2015年03月28日

近代F1のすざましい進化

昨日より、F1世界選手権第2戦 マレーシアGPがスタートした。

今シーズンも変わらずメルセデスGPの勢いが止まらないが近年のルーキードライバーについて解説者の皆様から色々面白い報告があった。

近年のルーキードライバーはとにかく冷静である。 もちろんF1に来る前から様々なレースをこなして来るので経験は豊富なのは間違いないが、進化しているのはドライブシュミレーターを使いこなし、ほぼ最初からコースを熟知して難なくF1マシンを乗りこなせてしまうとのことだ。

近年のレースゲーム グランツーリスモなどもコースを完全に再現していて驚きながらプレーしたりしてたが、F1の世界でもテクノロジーがここまで進化しているとは驚きを隠せない。

今は特例ではあるが、17歳のF1ドライバーも今年は参戦している。 父がF1ドライバーなので当然と言えば当然だが時代は変わったなとつくずく思う。

何としても日本人のF1ドライバーそして日本のワークスメーカー 日本のタイヤのオールジャパンでワールドチャンピオンを獲得し、表彰式で君が代を聞いて涙したい。

ジェンソンバトンのスーパードライブで1度だけ聞いたあの君が代が、まだ私は鮮明に覚えている。

とにかく、諦めず一歩一歩ずつ前に行こうではないか。


posted by イトウ ヒロ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。