2015年07月12日

NHK パリ白熱教室 トマ・ピケティ 「21世紀の資本論〜格差はこうして生まれる〜」 1

世界的に大論争になった、トマ・ピケティ教授の「21世紀の資本論」。そのピケティ教授の貴重な授業をNHK白熱教室で過去に特集していたので、昨今の経済事情や国際情勢を考慮すると避けては通れない議題なので、今回から数回にわけて記載していきます。 

・21世紀の資本論〜格差はこうして生まれる〜
なぜこの著書を発刊したのか?それは経済学において所得と富の分配という問題は極めて重大なテーマであるからだ。過去の偉大な経済学者も所得と富の分配というテーマを最重要視していた。だが、一昔までの経済学の世界では、その分野を考察するデータがなかった。 

何故今まで、世界的な視点で資本主義の格差や富の分配についての研究が無かったかというと、経済学者は歴史学過ぎて、歴史学者は経済学過ぎた為、分野の垣根を超えての検証が不十分であった。昨今の情報技術の高度な発達により、過去のデータ分析が出来るようになったのが経済学の新たな時代を作る為にこの一大プロジェクトを進める事になった。 

所得と富の問題は決して経済学的な問題だけでは終わらない。この問題は文化的にも波及して国民全体の問題として考えて行かなくてはいけない。 

・労働所得と世襲財産(資産)はどちらが本当に大切なのか? 
格差の大国アメリカ。社会のトップ1%に富が集中する社会でもある。2011年のウォール街を占拠せよ!等の運動がアメリカで起きた事が様々な意味を持っている。 

アメリカは上位10%の所得シェアが年々増加してきている。このデータは世界的にみてもアメリカにしか見られないパターンである。その上位10%の所得の中身は上位1%の人々の所得でほとんどを占めてしまう。 

では、その上位1%の人々がアメリカの総所得の何%を占めているか? 答えは脅威の25%である。驚愕の数字である。その中で資産シェアは60%〜90%で年々増加している。

歴史的に考察するにあたって3つの階層を決めて行かなくてはいけない。 
上位層、中間層、下位層。その格差でもっとも注意しなくていけないのは教育の格差ある。アメリカは優秀な大学が沢山あるが、そのほとんどが上位層であり、下位層は高卒がやっとという状況である。 

アメリカの格差は世界的に見ても稀なパターンである。ここでポイントは
「社会の不平等を是正するには、技能・知識・教育の格差を是正すべき」というのが一番大切な事である。 


トマ・ピケティ教授が研究の中で見えた本質の1つが、教育の改善であったという事が非常に興味深い。経済学というとどうしても、高度な内容になるので私も苦手であるが、このように様々な問題を歴史的なデータを元に解析してくれるピケティ教授のチームに感謝せずにはいられない。

そしてこうような高度な内容をしっかりと視聴出来る現代社会の無限の可能性もしっかりと意識して生活して行く事が大切であると思う。 

過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。そして、志し高く。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


【関連する記事】
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。