2018年07月04日

2018年 FIFAワールドカップ 日本対ベルギー戦を終えて

 

皆様は、上記の映像をご覧になった事はあるでしょうか?私の記憶の中で鮮明に残っているドーハの悲劇と呼ばれている試合の一つ前の試合後の映像だ。日本は韓国に初めてワールドカップ予選で勝利し、誰もがアメリカに行ける!ワールドカップにいよいよ出場出来る!と高まっている中、ラモス瑠偉一人だけ激怒していた。 

まだ、何も成し遂げてない!! 喜ぶのは次の試合が終わった後だ! 

ベルギー戦を観戦していて、原口、乾両選手の歴史に残るゴールが決まり、私もこれでもかというくらい雄叫びを上げていた。だが直後に上記のラモス瑠偉の言葉が脳裏を横切った。

まだまだ、追いつくには十分時間はあるし、とにかくギリギリの攻防の中でベルギーが徐々に押しているのが分かっていた。

歴史の扉を開けるにはこのような試練を超えてこそ扉が開く。そんな強い気持ちとラモス瑠偉の言葉が脳内で何回も再生され、本当に緊張しながら観戦していた。 

結果は皆様が知っての通り。サッカーは最後の長いホイッスルが鳴るまで何が起こるか分からない。この試合で得た経験を次世代の選手が共有し新しい歴史を作り上げて欲しい。 

FIFAワールドカップは本当に面白いし、最も熱狂するスポーツイベントだ。今大会は特に連日熱狂している。サッカーがここまで盛り上がる事が何よりも重要だし、国内リーグやアジアの各国リーグがもっと盛り上がって欲しいと思う。 

サッカーという共通の思い出を共有しながら、次のワールドカップでまた熱狂したいと思う。 

日本代表の皆様!本当に感動をありがとう!

 







posted by イトウ ヒロ at 22:04| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。