2019年01月13日

NGT48問題とアイドルの距離感

AKB48グループに所属し、新潟県を中心に活動しているNGT48のあるメンバーがネットで告発した内容が様々な議論を呼んでいる。  
ネットニュースでしか事件の詳細が中々上がってこないので、事実は分からないとしても、会いにいけるアイドルというグループ戦略を大幅に見直す時期に来たのではないだろうか? 

私自身もAKB48に物凄くのめり込んだ時期がある。秋葉原にあるAKB劇場も4回程当選して観劇したことがあるし、一時期は毎日メンバーのブログなども熱心に読んだりしていた。 

48グループをあまり知らない方の為に説明すると、グループ最大の特色は何と言っても「握手会」というイベントに尽きると言っても過言ではない。

握手会に参加する条件が握手券が付属しているCDを購入することだ。CD1枚に付き約5秒くらい対面でアイドルと話す事が出来る。 

10枚、20枚と枚数を重ねていけばその分長く話す事が出来る。もちろん一対一ではあるが周りに受付員やすぐ後ろには警備員もいる。飛び越え防止策や金属探知機などでボディーチェックも受ける。 

その場で何か騒動を起こすのはかなり困難ではあるが、対面でガッチリと握手する事が実は可能だ。恋人と同じ距離感の握手が可能である。 

私は握手会事態に参加したことはないが、あの距離感で握手を1日に何度もして自分のプライベートな話などもメンバーと出来たりする。 

素晴らしく対応のいいメンバーを「神対応」と呼ぶが、1人1人の顔をしっかり覚えて久しぶりだね!とさりげなく伝えたりしてくれる。正に擬似デートというか、勘違いしてもおかしくないくらいの対応をしてくれたりする。 

これまでのアイドルとは比べ物にならないくらいファンとメンバーの距離はとてつもなく近いのが現状だ。握手会を実際に現場で見たらこれほどまでに距離が近いことに驚くと思う。 

もちろん、アイドルには様々な戦略は必要ではあろうが、今回の事件はあまりにも悪質だ。 

48グループは数年前に握手会の時に襲撃された事件もあったし、このような悪質な事件は今後も起こるべくして起こるのではないだろうか。 

これほどまでに距離感を縮めたからにはこの距離感を修正していくのは難しいかもしれないが、私はそろそろ修正する時期に来たのではないかと思う。 

全国握手会、個別握手会、劇場公演、ツアー公演、ネットでの発信。大きく上げてもこんなにも会う機会がある。その中で握手会での距離感を見直すこと可能ではないかと思う。 

握手会は実際に握手するのは一旦終わりにしてスクリーンというか大型LEDディスプレイ越しに遠隔でお話するというスタイルでもいいと思う。その方があくまでもアイドルなんだということが現実的に分かっていいのではないだろうか?  

この現実的にこのメンバーはアイドルでありあくまでこれは虚像なんだと理解するのが非常に大切だと思う。握手会の距離感だと明らかに自分はもうメンバーと特別な関係だと勘違いする輩も発生するのは必然ではないかと思う。 

NGTのメンバーが自身の動画配信サイトで告発しないと行けないという状況がそもそもおかしい。運営サイドが全く事態を掌握してない証拠だし、明らかにメンバーに対するセキュリティが脆弱過ぎる。 

上記の点を考慮しても私は一旦距離感を見直しながら、とにかく安全第一の対策が構築出来るまでは距離感が近すぎるイベントは見直すべきだと提言したい。

アイドル産業には私は多くの可能性があると思うし、私自身すごく落ち込んだ時期に救われた経験もあるので、これからも発展してもらいまいが、だからこそメンバーの安全は何よりも優先してもらいたいと思う。安心して活躍出来る環境をまずは再構築すべきだ。
posted by イトウ ヒロ at 20:28| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

健康と時間

新年が明けて早々約10年ぶりにインフルエンザにかかってしまった。 
毎年ワクチン接種をしていたが、今シーズンは何かと環境の変化があり病院から遠のいてしまいワクチン接種が疎かになっていた。 

とにかく、インフルエンザは発病した瞬間から何時もの風邪とは明らかに違う。 

私の場合は腰に違和感が増し、喉、咳、お腹の順番で不調になっていった。そして熱も38.9度まで上がった。 

異変に気付いてすぐさま病院に行けたのがまだ救いだった。病院も午後からの受付で人も少なく素早く対応していただいて本当に幸運だった。 隔離部屋に案内され治療から会計まで丁寧にしていただいた。 

最近のインフルエンザ治療薬はタミフルなどの錠剤ではなく吸引するイナビルという薬を使用した。 

複数回に分けて吸引するのだが、飲み薬より楽だし効果が次の日にすぐ出て安堵した。 

普段そこまで風邪などを引かず比較的健康に過ごしていると健康のありがたみに気がつかないが健康こそが本当の財産であるとつくづく認識させられる。 

最も大切な時間も健康があってこその有効利用だし、健康が損なわれると生活リズムから全てのリズムが狂ってしまう。 

10年ぶりではあるが、改めて健康の大切さを思い出すことが出来て良かったし、やはり毎年のワクチン接種は必ず実行しないといけないと思った。 

このブログを読んでる皆様の中でワクチン接種が少し億劫だと思ってる方がいらしたら、インフルエンザにかかる方がよっぽど億劫だと思ってワクチン接種していただけたらと思う。 

幸せな毎日の根本は健康。健康があってこその時間の有効活用。2019年の初めから初心を思い出す教訓に感謝し、素早く丁寧に対応していただいた医療機関の皆様の心から感謝し、1日も早く社会復帰出来るように休養したいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 19:33| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

田舎の現実

ニュースアプリでニュースチェックをしていると何とも言えない記事を見かけた。



田舎での恐怖体験という中身の記事であるが、このようなことは実際に遭遇した話であろうが田舎の大部分がここまで酷いという事もない。 

記事の中で女性が見た田舎はかなり酷い部類で割と少ない田舎の実態ではないかと思う。 

私も田舎育ちだか、そこまで人間関係や集落の行事が忙しい地域ではなかった。だか、女性の言うことも分かる気がする。 

都会の現状を知っている分逆にギャップに苦しめられる可能性はある。とにかく横の繋がりが密になるのが田舎の特色なのだ。 

隣に住んでいる人とは挨拶程度の都会とは雲泥の差がある。住民の家族構成からその家族の噂話が絶えず耳に入ってきたりする。 

変な話だか、静かに暮らしたい人は都会の郊外などが逆におススメである。 

この記事で指摘していることは、古い風習からのアップデートをするかしないかの違いではないかと思う。

風習や集落の決まりごとも大切ではあるが時代が変わるとともにアップデートしていけるようなコミニティーになっていかないと先行かない。  

日本でもやっと多様性という言葉が浸透してきたが田舎ほど多様性とは程遠いかもしれない。 

都会と田舎には沢山のメリットデメリットがあるがその両方を見極めながら暮らしていくのが新しい暮らしではないかと思う。
posted by イトウ ヒロ at 12:54| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 3

皆様、新年明けましておめでとうごさいます。昨年は多くの方にブログを訪問いただき誠に感謝致します。 
年末年始はスペシャル版としてごーまんかましましたが、いかがだったでしょうか? 

2019年、最初のごーまんは「2019年は今後の日本を左右する1年」だと提言させていただく。 

何度もブログで取り上げているが、今年は選挙の1年だ。そして改元も控えている。消費税も上がるかもしれない。 

2018年とは違った様々な変化が訪れる1年である。向こう何十年の行方を左右する1年といっても過言ではない。 

統一地方選、天皇生前譲位、参議院選、消費税増税と少し並べただけでも目白押しだ。 

スポーツイベントでもラグビーワールドカップそしていよいよ2020年オリンピックイヤーに向かう1年となる。  

もしかしたら参議院選に合わせて衆院選もあるかもしれないし、憲法改正国民投票もあるもしれない。 

安倍総理とプーチン大統領の間で話が進みつつある、北方領土問題も動きがあるかもしれない。 

消費税導入の前月までは駆け込み需要でそれなりに景気は良くなるが導入後一気に経済が停滞してしまうかもしれない。 

大まかな動きだけでも沢山ある。地方自治体の動きも合わせると沢山選択する機会が増えることになるだろう。 

選択する機会が増える事に労力を使うかもしれないが決して諦めず億劫にならずに選択肢からしっかりと自らの民意を選択して欲しい。 

民意を表す権利は国民最大の権利だ。今年は何度もその権利を使う機会がある。 

決して思考停止せず、どうせ変わらないなどと諦めの姿勢は権力者の思ううがままだ。  

私はここまで重要行事が目白押しの2019年が楽しみで仕方ない。このブログでも重要行事の行方や考察を逐一記事にして行きたいと思う。 

今年1年も皆様と一緒に成長した行きたいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 11:51| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

年末年始スペシャル ごーまんかましてよかですか? 2

スペシャル記事第2弾。本日も「ごーまんかましてよかですか?」記事になるのでお気に召さない方は読み飛ばしていただければと思う。 

本日の提言は、貴乃花関連やスポーツパワハラ問題ニュースの時間を大幅に削れ! 

と提言したい。今年話題になった多くの問題がトップニュースでやるニュースではない。パワハラやモラハラなどの問題を軽視しているわけではなく優先順位として本当にそこまで必要なニュースだろうか? 

多くの時間を割いた貴乃花問題。このニュースが最も必要ない。私は平成の大横綱と言われた貴乃花が大好きだった。だからこそ一連のニュースは残念だったが、ワイドショーの格好のネタになってしまったのが残念だ。 

日大悪質タックル問題、レスリング協会、体操協会、ボクシング協会あらゆる協会の問題が浮かび上がったが、果たしてそこまで騒いで協会の体質は変化したのだろうか? 

そもそも日本の部活動の指導の全てに問題がある。明らかに指導というより檄を飛ばして叱るという指導がまだまだある。 

日本のスポーツ教育が根本的に間違っているという指摘がほぼない。 
 
記事にもしたが、あの猛暑の中でやる高校野球甲子園大会が全ての間違いだ。投手には球数制限を設けるべきだし、大阪ドームを使用したりするべきだ。  

教育の一貫でもある部活動では何年も同じ部活動部にしか所属出来ないが、本当は複数の部活に所属して様々な競技を体験すべきだ。 

その中で優秀な選手には、オリンピックやプロ競技を目指す育成プログラムをもっと国費をかけて充実すべきだ。 

私はスポーツをプレーするのは得意ではないが観戦したりするのが大好きだ。格闘技、モータースポーツ、オリンピック、サッカーワールドカップと年間を通じて様々な競技を観戦させていただいている。 

その大好きなスポーツの裏の顔が沢山見えた2018年を1つの契機としてスポーツ界が本当に変化して欲しいと思う。 

まずは、選手個人を1人の人間として扱うべきだ。指導者の権限が非常に大きくなりすぎて危険である。指導者と選手はパートナーという認識のもと、お互いがリスペクトして活動すべきだ。 

日本のスポーツ界や部活動を見ていると嫌々仕方なくプレーしている人が目立つ。好きで仕方ないからその競技にのめり込めるような指導に変化していかないと、これからどんどん少子化が進む日本では優秀なプレイヤーが育たないと思う。

スポーツは人を感動させたり日々の活力になるような素晴らしい力がある。私はもっとあらゆるスポーツが盛り上がって欲しい。そして優秀な選手の活躍を心から期待している。 
posted by イトウ ヒロ at 11:21| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする