2015年05月15日

NHK プロフェッショナル仕事の流儀 「ファンドマネージャー・新井和宏」 後編

プロフェッショナル仕事の流儀「ファンドマネージャー・新井和宏」後編である。

・小学5年生の時に父親が交通事故に遭遇。職人だった父親は普通に稼ぐ術を失ってしまう。高校はアルバイトずくめ。大学も夜間の大学でアルバイトずくめ。心の中ではいつもこの言葉が頭をよぎる。「お金があれば、幸せになれたのに」 

・信託銀行に入行し、最先端の理論を習得。その最先端の数学理論を駆使し外資系ファンドに転職。そこで待っていたものは10兆円規模の投資運用。小国の国家予算並みの運用。
成功を掴んだかに思えたが、ほんのすこしのミスとプログラムの異常で何百億というお金が吹っ飛んでしまう。安心して眠る日常が奪われる毎日。911同時テロの影響で何兆円のお金の損を出して遂に健康を害してしまう。ストレス性の難病を患ってしまい普通に働くことさえ出来なくなってしまい外資ファンドは退職。

・そんなある日、書店で「日本でいちばん大切にしたい会社」という本に出会う。
何度苦しい状況になっても絶対にリストラや給料カットをしない会社。障害者を多く雇用し、障害者の雇用を守るチョークメーカー。その様々な会社の姿を知って新井氏は概念が変わった。「俺は今まで何をしていたのだろうか」そういう会社が有ることすら知らなかった。外資系の頃は社長にすら会うことは無い。数字のお話だけして終わり。でも日本の小さなその会社には命懸けで会社を守る社員の皆様がいる。新井氏は金融マンとしてそういう会社をバックアップしたいと思い、志しを共にする仲間と会社を設立。

・本当の金融を実施する。その志しを共にした仲間達とクライアント267人、3億741万円を投資して頂きその資金で運用を開始。全国を歩いて周り、融資しなくてはいけない会社を自ら見つけて投資を募り企業を金融の力でバックアップする。社会の役に立つ金融へ。

・ファアトレードを実施している会社。社員の気持ちや志し事業内容は素晴らしい。だがそのせいで社員の満足度が低下して疲弊してるのではないかと新井氏は分析。上記の会社は現地で製品を納品する前に前払いで実施している。普通は納品してもらってから代金を払う。
現地の仕事をとにかく支えて行きたいという強い意向のある経営陣。素晴らしい事業だが前払いする資金は銀行から調達していた。

・ファアトレードで現地は幸せになっている。だが、自分の会社は苦しむ事になる。
この会社がずっと続く事を願い今回は融資ではなく、共通の目的の為に出来る事を提案し、まず会社の財務状況を徐々に改善していく事を提案融資するだけが本当の金融とは言えない。 

・最後にプロフェッショナルとは?
何処までも謙虚に、誰よりも強く思い、そして日々の努力を怠らず、積み重ねられる人。




今回も本当に素晴らしい番組内容であった。投資の世界の私のイメージは、怖いものという概念を見事に打ち砕いてくれた。投資と聞くと自分だけ儲かればという認識に囚われていた私の小さい視点を変えさせた番組と新井氏に感謝致したい。 これから益々志し高い金融マンが増える事を願い、新井氏の事業が大成功して行く事を願っている。

今回も長文読んでいただき感謝致します。


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK プロフェッショナル仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。