2018年07月02日

名探偵コナン ゼロの執行人

先日、名探偵コナン ゼロの執行人という映画視聴してきた。

日本映画史に残る名作といっても過言ではない素晴らしい内容で、視聴を勧めてくれた友人に感謝したい。

最新の時事やテクノロジー満載の内容で且つ、登場人物も非常に個性的で何度でも視聴したくなる映画に久しぶりにめぐり会えた。

そこで劇中でも大活躍していた、公安警察という組織は現実に存在しているのか?実際の活動はどのような活動なのか、映画を視聴し公安警察に興味を持った方に新たな視点をお届けしたいと思う。

公安警察は実際に存在しているとまず結論から述べたい。私の知る限りでは、公安警察の実際の活動は現実に見たことはないが、公安警察が監視対象にしている、政治団体や宗教団体の存在は確実に確認出来ている。 

つまりは、実際に存在している事は間違いない。フィクションの中にこそ実は真実が描かれている。この国を影から支える組織が本当に存在しているという視点を持つだけでも映画をまた違った角度から視聴出来るのではないだろうか? 

それでは、公安警察を入り口にして日本の様々な歴史の表に出てこない視点をシリーズでお届けしていきたいと思う。
 



posted by イトウ ヒロ at 22:09| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。