2015年04月05日

ビートたけし氏の絶妙な発言から学ぶ事

今朝の、フジテレビ ワイドナショーは豪華ゲスト揃いで見応えたっぷりであった。
ビートたけし氏については説明不要のスーパスターであるが、たけし氏の芸人ならではの切り口が本当にいつもハラハラしながらも、たけし氏なら何か鋭く切ってくれると期待しながら視聴している。 

ここでこんな事いうか! 的な発言が本当に考えられていて面白い。 今朝の番組でもある意味邪魔な先輩芸人は誰ですか? の質問にズバリと答えてくれた。 

いかりや長介、萩本欽一と誰もが納得の発言であった。 

あの時代にドリフと欽ちゃんにしっかり真正面からぶつかっていかなかったら今のバラエティの番組の基礎は大きく変わっていたと思う。 

バラエティ番組が本当に好きで子どもの頃から今になっても視聴している。 昨今のバラエティは本当に規制が入っているのでどうもしっくりこない。 
バラエティでしっかりやっていい事とやってはいけない事のバランスをしっかり子ども達に教えてやるべきではないかと思う。 

空気を読みすぎるのが日本人の悪い癖だという。たけし氏のようにガッツリ切り込む発言こそが現代には必要だと私は思う。
 
自分を抑えこみ過ぎた発言しか出来ないと我慢とストレスで偽善や欺瞞に満ちた人間になるのではないかと危惧せずにはいられない。  


posted by イトウ ヒロ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。