2015年08月08日

ソフトバンク 孫正義 Spirit社の今後について

本日は、2015年8月6日に行われたソフトバンクグループ決算説明会の「Spirit事業」についての部分をまとめていきます。 

・14年前、2001年に決死の思いで通信事業に参入し、日本最大の会社、「NTT」に挑戦した。その前年にネットバブルが崩壊し株価が99%下落した一番厳しい時期であった。 

やっとの思いで数年かけて黒字化させ、その勢いで2006年にボーダフォンジャパンを買収した。モバイルインターネットの時代を予見しての買収だった。 

孫社長自身、「1兆円をどぶに捨てた!」と様々な方面から非難を受けた。ほとんどの人がこの買収劇は失敗すると言っていた。結果は・・・9年間で9倍の規模に急速に成長した。 

3年前に、さらなる成長を求めてアメリカのSpirit社を買収した。アメリカの通信環境の現状は、料金が高い、速度は遅い。ならば、日本で培ったノウハウで勝負出来ると思っていた。 

当初は業界4位のTモバイル社を合併して、三国志のような状態にして、勝負しようと決意していた。だが、アメリカ当局からこの案は実現しないという現実を突き付けられた。 

孫社長もこれには相当落胆し、一時期Spirit社を売却する事も本気で考えていたが、諦めず、毎日毎日現地のエンジニア、日本のエンジニアと深夜休日関係なく改善に務めた。 

通信会社最大のセールスポイントは「ネットワーク環境」であると再認識し、日本での成功を再現出来ると確信した。 

最強のネットワーク環境を構築するには、膨大な設備投資が必要だが、連日の再設計で今までよりも大幅な設備投資の削減と期限の短縮の目処がやっと出来上がった。 

・ソフトバンクモバイルの実績とは?
OPEX(営業費用)の大幅な削減。CAPEX(設備投資)大幅効率化。
大手3社の中でソフトバンクは設備投資が一番少ない。だが、接続率では、様々な努力と工夫で、ソフトバンクが1位の結果をだした。その方法をSpirit社でも再現出来ると確信している。

Spirit社でも、この理想と現実に現地エンジニアは猛反発をした。アメリカでは再現出来ないと。だが、その反対意見に全て反論し、今では日本とアメリカのエンジニアが同じ道を歩もうとしている。

・世界に先駆けての割賦販売方式の導入
ソフトバンクが世界の主流になっている割賦販売をいち早く導入し、他社がこの方式を100%真似て導入している。Spirit社では、リースという新しい販売方式を導入している。

営業費用、設備投資、端末費用全ての費用を圧縮し負債を一気に減らしていく。事実として、現在のSpirit社よりソフトバンク初期の頃の方が、圧倒的に業績は悪く、無謀な買収だと思われても仕方ないと思っているが、その後の結果をみると一目瞭然である。 

・結論
改善への光が見えた。長いトンネルだったがやっと光が見えた。この表現は10数年前のヤフーBBの頃と非常によく似ていると思っている。 

私の感覚と世間の感覚は2年くらい誤差があると思っているが、必ず回復出来ると思っている。売却の気持ちは全くない。買収して良かったと心から思っている。 


孫社長の今回のプレゼンテーションも本当にスーパープレゼンテーションであった。個人的には教科書の歴史の偉人と同じレベルの人であると私は思っている。Spirit社の今後が本当に楽しみだ。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。