2018年07月10日

オウム事件と公安警察 2

前回の記事で言及した、警察庁長官狙撃事件だが、事件当時私も小学生だったので僅かな記憶しかない。 

この事件を認知したきっかけはある一つのTV番組からである。

警察庁長官狙撃事件★前代未聞の出来事!威信かけ捜査このリンクのような番組が近年数回放送された時に色々気になって調べていった。 

この番組の中身を丸々信じるつもりは毛頭ないが、事件から数年かかってこの中村泰という人物が別件逮捕をきっかけに事件に関わりがあると自供している。 

私はこの大手メディアを利用しての壮大な公安警察の情報戦ではないかと思っている。

先日、更に気になって苫米地英人博士有料番組を視聴してみた。博士の見解、当時の記憶や事件の裏側など公安警察との実際のやり取りに言及しているので気になる方は一度視聴してみる事をオススメする。 

この事件には一人の現役警察官が実際に関わっている。K巡査長だ。 

博士とも何度も面談し事件の真相解明に取り組んだはずなのに、ことごとく重要な証拠などが次々と消えていったらしい。結局は証拠不十分で不起訴である。ただ、オウム側との接触や操作情報漏洩などで懲戒解雇になっている。 

調べれば調べる程、謎が深まり何が真実で一体公安警察が守りたった物は何だったのだろう? 事件は時効を迎えているので真相は闇の中だ。

事件一つにも様々な視点や見解が多く含まれている。近年の日本ではスピンコントロールという強大な情報操作が行われる事が多々ある。この記事や事件をきっかけに日々接している情報を多様性のある視点で紐解く概念があるという事をまず知って欲しいと思う。


posted by イトウ ヒロ at 22:07| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。