2015年06月10日

AKB48選抜総選挙SP2015 後編

AKB4841thシングル選抜総選挙 後編である。 総選挙も終わりAKB48グループも新しいステージを迎えつつある。

AKB48第一期生の前田敦子、第二期生の大島優子。二名の強烈なライバル関係が注目の的となったAKB48第一ステージ。その後、国民的人気を誇って巨大グループにのしあがった第二ステージ。そしていよいよAKB48グループは第三ステージに突入したと私は思っている・ 

時期総監督、横山由依が100年続くグループにしたいとスピーチでしっかり述べたのが印象的だった。

女性アイドルグループはどうしても短命で終わってしまうし、少しの恋愛スキャンダルで今までの苦労が水の泡になることも多々ある。 

そのバランスこそがこれから大切になってくるのではないかと私は思う。普通の十代の少女が恋愛して何がいけないのだろうか? アイドルの変な定義というモノを勝ってに作り上げてはいけないと思う。 

AKBには恋愛禁止条例があるが、恋は沢山していいと秋元康も認めている通り恋愛は必要不可欠な要素ではないかと思う。 

好きな人がしっかりいるからこそ強烈なパワーを産み、それが力となって様々な効果をもたらし感動出来るのではないだろうか? 

美空ひばりの「川の流れのように」があそこまで人の気持を掴むのはひばりさんの人生が歌に込められているからである。 

アイドルグループだって誰かの為にしっかり心を込めてパフォーマンスして欲しい。
ただ歌が上手い、ルックスがいいレベルではこれまでのアイドルグループのように短命で終わってしまうと思う。

その希望を込めて、指原莉乃には本当に期待している。指原莉乃は時が来たらプロヂューサー業に専念し秋元康亡き後の48グループの総帥になっていただきたい。 

アイドルの概念を変えつつある指原莉乃ならきっと今より輝く48グループを築きあげてくれると思う。今回の総選挙はアイドル史の歴史的転換点ではないかと私は思う.

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。