2015年08月05日

SoftBank World 2015 基調講演 孫 正義 「情報革命で、今日、次の世界へ。」 1

・情報革命で、いま次の世界へ
情報革命という新しい時代は始まったばかりである。企業の成長の鍵とは?

一言で表すと情報革命に他ならない。情報革命こそがこれからの企業の成長を牽引する。IT産業だけの話ではなく、ありとあらゆる業界が情報革命で新しい歴史を作る事になる。 

・世界の株総額の20年間の推移
全世界の製造業の時価総額は12倍になった。インターネット産業は?脅威の710倍である。

・企業成長の鍵
1つは、「情報武装」する事である。その武器を使って「成長戦略」をどう描いていくか。
武士で言えば、スマホとタブレットを武装していないという事は、大刀と短刀を武装していないと同じである。2つそろって始めて戦に出かけられる。

そして、クラウドに繋がった情報武器をさらに活かしていく事が大切である。大手のインターネットサービスは全てクラウドの武器である。 

・私がボーダフォン・ジャパンを2兆円で買収する2週間前ある1人の男に会いに言った。ソフトバンクが情報革命の新たな武器を手にし、2兆円の賭けに成功するか否か、あの男にたしかめてきた。 その男とは、Apple社CEOである、「スティーブ・ジョブス」である。

当時Apple社はiphoneをもちろん世に出していない。社内でも、5、6人の極秘プロジェクトチームが発足していた時だった。

そのように、胸に確かな成長戦略を秘め、どのような武器を獲得していくかがポイントである。単に2兆円の博打をするのは無謀である。 

・最新テクノロジーとビジネスモデルの融合をし、他社に先駆けて世に打ち出す。
IoT、AR/VR、AI、ドローン、スマートロボット、ナノマシン、ウェラブルデバイス、クラウド&ビッグデータ上記のように様々な分野の可能性がまだまだある。 

・ソフトバンクとしての得意分野として3つの戦略がある。 IoT、AI、スマートロボットの3つが大きなうねりとなるであろう。

IoTの分野では現在インターネットに接続する機器は私達の周りににおよそ2つしかないが、2040年にはおよそ1000個の機器がインターネットに接続する時代になる。

・人間の人口よりもインターネットに接続する機器の方が多くなり、そのデバイスのほとんどが、IoTビッグデータとしてクラウド接続し、ありとあらゆる情報を統合していく事になる。 

・IoTの役割というのは、モノの役割を根底から変える技術である。ありとあらゆるデータを分析する事によって体調、病気、姿勢、感情など様々な事をコントロール出来るようになる。 

・IoTが全ての産業の中心として機能していく事であろう。人と人が繋がるだけではなく、人とモノが繋がる時代が来る。その結果、健康や病気などの分野を始め、あらゆる産業が進化していくであろう。

・新しいテクノロジーがライフスタイルを革新させていく。最先端を積極的に取り入れていき、最先端技術を積極的に融合していく企業としてこれからも邁進したい。 

孫会長の基調講演を視聴すると未来が明確にくっきりとイメージ出来る。そのプレゼンテーション力もさる事ながら、常に時代を予見し実行している姿に私は尊敬と、日本にこうような最先端の素晴らしい企業があって良かったと心から思う。

ソフトバンク公式ホームページの企業情報欄に今回の基調講演の動画があるので是非一度視聴願いたい。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。