2015年08月23日

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉 自信とは自分との競争から逃げない勇気 1

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉・テニス編、ダビッド・サンズ・リバスさんの言葉をまとめていきたいと思います。この奇跡のレッスンシリーズは学びを超えて感動を与えてくれる素晴らしい番組です。

・テニスは常に1人で行うスポーツである。コートに立てば全ての決断を自らが下さなければいけない。その決断を行う為には自信を付けなくてはならない。  

自分の強みは何なのか、それを見つけて磨いていく。他人と比較せず、他人と競わず、まずは自分自身と競争しいく。 

子どもは元々自主性や責任感というのが欠けている。何かを成し遂げたいなら、「鉄の魂」を持たないといけない。 

テニスという競技には忍耐力が求められる。だからこそ成功の近道というのはない。一日一日の積み重ねがとても大切である。 

どんな状況になっても心と体をコントロールする必要がある。その力こそが、自信へと変わっていく。テニスの試合はとても長い。大事な場面で実力を出す為には要所、要所で休む事も必要になってくる。 

しっかりと体を休ませ気分を変える。日頃から緩急を意識することが、本番での集中力に活きてくる。 

遊び心溢れる練習を沢山取り入れているのもその為だ。きつい練習も楽しくやればけっして辛くない。遊びに夢中になる集中力が様々な場面で活きてくる。 

同じ事を長時間繰り返すよりも、練習に変化を与えた方が、効果は上がるものだ。楽しいというスイッチを押して上げれば、どんな事でも前向きに取り組む事が出来る。 

・楽しんだ者が結果を生む
いつも心と体をしっかりリラックスさせ、楽しむ気持ちが結果を生み、それがまた自信へと繋がっていく。 

ミゲル・ロドリゴさんに続いて、このダビッドさんの言葉にも様々な学びがあった。 
テニスの試合はあまり視聴した事はないが、とにかく忍耐とメンタルが大変重要なスポーツだ。長時間に渡る試合では、一球で流れが変化し、本当に過酷なスポーツだ。 

そのテニスを様々な理論からアプローチし、子どもに楽しんで集中させていく練習は見ていて圧巻だった。 

練習の合間にしっかりと休憩を取り、結果練習の質がどんどん向上していくのが見ていて分かった。 

キーポイントは笑顔である。子ども達の指導はとにかく笑顔溢れる練習が一番だ。受け身の練習ではなく、楽しむ練習にこそ結果がついてくる。 

ダビッドさんの練習内容と飛躍の言葉を様々な場面で活かして行きたいと思う素晴らしい番組であった。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉 出る杭を押し上げ みんな出る杭に 2

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉を今回もまとめていきたいと思います。この奇跡のレッスンシリーズは学びを超えて感動を与えてくれる素晴らしい番組です。

・チームで才能が頭1つ抜きん出ている選手には課題としてリミットをかける事も才能のある選手には大切な事だ。 

才能がありすぎる故に、他の選手の練習が上手く機能しないからだ。その上で才能のある選手も新しい挑戦とチームプレーを学ぶ事が出来る。 

ディフェンスで大切な事は、相手にプレッシャーをかける事だが、練習では才能のある選手に特に意識してプレッシャーをかける。そうする事でいつもの練習とは違った視点で練習が出来る。 

守備では利き足を理解してのポジショニングが大切だ。右足が得意な選手なら正面や左側に立つのではなく、常に右側に注意しながらポジショニングする事が大切だ。 

このようにいつもとは違った視点で練習に取り組みと全体のレベルが一気に向上する。才能ある選手はいつもよりいいプレーするようになり、今までついていけていなかった選手もコツを掴みいいプレーをしていくのだ。 

いつもより高いハードルが、仲間と切磋琢磨する事で、才能が一気に開花するのだ。

・力あるものには高いハードルを
子ども達には、仲間を必要として欲しい。頂点にたどりつくには仲間は必要だからだ。だからこそ才能の一部は仲間の為に使って欲しい。列車の先頭が後ろを引っ張っていくような感じで。

才能ある選手がお互いに切磋琢磨していく事で力を最大限に発揮しその結果試合で勝利する事が出来るからだ。 

・1人の成果はチームの成果につながる。その事をみんなが理解できればチームは1つになる事が出来る。

・才能を仲間のために使えばみんなが「出る杭」になる

・仲間への信頼のパスは自分に返ってくる 

今回も素晴らしい言葉の意味をさらにミゲルさんの解説とともに色々学ぶ事が出来て本当に良質な番組であった。 

この奇跡のレッスンシリーズを見ていると自然と涙が出てきてしまうのだ。最強コーチの言葉に反応して子ども達の成長とその自然に出る笑顔に感動してしまう。 

このように子どもたちに笑顔が増えていく為にも、大人たちの責任は大きい。このブログをきっかに奇跡のレッスンをする大人たちが増えてくれたらこれ以上に嬉しい事はない。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉 出る杭を押し上げ みんな出る杭に 1

奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉を今回もまとめていきたいと思います。この奇跡のレッスンシリーズは学びを超えて感動を与えてくれる素晴らしい番組です。 

今回も日本フットサル代表監督、ミゲル・ロドリゴさんの言葉をまとめていきます。 

・個性と協調性
日本での有名なことわざに「出る杭は打たれる」ということわざがあるが、私は全く逆だと思っている。 

「出る杭」は下から押し上げて、才能を全て引き出すんだ。チームで特出した才能の選手がいたらその選手の才能を全て引き出す。周りの選手と同じレベルにする必要はない。 

子どもは性格も能力もみんな違うから、みんな違う接し方を必要としている。誰一人同じように扱うことはできない。 

1人が頭角を現したら、その選手のレベルは落とさずに、みんながその選手についていくようにしたい。 

だが、その才能を自分1人の為に使うのではなく、仲間の為に使うという気持ちをしっかりわかってもらう必要もある。

他の選手の為にベストなパスを模索したり、他の選手にゴールさせたりするようなチームプレーの心が芽生えるような指導をしていく。 

でも、そのような高度な指導は子どもの自然に反することでもある。子どもは生まれながらに強いエゴを持っているからその事も踏まえた上での指導をしていく。 

・エゴを超えチームを思えるリーダーに ・ゴールは1人のものではない

いつも頭を使ってプレーする事がとても重要だ。カメレオンのようにいつも周りをみて欲しい。トッププレーヤーは常に周りを見ている。 

トップ下のポジションは特に大事な視点である。カメレオンの目でいつも仲間がどこにいるかみていないといけない。 


日本の社会の構図はどうしても目立たない・波風をたてないという空気があるが、ミゲルさんの指導は本当に素晴らしいと思う。 

このように子ども時代のスポーツ教育では、有能な指導者も多くないので、怒る事をしてしまうが私は大きな間違いだと思っている。 

個性を大切にして、そして協調性も学んでいく。スポーツから学ぶ本当に大切な事だと思う。NHK BSスペシャル等で再放送もしているので是非本編とこの言葉にフォーカスした回も是非視聴願いたい。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

NHK 奇跡のレッスン 最強コーチが導く 飛躍の言葉 褒めるはバランスとタイミングの芸術 2

NHK 奇跡のレッスン〜世界最強コーチと子ども達〜世界最強コーチ、サッカー編・ミゲル・ロドリゴさんの飛躍の言葉後編になります。 

・どこまで褒める?
ルールと規律を持って接する。バランスと褒めるタイミングが大切。褒めすぎても効果はあまりない。

褒められる事が当たり前になると、天狗になりがちなので注意が必要だ。天狗になり、性格に変化が現れ、目標を達成したら褒める事を止める。

・褒めるはとはバランスとタイミングの芸術である。 
褒めるタイミングで大切なのは、全ての子どもに目を配る事が大切。勇気ある決断をしたらしっかり褒める。褒めるから、また勇気ある決断をしようとする。 

試合は決して監督がする訳ではない。選手が主導となってするものだ。だからこそ、決断が大切なのだ。主役は選手であり、選手こそがスターだ。 

・褒める事は次の段階へと進む為である。褒める段階を経過したら、失敗の責任を受け止める事も大切である。 

・判断の自由+失敗の責任
幼い頃は自信をつけさせる為に、とにかく褒める事を優先する。11歳や12歳の段階では、間違った判断をした時の責任も問う。

・リスクを負うべき場所
褒めると責任。頭を沢山使い、判断力を磨く練習を続けて欲しい。自ら決断させる環境が成長をもたらすのだ。 

・光るところを見つけ出す ・言葉で体で褒め尽くす ・みんなが見ている前で褒める

・教えをはみ出し、決断した時こそ褒める 

ミゲル・ロドリゴさんの言葉は本当に勉強になります。日本のスポーツ教育はどうしても失敗したらいけない、負けたらいけないというマイナスな価値観が強いイメージがあった。 

事実、私の学生時代のコーチや顧問も怒る事が多かった。だから楽しくなかった。笑顔でスポーツをする事が大切だと思う。アマチュアスポーツの勝ち負けよりもスポーツを通じて学ぶ事の方が大切だと思う。 

笑顔の子ども達が沢山増えて欲しい。きっとこの日本を支える大きな力となるだろう。


過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

NHK 奇跡のレッスン 最強コーチが導く 飛躍の言葉 褒めるはバランスとタイミングの芸術 1

NHKで大好評だった奇跡のレッスン〜世界最強コーチと子ども達〜世界最強コーチが扱う言葉についての特集がありましたので、まとめていきたいと思います。 

・褒めるとは、バランスとタイミングの芸術である〜ミゲル・ロドリゴさんの言葉
ある選手は、シュートしたのに何でパスしないんだ!とコーチに怒られてしまった。そしたら、その選手は積極的なプレーが全く出来なくなってしまった。 

・間違いは、学ぶ為にあるもの
コーチや大人が大切な事は、待つこと。あれもダメ、これもダメと何でも子どもの視野を勝手に狭まる事はよくない。大人の責任は非常に大きい。 

・子どもの判断を尊重し、失敗を見つけても後から指摘すればいいのです。そうしないと子どもは決断する事を恐れるようになるでしょう。 

・リスクを恐れず決断させよ。子どもは自分で決めたい
子どもは良い行いに対して、褒められるのが大好き。子どもは自分で物事を決めたがる。子どもは自由でいたいものである。 

・光を見つけ出す
私のコーチングの基本は、選手のいい所を探す事に力をまず注ぐ。どの子どもにだって必ず光るものがある。それを必死で探して褒めていく。そうする事で、子どもは自分の決断に自信を持てるようになる。

・ではどうやって褒める? 
褒めるには、公式もないし段階もない。ただ、種類を分ける事は出来そうだ。

・1対1で褒める。誰も見ていない所で褒める。他には、みんなの前で1人を褒める。
特に意識しているのが、みんなの前で褒める事である。1人の主役を決める訳ではなく、誰かが褒められていると、無意識で次は自分だ!と奮起するものだ。 

・練習を止めて褒める
ミスを指摘する為に止めるのではなく、いいプレーをした事を褒める為に敢えて練習を止める。  

・みんなの前で時間を止めて
個人的にはスキンシップもすごく好きだ。言葉と体の両方でパワーをあげるんだ。声も大切だが、全身で伝える事。子どもは瞬時に反応を見抜くからだ。今、出来る褒め方を総動員する。


この、奇跡のレッスン、サッカー編のミゲル・ロドリゴさんの言葉は本当に感動的です。初めて視聴した時は飛躍した子ども達の笑顔をみて自然に涙が溢れました。

子どもの笑顔こそ、この国の原動力だと心から思います。奇跡のレッスンシリーズは学ぶ事はもちろんの事、素直に感動する番組ですので、是非視聴してみて下さい。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする