2015年04月23日

鋼の錬金術士と明日を生きるチカラ

私はよく会話の中で鋼の錬金術士の喩え話を交えてする事が多々ある。以前のブログでONE PIECEの喩え話もよくすると記載したが、この2つのコミックに共通している事は、失敗から素直に学び、そして必ず志しを同じにする仲間がいると信じて前に進めという深いメッセージである。  

鋼の錬金術士最大のメッセージは「人は何かを得る為には同等の対価が必要である」 
という深いメッセージである。当時私は非常に将来が不安な毎日を過ごしていた。 

そんな日々にこのコミックやアニメが私の心の拠り所の1つとなった。 
兄弟二人の様々な冒険の中に出てくる前に進もうとする言葉が本当に大好きだった。 

人の学びの最高峰は失敗から学ぶ事である。 20代の私はやることなす事失敗ばかりだった。 仕事は全く上手くいかない。上司に連日いじめられ時には暴力沙汰もあった。
拠り所だった彼女にも最終的に裏切られ、また一人に逆戻り。仲間も全く出来ず、無駄に夜の世界へと足を運び金銭的にパンクした。 田舎の親にも心配かけまいとして悩みだらけの毎日なのに自分に嘘をついて電話していた。 

失敗と挫折の毎日だった。孤独だった。本当に寂しかった。

ただ1つ心に決めた事は何か掴むまで田舎には帰らないという気持ち1つで踏ん張った。 

今ふと振り返るとあの時私の前に立ちはだかった人々に感謝していると素直に思う。
あの時沢山辛酸を舐めたからこそ今の私の強い志しがあると言っても過言ではない。 

だからこそ、今悩んで明日の光が見え無い人がもしこのブログの読者の中にいたら私は言いたい。 

必ず仲間がいるから信じて進もうと。進んだ先にしか本当の明るい未来は待ってないと。 

このブログが縁となり何かを掴むきっかけとなるならこんなに幸せな事はない。


posted by イトウ ヒロ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。