2015年07月22日

NHK 奇跡のレッスンと笑顔の子ども達

奇跡のレッスンの視聴で、子ども達の可能性は無限大であると改めて考えさせられた。 

「背中を押してあげれば飛躍出来る子ども達がいる」という言葉は、大人達がどれだけ重要か表している。 

たった1週間のレッスンで、見違えるように驚きの変化がある。3回の番組に共通していたのが、とにかく子ども達が楽しく夢中になって競技に取り込む環境を、自然に作りだす凄さにあると思う。 

ウォーミングアップの工夫や、なぜ笑顔が自然にあふれてくるのかなど、教育とは?という原点を改めて考察する絶好の番組である。 

挑戦を恐れずしてみる。そして、しっかりと考える。世界最強コーチは子どもだからという目線で絶対に下に見て接したりしない。世界最強コーチは全てそうやって指導していた点も見逃せない。 

指導というか、一緒にどうしたらよくなるか?という事を考えてくれるパートナーのような存在になる必要がある。 

そうやって、競技の事がどんどん好きになる事が一番上達する近道ではないだろうか?笑顔になる事こそ子ども達に最も必要な時間ではないだろうか? 

奇跡のレッスンを視聴していると不思議と感動して涙が出てくる。世界最強コーチの指導でどんどん笑顔になっていく子ども達を見ていると不思議な感動を覚える。

世界最強コーチの言葉に動かされて親御さん達も真摯に考えを改めるシーンもあるのだが、この改める事が小さい事ではあるが、子ども達にとっては重要であると思う。 

教育こそ、この国の未来であり宝だ。経済発展も、この国の行く末も、全ての原点は教育にある。
子ども達の笑顔が増えれば増えるほど、国が豊かになって行くことは間違いない。 

明るいニュースや現実だけではないと思うが、だからこそこの国の1番間違えてはならない本質を取り戻すべきだ。

日本の宝は、子ども達の笑顔なのだ。笑顔を沢山増やす為にこのブログでも少しずつではあるが発信して行きたいと思う。

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。