2015年08月09日

NHK 心と脳の白熱教室 第3回 「あなたの中のサイコパス」 1

NHK 心と脳の白熱教室。オックスフォード大学、エレーヌ・フォックス教授とケヴィン・ダットン博士の興味深い講義を記載していきます。 

・あなたの中のサイコパス
サイコパスと聞くとまずは異常犯罪者の事を思い浮かべるが、実はそれだけがサイコパスではない。サイコパス=犯罪者ではないのだ。 

映画の中のようにサイコパスの人が異常で無慈悲な訳ではない。実は超天才的な能力を発揮出来る可能性があるのだ。暴力とサイコパスは異なる神経上にあるので決してイコールではないのだ。

あの有名なジェームス・ボンドは実は高い知性を持ったサイコパスなのだ。逆に非暴力だが、悪の道に逸れたのが「羊たちの沈黙」で有名なハンニバル・レクターである。現実社会にはサイコパスの人が沢山いて、多くのサイコパスは刑務所に入ってはいない。 

ある職業で成功する為の定義はさほど難しくない。それぞれの職業にあった心理的起爆剤があるのだ。サイコパスの特徴こそが成功の要因となる事がある。

ある実験では刑務所の中にいるサイコパス的犯罪者より、企業の重役に就いている人の方が、サイコパス的要素が非常に高かったという結果がある。 

・職業的サイコパス度
イギリスの調査で、最もサイコパス度が高い職業とは? 実は、企業の最高経営責任者である。2位は弁護士。その他には、警察や外科医、聖職者も入っている。 

サイコパス度が最も低いのは、介護士である。2位は看護師。他にはアーティストや内科医などが入っている。 

・著名人のサイコパス度
マーガレット・サッチャーはサイコパス的とよく言われているが、実はそこまでサイコパス度が高くない。冷淡なイメージがあるが、舞台裏では実は温かみがある人だったとの証言もある。難しい場面では、その温かさを抑えて、様々な決断を実行していたのである。 

サイコパス度が最も高い人物とは? 2位がアドルフ・ヒトラーで、1位はヘンリー8世である。サイコパス度が高いと緊張も特にせず、無慈悲な行為を平気でしてしまうなどこの2人の人物には当てはまる内容である。 


この講義を視聴するまで、私もサイコパスと危険で異常犯罪者だけの特性と思っていたが、様々な天才的要素もあると分かって大変勉強になった。職業的特性にサイコパスの要素もあると知れただけで有意義な講義であった。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


【関連する記事】
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。