2015年07月21日

NHK 奇跡のレッスン〜世界最強コーチと子どもたち チアダンス編・笑顔は誰のために?〜 2

・3日目
本格的な振付の練習に入る。すぐには出来ない子どもには、丁寧に1つずつ区切って指導していく。ここで始めてチームに変化があった。コーチに率先して質問した生徒が1人現れた。その小さな変化を見逃さないコーチ。しっかりと褒め、手をしっかりと差し伸べるコーチ。「自分で掴み取れせれば、枠は勝手に乗り越えていく」

・4日目
日本の顧問の先生が子ども達の変化に気付いた。とんかく笑顔が増えたのだ。そして子ども達から2日前に出来なかった特技の発表というサプライズがあった。本当は子ども達1人1人様々な特技を持っているのだ。その特技をしっかり発表出来る自信がどんどん付いてきたのだ。 

リーダーを任せられている子どもの親御さんがコーチに質問した。周りに嫌われたくないから中々指示が出来ないと。同年代の子ども達を引っ張っていくことは本当に難しい。

でも、威張って引っ張って行くのではなく努力している背中を見せる事が大切。今の自分に自信を持って引っ張っていきなさい。「リーダーシップとは、背中で示し共に走る心」

・5日目
子ども達がどんどん変化していく。練習もどんどん中身のある練習に変化していく。コーチは今だからこそ伝えるべきチアダンスの肝をレッスンしていく。

演技の途中で失敗したとしても、大事なのはその後。リカバーという採点基準がある。失敗を気にしてないという笑顔、周りがフォローすれば失敗を補うことも出来る。自分が楽しむ段階は終了し、贈り物を届ける、という意味を考えながら練習してほしい。 

チアダンスは自分の殻を破るだけではない。とにかく贈り物である。笑顔を届ける贈り物。
でも、子ども達はどうしても恥ずかしくてその最後の殻を破れない。「贈り物は自分に、仲間に、観客に」

・最終日 親御さん達や先輩達を集めて発表会。
ドーンコーチの言葉が子ども達を動かしていく。「みんなが笑顔で踊っていれば私も嬉しい」最後の演技は本当に素晴らしい演技を披露する事が出来た。あんなにシャイで笑顔のなかったチームが笑顔溢れるチームに変貌していたのだ。 

自信に満ちた11人の姿があった。コーチが演技終了後にみんなの事を誇りに思うという言葉をプレゼントしてくれた。

一週間でこんなにも成長する子ども達が本当に最後は輝いて見えた。中学生は寄り添って一緒にやっていくのが何よりも大切である。

笑顔は反射する。笑顔は広がる。背中を押して上げれば飛躍出来る子ども達がいる。



奇跡のレッスンシリーズの感動が今のブログスタイルの元なった。こんなにも心に響いて感動する番組は滅多にないと思い、大切な言葉を残しておく必要があると思い記載していく事にした。

今回のレッスンも最後の輝く子ども達の演技と笑顔と涙に心底感動した。 

子ども達の成長は脅威的だ。大人達は背中をしっかりと押してあげる必要がある。背中を押してあげれば笑顔は自然と増えていく。そんな社会になれば、日本はもっと飛躍出来るはずだ。

子ども達の笑顔を沢山増やしていく事こそが日本の未来である。そう思える素晴らしい奇跡のレッスンであった。 


過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。