2015年05月18日

NHK コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」 前編

コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」で脅威の宇宙科学者の番組を視聴出来たので今回も記載していきたい。

・現代は1年に100機以上のロケットが宇宙に行く時代。このような未来を100年前に予想していた人物がいる。ロシアの科学者 コンスタンチン・ツィオルコフスキー。
宇宙にいく術がない時代にロケットの完全な設計図を完成させていた超人的な科学者である。

・ツィオルコフスキー氏が監督した映画がある。「宇宙飛行」 ロシア初のSF映画でもある。
この映画の中身たるや、驚愕の一言である。タイムマシンで未来を見て来たのかと疑うくらいの正確な映画であった。80年前の全く宇宙に行っていない人類の映像とは思えないくらい正確だ。 

ツィオルコフスキー氏は実は幼い頃、高熱にかかり全く耳が聞こえなくなってしまった。その時に父の書斎で1つの本に出会う。「地球から月へ」ジュール・ヴェルヌの壮大な物語に夢中になった。ジュール・ヴェルヌのお陰でツィオルコフスキーの全ての日々が宇宙に向けられるようになった。 

・大きくなりモスクワで宇宙の勉強を始めたが、全く学校教育を受けていないツィオルコフスキーは勉強の仕方が全く分からない。そんな時図書館で出会ったのはニコライ・フョードロフ。ロシアを代表する哲学者でもある。

・耳が不自由が故に独特な研究方法が確立された。自分との対話のような研究方法である。
宇宙に行く為の研究を60年も自問自答した。その集大成が30枚のスケッチで残っている。 

・宇宙に始めて出ると人間は全く身動き出来ない。壁伝いに移動するしかない。その現実を完璧に予言していた。宇宙遊泳もツィオルコフスキー氏の理論が反映されている。
ツィオルコフスキーは科学と未来の融合を実現した科学者でもある。 


今回も長くなるので前編後編に致します。本当に驚愕の人物が世の中にはいるものである。ロシアの宇宙開発や科学力も驚愕としかいいようがない。今回の番組は驚きのまま見終わってしまった。未来を予測する事くらい難しい事はないのだが、ここまで正確に予想出来る深い考察と何処までも諦めない研究姿勢を学ぶ事が出来た良質な番組であった。


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。