2015年08月07日

SoftBank World 2015 基調講演 孫 正義 「情報革命で、今日、次の世界へ。」 3

3日間で孫会長のプレゼンテーションの重点ポイントに絞り記載してきました。本日は最終的なまとめになります。 

・これからの20年、30年の間に成長していく3つのビジネスモデル
IoT、AI、スマートロボット。最新テクノロジーとビジネスモデルの融合を果たしていく。

・まず成長する為には、情報武装をしていかなければいけない。その上で成長戦略を改めてみる。大刀、短刀をしっかりと武装するごとく、情報武装をいち早く成す企業が新しい時代を作っていくであろう。 

・情報革命がもたらすものは、企業の成長だけではない。

・キーワードはSingularity(技術的特異点)。この言葉、単語が人々の重要な議論のテーマになってくるであろう。 

・コンピュータが人類を超える日。その日は何事も無かったかのようにクロスオーバーしていくであろう。一度クロスオーバーすると二度と人類が追いつける事はない。 

・Deep Learning。コンピュータが人からプログラムされる事なく、自らが学習していく日はもうすぐそこまで来ている。自動学習を獲得し人類を超えていくのである。 

・そのような現実を向かえ人類はどのような気持ちや哲学でこの事実と向きあえばいいのか?

・我々の未来は進化か? 破滅か? ソフトバンクは人々を幸せにする情報革命を実現したい。人類を大きく超えていくからこそ「心」を持たせたい。 

・孫会長がその思いを芽生え冴えたのが6歳の頃に視聴した「鉄腕アトム」である。
100万馬力のあるアトムにないたった1つのもの。 それは人の涙を理解する事が出来ない。心がなかったのである。 

・人にはハートがあるが、アトムにはハートがなかった。幼心にかわいそうだと思った。喜
び、幸せをアトムにプレゼントしたいと思った。

・ロボットは仲間であり家族である。決して敵ではない。人々を幸せにする為の情報革命である。
・情報革命で言葉の壁がない世界。交通事故がない世界。資源溢れる豊かな世界。いつまでも人と人が愛しあえる世界。

・情報革命は、始まったばかりである。

プレゼンテーションの最後は、孫会長自身1コマずつ、1フレーズずつ細かく細かく精査して作成した1つの動画で終了します。 

この動画で描かれる理念こそがソフトバンクの歩む道であると宣言しています。このように人の未来を真剣に考えているからこそ、孫会長のプレゼンテーションには力と感動が存在していると私は思います。 

是非一度視聴してみて、自身の情報革命とは?というテーマを考察してみてはいかがと思います。

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。