とシンプルなことをしっかりやるのが1番大切なことだと思う。 

様々な情報が入ってくる昨今ではあるが、まずは自分の乗りたい船、行き先、武器、そして脱出準備とこころがけながら準備出来ることから始めてみてはどうだろうか?  
posted by イトウ ヒロ at 15:52| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

政権擁護の大手メディアの危険性

仕事の移動のたびに聞いているラジオから耳を疑うような発言が流れてきた。

あまりにも普通すぎて、中々分かりづらいかもしれないが、メディアとして非常に危険なのでここで皆様に共有しておく。 

テレビや新聞でお馴染みの読売新聞論説解説員 橋本五郎氏の発言だ。

ラジオで堂々と歴代官房長官の中で菅官房長官がNo. 1だと発言していたことに驚きを隠せない。仮にそうだとしてもジャーナリズム的に全く緊張関係がないのは如何かものだろうか。 

信頼しても信用するなという言葉がある。時の政府の実質影の王者官房長官を絶賛する姿勢に驚きを隠せない。 

官房機密費でもたっぷりいただいているのだろうか? 

政府は都合が悪くなったらとんでもない隠蔽をする。その時にはっきりと言及出来る体制が日本の大手メディアにはない。日本で1番大きいメディアの論説解説員がそのような姿では、若手のジャーナリストや記者は絶対に政府が嫌がる質問をしないと思う。 

大手メディアの報道には十分に注意して欲しい。特に日本テレビ系列、読売新聞系列は危険である。忖度記事では本当の有事に人命を救えない。
posted by イトウ ヒロ at 16:14| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

相談を受ける素晴らしさ

仕事中ラジオを聴いていたら、有名な占い師の方が素晴らしいことを言っていた。 
自分の悩みを、解決したいなら他人の相談を沢山受けるべきだと。 

自分の悩みを自分の中だけで解決しようとすればするほど逆に悩みが増したり、複雑になったりする可能性が高いそうだ。 

他人の相談に乗りながら、その人がどうやったら解決出来るのか真剣に考えているうちに思考が整理され、自然と自分の悩みも解決へと導いてくれる。

たしかに、考えれば考えるほど感情的になったり不安定になることがある。

相談を聞くと言うことは、実は大変有り難いことで、まわりまわって自分に返ってくる行為なんだと再認識出来た。 

逆に相談にのってもらえることもすごく貴重なことである。 日常の中に感謝する出来事は沢山ある。 

年末年始シーズンに入って業務的に忙しく中々余裕が無かったりするが、そんな時こそ今日
の言葉を思い出し、当たり前と思うことに感謝出来る自分でいたいと思う。 
posted by イトウ ヒロ at 17:47| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。