2015年08月19日

NHK 心と脳の白熱教室 第4回  「あなたの性格は変えられるか」 3

NHK 心と脳の白熱教室。オックスフォード大学、エレーヌ・フォックス教授とケヴィン・ダットン博士の興味深い講義の最終回を記載していきます。 

・脳も訓練で変化する
体のトレーニングでも、ジムで1回しだけでは変化はない。でも一年間訓練したらどうか。脳も同じである。 

精神的な訓練も同じで長期的に訓練していけば変わるという事である。脳には海馬という領域があるが、ロンドンタクシーなどの大変難しい試験を挑戦する為にドライバーは一年かけて空間能力の訓練をする。 

そうする事で脳はより進歩していくのである。タクシードライバーの海馬は訓練に比例して大きくなっていく事がわかった。 

脳の海馬はメンタルトレーニングをする事で多く変わっていくという事実である。脳はとても柔軟なのである。だからこそトレーニングが必要なのだ。 

楽観脳と悲観脳をシフトさせる訓練を日常の中でしていく事が大切である。だが、楽観的でいる事が義務のように捉える必要はないと思う。 

その時、自分の心がどこに位置しているかで変わってくるからだ。人それぞれのパターンや認知バイアスを理解していく事が大切だ。 

楽観主義は健康の面では大変良いという事が研究でわかっている。ポジティブな考えだけではなくポジティブな行動も関係がある。 

・マインドフルネスの効果
自分の体と呼吸に意識を集中させる事が大切だ。10分間だけ全ての電子機器と離れて落ち着いて何もしないなど少しの変化を生活の中に取り入れてみるのも効果がある。 

この訓練を何ヶ月かした後に脳を調べると脳内制御している部分がより強化される事がわかった。

このように性格というものは変える事は出来る。だが、変化するまである程度の時間は必要だ。だから、毎日の生活の中で少しずつ訓練していく事が大切である。 

楽観主義と悲観主義。楽観脳と悲観脳。この両者は生活の中で別れていると認識されているが、楽観と悲観は生活の中で入り混じっているのである。 

自分を決定する3つの構成要素、遺伝子と環境、そして認識バイアスに代表される周りの状況をどう変化させていくか、どう捉えていくか。 

変化する事は容易ではないが、私達の脳は必ずそのリクエストに答えてくれる。その事を理解してよりよい方向に進むように意識して行動していこう。 


脳がリクエストに答えてくれるというフレーズが重要であると思った。ブログのアクセスも過去最高を記録した、「心と脳の白熱教室」。少しの訓練と物事の捉え方を変化させる事は本当に大切だ。 

大まかに大切な部分だけをまとめているので、このブログがより良い方向に進むきっかになるのであれば幸いである。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


【関連する記事】
posted by イトウ ヒロ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。