2015年06月07日

NHK プロフェッショナル仕事の流儀 「ビル清掃・新津春子」 前編

世界一の清掃

・清潔空港として名高い羽田空港。総勢500人のスタッフで日夜清掃に取り込んでいる。
清潔な空港賞を二年連続で受賞した、世界一綺麗な空港。清掃員というと、どうしても地位の低い仕事と思われるが、私は本当に関係ないと思っている。私は好きでこの仕事をしている。

・空港内のエスカレーターは使わず、50段くらいある、階段を登りウォーミングアップして仕事につく。作業着に着替えるやいなや、5キロの鉄アレイを持ち出しなんと筋トレを実施する。20分以上の筋トレを欠かさない。体力がないとこの仕事は出来ない。
17歳の頃に中国から日本にきて、言葉がわからないでこの仕事に始めることにした。

・決して妥協をしない。テレビの裏も決してぬかりはない。一番汚れが難しい所が新津の出番となる。ロビーの冷水機のカルキ。使わなくてもこの手の素材は落とすのが難しい。80種類以上の洗剤を使いわけこの汚れにとりかかる。 


・何にも気にせず汚れを落とすだけでいいのか? 素材に傷を極力つけないで汚れを落とすのが新津の信条。モノというのは掃除を怠ると長持ちしない。 

・清掃の職人であれ
清掃は職人の仕事と思っている。この仕事は清掃を超えた職人と思って取り組んでいる。
そんなに汚くなかった冷水機が本当に新品のように蘇る。出てくる水が美味しそうだった。
綺麗にする為ならどんな手間も決して惜しまない。 

・目に見え無い部分に気を配るのがプロ清掃人の仕事。
清掃はするだけではいけない。まずは気付いたことからはじめてみる。気配りは必須。

・綺麗な床にも抜かりはない。子どものアレルギーまでも考慮して清掃する。
人が見え無いホコリが新津には見える。ホコリの舞い方でどのような汚れになるのか推測して作業する

・清掃に対する貫く信念がある。「清掃は、やさしさ」 
自分の優しい気持ち。自分の優しい気持ちで心をもって清掃する。小さな汚れもけっして見逃さない。このように日常的に綺麗にしていけば使用するお客様も綺麗に使用してくれる。そしてより作業する側ももっと綺麗に使用するというお互いの相乗効果が生まれる。 

今回はここまでにし、本当に新津氏の清掃には心があった。とにかく使用する側の視点にたって作業している。人が見え無い排水口の中まで作業するとアレルギーや雑菌の繁殖防止に役立つ。清掃を極まめるということは正に心を磨くことである。私もこの番組を期に心を磨く為の清掃をしていきたいと思った。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK プロフェッショナル仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。