2015年05月06日

NHK 連続テレビ小説 マッサン総集編

ゴールデンウイークの最期を締めくくるのは、NHK連続テレビ小説 マッサン総集編である。仕事の都合などで所々視聴出来ない回もあったのでやっと断片的ではあるがストーリーが繋がった。 

連続テレビ小説屈指の名作だったと改めて思った。こんなにも朝から涙した作品は記憶にない。日本のチカラと夢と愛と家族を描いた壮大なストーリーであった。

私はマッサンを視聴している時、昔放送していた、プロジェクトXを思い出す。日本初の国産ウィスキーを作る壮大なプロジェクトの物語に心が踊った。 

ウィスキーが出来上がるまでの何と苦悩と挫折が多い事か。会う人会う人、失敗するから辞めなさい。外国に帰りなさい。現実を見ないさい。事を成すという事は正にマッサンの生き方をいうのであろう。 

様々な場面で、チカラになるのは必ずエリーのチカラだった。エリーの強い志し。
マッサンの夢の為に生きて行く。この志しがあったからこそマッサンはウィスキーを作れたのだ。 

マッサンの確かな実力と諦めない心。エリーの純粋で何があってもマッサンを支える強い気持ち。大正、昭和を生きた日本人の最大のチカラの元は、この夫婦の思いそのままだったのではないであろうか。 

この日本という国はとてつもないチカラがあるんだと私はマッサンを見て心を奮い立たせる。
過去の偉大な先人達が築いた歴史を確かに受け継ぎ、明日の日本を創造して行きたいと心から思う。

マッサンが成した事は明日の未来を作る確かな道標になると思う。 


posted by イトウ ヒロ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。