2015年05月16日

NHK 奇跡のレッスンと超天才の共通点

奇跡のレッスンや東西の天才羽生名人、ガルリ カスパロス氏の番組を視聴していて改めて思った事があった。

それは子ども達への指導について世界の超一流の方々の意見が一致していた事である。

ミゲルさん、ダビットさん、羽生名人、カスパロス氏4名の同意見は子どもには楽しく接しそして可能性を信じ、しっかりと考察する習慣を植えつける事が大切であるという事を4名アプローチは違うが本質は全く同じ意見であった。

やはり、教育というのは改めて大切であり、大人達の責任は本当に大きいと痛感した。
生まれ持っての才能ではなく、いかに自分の1番好きな事に巡りあえてそして導いてくれる大人に出会う事が出来るか。

この本質は日本の未来をより良くする為には必要不可欠で最優先事項ではないだろうか。

期待する気持ちは痛いほどわかるが、子ども達の笑顔を大人が奪っては絶対にいけない。
可能性は無限大であるという前提で子ども達に接するべきだ。

子ども達の成長には限度がない。 限度がないからこそ、その真実をしっかり教えてあげるべきだ。 大人の狭い視野で現在の子ども達の限度を決めてしまうのことだけは決してしてはいけない。

大人達だって子どもから学ぶ事さえあると思う。 通常の常識なんて子ども達には関係ない。だからこそ本質が見えてくるのではないだろうか。

子ども違の笑顔に明日の日本の未来を重ねると私の笑顔も自然に増えてきて本当に清々しい気持ちである。


posted by イトウ ヒロ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。