2015年07月04日

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論 堀江貴文

あえて、レールから外れる逆転の仕事論を熟読している。 我が闘争、ゼロと購読して新書を読んでいるが、これがまた本当に面白い。学生時代にこの書籍にもし出会っていたらと思うと現代を生きる若者達の未来と可能性に胸が熱くなる。

今回の書籍は、堀江氏が1人で仕事論等を考察する書籍ではなく、日本を代表するイノベーター8人に様々な考察をしてもらい、更に堀江氏が解説する内容になっている。

その8人のイノベーターの考察が本当に勉強になる。有名な所で言えばロンドンブーツ1号2号の田村淳氏や、ユーチューバーで有名なHIKAKIN氏のビジネス論などが知れただけでも本当に為になる書籍である。

その8人のイノベーターとの密接な関わりと、更に時代を牽引していく堀江氏の考察がまた本当に凄い。

特に、昨年様々な所で話題になったユーチューバー。Googleがバックに構えている世界の巨大ツールであるYouTube。 皆様もスマホ利用の大半がYouTubeだったりしないだろうか?

「好きな事をして生きていく」という言葉は若者世代に急速に広がりつつある。 新しい時代の流れというモノを去年1年間漠然的に感じていた。 2015年は更に明確にその流れが主流になりつつある。

HIKAKIN氏の動画やその他のユーチューバー動画はどれも非常に新鮮だ。特に私はガジェット系が好きなので、新作のApple商品などの動画レヴューは大変有り難い。

HIKAKIN氏は動画投稿に独自のルールがある。それは毎日愚直に19時にしっかりと動画投稿をする事だ。 この21世紀になってもやはり本質は変わらない。愚直に好きな事に没頭する。

その表現とアウトプットの仕方がインターネット時代に大きく変化した事だ。可能性は無限大であるとHIKAKIN氏の活躍から学ぶ事が大切である。

ブログ訪問の皆様も様々なツールを使用し是非アウトプットしていただきたい。可能性の川は直ぐ目の前だ。


過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。 そして志し高く。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。