2015年07月02日

ソフトバンクグループ 第35回定時株主総会 3

・情報革命の進化とは?
情報革命の次の潮流はPCインターネットからモバイルインターネットへ。そして4つの最先端事業にさらに力を入れていく。「グラウド&ビッグデータ」「IoT」「スマートロボット」「AI」である。「グラウド&ビッグデータ」に関してはもはや業界の常識なのでその分野はさらに進めていきながら、後の3つの分野に注力していく。 

・5年から10年後著しく開花していくであろう3つの分野。
IoT〜Internet of Things の略称でこれから日常的に聞く単語になると推測する。現在は1人あたり2台のインターネットデバイスを持っている試算であるが、今から30年後は1人あたり1000台インターネットに接続するデバイスを持つ未来を予測。ありとあらゆるデバイスが全てインターネットに接続する時代がくる。 

・IoTデバイスを使用して出来ることとは?
クラウドヘルスモニターを使用しより健康な体へ。スマートウェアを使用し多機能なファションに変化。30年後にはユニクロなどの商品全てがインターネットに接続するような未来を予測。より良い生活。アプリ操作型ケトルなどで離れた所から簡単に操作。
より良いプレイ。例えばスマートテニスラケット。全ての打球がデータ解析でどのような練習を科学的データをもとに練習することが適切なのかなどの練習が出来るようになる。

・AI
ありとあらゆる分野の研究や開発がAIを元に実行されることになる。その理由は、脳細胞(トランジスタ数)シナプスがくっついたり離れたりし2進法で我々の脳は動いているのであるが、コンピューターのマイクロチップもまったく同じである。約300億個の脳細胞があるが、その300億個を超えるのが、なんと2018年頃に想定されている。 
人間の脳細胞は何千年前の同じであるし、これからも劇的に増えたりはしないであろう。 
コンピューターは違う。300億個なんてあっという間に通り越して天文学的な数字で増えていくことになる。

・AIを搭載した、スマートロボットへ
単純作業をするロボットの進化ではなくて、ロボットの頭脳の進化。人口知能を持ったロボットの普及。30年後にはスマートロボットの数が全人口を上回る日がくると予測。自動車などをはるかに上回る市場になるであろう。その異次元の市場でソフトバンクグループはそのワールドリーダーとなって行きたい。

・世界初「感情」を持ったロボット「pepper」発売
動く、しゃべるだけではなく、心があるロボット。動物以外で初めて心を持った物体となった。
放っておくと憂鬱になり、褒めると明るくなる。自らの意思がある。どのように行動すれば家族を幸せに出来るかサポートしてくれる。外部情報との関わりで感情が変化していく。
感情生成のメカニズムを搭載している。心アプリケーションを搭載。 

・時代の先読み
時代の後ろ髪ではなく時代の前髪をいち早く捉える。300年成長する企業へ。数世紀に渡って持続的に成長するグローバル企業へ。情報革命で人々を幸せに。 


3日間に渡り、ソフトバンク定時株主総会での、孫正義会長のプレゼンテーションを文字で記載して自分自身の今後の指針として行きたい。是非一度孫正義会長の動画をご覧いただいたい。同じ日本人で本当に良かったと心から思えるであろう。少し先の未来が見れるそんなスーパープレゼンテーションである。 

過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。そして、志し高く。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。