2015年04月06日

タモリ氏の目に見えぬ凄さ

意図的にビッグ3の記事を書こうとしたわけではないのだが、たまたま2日連続さんま氏、たけし氏のお話しになったので、今日は去年のいいともグランドフィナーレやビッグ3のタモリ氏について考察してみようと思う。

去年のいいともグランドフィナーレはバラエティ好きには本当に堪らない番組であった。
豪華すぎるゲストが勢ぞろいしたのはもちろんだが、その中の全ての人と、ガッチリ絡めるのがタモリ氏の凄さである。

子どもの頃一体この人は何のジャンルの人なのだろうと考えた事がある。
たけし氏は漫才、さんま氏は噺家。 タモリ氏は? 全く検討がつかなかった思い出がある。

いいとも!はもちろん開始していたので何気なく毎日見ていた。お昼と言えばあの音楽とタモリ氏の歌であった。 今は社会人なのでお昼は中々何も見ない事が多いが、あの安定したいいともが何とも懐かしい。

上記のように想像がつかないのがタモリ氏の真の強さだと思う。 常識では分からない凄さがタモリ氏にはある。

さんま氏との日本一に最低男シリーズが何とも言っても私は好きであった。
何で何気ない日常会話でここまでトークが出来て面白いのかグランドフィナーレでも1時間ずっとしゃべりまくりである。

タモリ氏の奥の深さが日本のバラエティーをより高度に知的にしたのではないかと私は考えている。


posted by イトウ ヒロ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。