2015年03月25日

格闘技の近年

格闘技イベントがテレビから少なくなった。 
現在はボクシングと深夜のプロレスぐらいしかない。 
PPVでお金を払って見るシステムでもいいのだが格闘技好きとしては地上波で視聴したいものだ。 

先日、数年前のK−1を視聴する機会があり、久しぶりにキックボクシングの試合を視聴したのだがやはり面白い。 

ボクシングも好きではあるが、キックの距離感がいい。 ローキックでコツコツと相手を削っていくのが派手さはないが徐々に効いてきて段々動けなくなる。 
ボクシングのボディのダウンとも違う。その職人的、技の出し方が好きであった。  

空手、キックボクシング、ムエタイの世界的なイベントとして認知されていたK−1だけに規模が縮小したのは本当に残念である。 

一時期はK−1 プライド MMAの大会など沢山あったがどれも無くなってしまったがその時期にピンチにあったプロレスが今徐々に盛り上がってきている。 

格闘技のイベントで東京ドームをきっちり満員にするのは素晴らしい事である。 

現在の新日本プロレスはエンターテイメントの要素から昔ながらのストロングスタイルもきっちり受け継いでいて1.4東京ドーム大会などは見応え十分である。  

世界対日本の構図もまだまだ可能性十分でこれからの格闘イベントに益々期待している。


posted by イトウ ヒロ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。