2019年06月22日

年金問題の本質

世間を賑わせている年金問題や老後資金2000万問題を考えていく上で素晴らしい記事があったので紹介したいと思う。   
言ってはいけない年金制度の真実↓ 

あの、タックスヘイブンや言ってはいけないシリーズでお馴染みの橘玲先生の記事である。 

橘先生の主張は驚くほど現実的で明快だ。 

定年という日本にしかない年齢差別をやめ、70代くらいまでは現役で労働市場から資本を獲得せよという提言である。  

65歳定年で退職金をもらいそして妻帯者と年金で暮らすというモデルケースはとうの昔に崩壊していると著作でも感情論ではなく論理的に説明してくれている。

日本型サラリーマンという職業体系自体かなり特殊であって世界の主流はフリーランスであり、歴史を紐解くとほとんどがフリーランスとして労働しながら生活をしていた。一つの会社で雇用され約40年その会社に尽くすようになったのは1970年代の話である。 

ここで、人生で最も大切なことは何か?という事をじっくりと考えることではないだろうか? 

私が大切だと思うのは

@ 健康 

A 時間 

B コミニティー 

の3つではないかと思う。 

健康と時間を効率的な使いながら有意義なコミニティーを形成し、そして人生のゴールへと向かっていく。 

その上で、日本が今まで実践してきた教育やサラリーマン必勝パターンは速やかに見直す必要がある。  

今回の年金問題や老後資金問題では感情論的な話が多く見受けられたが、今一度冷静になって人生で最も大切な事を見直してみてはどうだろうか? 
posted by イトウ ヒロ at 19:51| Comment(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。