2018年12月16日

男と女の白熱教室 1

今回のシリーズは、私が実際に相談を受けたり聞いたりしたお話しを白熱教室という形で皆様に共有しながら議論していければと思います。 
今回のテーマは理想の恋愛と結婚についてです。中々深いテーマになりますが考察していきたいと思います。 

先日、ある方と恋愛と結婚についての白熱した議論を交わすことが出来た。約5時間に渡る白熱した議論の中で個人的にポイントだと思えることがいくつかあった。 

最初のポイントは子どもの頃の家庭環境の影響は人生を大きく左右するということである。 

理想の家庭という定義は様々あると思うが、どうしても両親がいつもケンカしていたり言い争いがあったりする環境だと、子どもには多大な影響があるということである。 

議論の中で、離婚こそしていないが両親のケンカの思い出が様々なトラウマとなりどうしても人といるのが苦手になってしまったそうだ。

1人で落ち着いた空間に安らぎを求め、他人と空間を共有するのがどうしても苦手になってしまいそれが後々の恋愛にも色々な影響が出てしまったようだ。 

非常に落ち着いた雰囲気と清楚なイメージからは想像もつかないような恋愛体験を数多くしておられた。もちろんプライペートな話なので中身までは言及しないが、一般的に理想とされている恋愛がどうしても出来ないとのことだ。 

何年も努力をし、沢山会話をしたり相手にして欲しい思いが強い方とも恋愛したり暮らしたりしたがどんどん自分がおかしくなってしまったそうだ。 

側から見たら、非常に幸せそうなカップルに見えたが中身は全く違いかなり苦痛の日々を過ごした。もちろん恋愛感情が無かった訳ではなく好きだったし、結婚もこの人しかいないと強く思っていたそうだ。 

でも、上手くいかなかった。突然の別れに彼氏はかなり動揺したようだ。別れるとは全く想像出来なかったことにはじめて気づいた時には本当に驚いたそうだ。 

仕事と生活環境はすこぶる安定している。でも、恋愛だけはどうしても上手くいかない。今思いを寄せている方も友達などに相談すると絶対にやめた方がいいと言われる方と恋愛をしているそうだ。 

その方とも一度お別れしたので、新しい恋をしようと思ったがどうしても気持ち的にふっきれず今に至る。 

手にしようと思えば出来たいわいる理想の恋愛と結婚。だか、自らの声に従い今の形がある。 

彼女の話を聞いて私は、様々な思いを巡らせながらこのテーマは皆様と考えていった方がいいという結論になった。 

経済的な自立に成功している女性の恋愛と結婚。高収入や高学歴になると婚期が遅れると言われているが果たしてどうなのだろうか?  

自らの心の声に従った彼女の恋愛を私は支持したいと思う。色々思うことはあったろうが後悔はしてないとはっきり言った言葉が忘れなれない。 

様々な恋愛があり、そして結婚がある。理想の恋愛と結婚に答えはないが、理想に近づくには、自らの心の声と真剣に向き合うことからスタートするのではないかと思う。 


posted by イトウ ヒロ at 11:04| Comment(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

スノーデンの警告 2

昨日の記事を書き終えた後、何気なきくYouTubeを検索していたらスノーデン氏が日本のシンポジウムにビデオ出演していた動画あったので紹介しておく。 

約1時間の動画の中での私が重要と思ったこを整理して皆様にお届けしたい。

まずは、政府はテクノロジーという力を持ったことにより変質したという事である。 

人権を尊重する政府も共産主義的な政府も、もはや力を手にした以上後には戻れないという。 

力とはインターネット上の全ての信号やデータを監視し、そのデータを分析出来る力だ。 

NSAが開発したエックスキーコアというプログラムがその全てのインターネット上のデータを分析出来る力があるという。

アメリカからその力をもらう代わりに日本では近年異常なな法整備が整っていった。 

日米安保、特定機密、共謀罪。全てはアメリカ政府の要望で実現した法案である。 

ほとんどの国民が望んでいない法案なのに強行採決した理由がやっと分かった。 

日本国政府も過去の政府とは違う政府だと認識する必要がある。小泉政権の時と自民党と安倍政権の自民党どは与えられた力の大きさが明らかに違うというわけだ。 

更に重要な点は、エックスキーコアテクノロジーに関してはNSA版と比べて劣るシステムをサードパーティーと言われる国々に供給しているようだ。 

アメリカではこの独特な考えが存在している。世界を大きく分けて、3つに分類している。 

まずは、自国。そしてセカンドパーティーは英語圏の国々だ。英国や豪州、ニュージーランド、カナダなどの英語圏の国だ

そして、サードパーティー。その他の国のことはサードパーティーに分類される。中国もロシアもそして日本さえへもサードパーティーなのだ。 

日米同盟はあるが、我が日本国はサードパーティー扱いなのである。アメリカ政府の対応ははっきりしている。日本国政府はどうだろうか? 

スノーデンの提言の中に密室や政府高官だけで決めた事が、もし市民やメディアにバレたらとんでもないことになるという抑止力こそが必要であると述べている。 

アメリカには自由人権団体などが存在していて常に政府の動向を監視している。 

日本でも同様に監視し、それを訴えていくメディアが必要である。菅官房長官から恫喝されたら尻込むようなメディアでは最後に国民が損をするのではないだろうか?  

官民一体のメディアコントロールを現在の自民党は大変上手く利用している。安倍政権は異様な政権だと思っていたが、手にした力が非常に厄介だ。  

2018年も終わりいよいよ日本のいく末が決まる2019年を迎える。 

2019年はとにかく政治的イベントが盛りだくさんだ。 

統一地方選、天皇生前譲位、参院選、もしかしたら憲法改正国民投票。そこに衆院選も混ぜてくるのではないかという憶測もある。北方領土問題も正念場だ。 

2019年は国民の力が試される一年だ。私も多くの気づきを提供出来るように全力で記事を書いたり活動をしていこうと思っている。   

明日の日本を作るのは、アメリカ政府でもなく日本政府でもない。皆様1人1人の力だ。 

参考動画リンク↓
posted by イトウ ヒロ at 10:02| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

スノーデンの警告

Amazon Prime videoにて映画「スノーデン」が配信開始している。prime会員の期間だったのでじっくり視聴した。劇中ではさらっとナレーションで語られているが、日本に対する重要な証言が多くあった。 

エドワード・スノーデン氏に関しては、もはや説明不要であろう。元CIA・NSA職員で世紀の告発をした人物だ。現在はロシアに亡命中である。

劇中ではあまり時間をさいて説明されていないが、スノーデン氏は日本の横田基地で勤務していた期間がある。その時期に特別なマルウェアプログラムを構築している。 

日本がアメリカを裏切り敵国となった瞬間に、日本中の電力がブラックアウトするサイバー攻撃用のプログラムが実装されているそうだ。

何とも恐ろしい話だ。もはや戦争というのはサイバー空間、宇宙空間の時代に突入している。

3・11の時、福島第一原発でも同様の不具合があったとの証言がある。政府は公に発表しないが、原発がメルトダウンした時も同様のマルウェアが邪魔して再起動が中々出来なかったという証言もある。

今回の赤文字リンクではIWJのインタビュー記事のリンクになっている。私の拙い文章よりそちらの記事を参照してもらえればスノーデン氏の警告の深刻度が理解出来ると思う。 

スノーデン氏の発言のは信念と力がある。全ての生活と愛する家族や恋人までと離れ離れになっても告発した氏の勇気と正義感・愛国心に敬意を表する。自分なら果たして国家を敵にしても信念を貫けるだろか? 映画を視聴してから自問自答してるが答えは中々出ない。 

映画 「スノーデン」オススメである。そこにあるのはフィクションを超えたノンフィクションだ。
posted by イトウ ヒロ at 20:01| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

カルロスゴーン報道について 2

カルロス・ゴーン事件を紐解く上で重要な番組を視聴したので紹介したいと思う。

日本で唯一電通などのポンサーに左右されない本当のインターネット報道番組ニューズ オプエドを視聴した。その中で中々興味深い発言があった。

ゲストは、元検察官の郷原弁護士という方だ。郷原弁護士のブログは赤字がブログリンクになっているので参考にしていただきたい。事件の事を詳細に法律家の見地から述べているので是非ご覧いただきたい。 

郷原弁護士の見解は日産の現社長である西川社長も同様に逮捕されるべきではないだろうか? という視点だ。 

大手メディアでは中々出てこない見解である。 巨大スポンサーに意見が言えない報道番組しか無い日本では貴重な意見だ。

有価証券報告書虚偽記載罪はやはり個人というより日産にも非があり、違反とれる期間中も西川氏が責任者の時期があり、西川氏の決済なしで物事は動かないのではないだろうか。 

郷原弁護士はこうも述べている。今回の事件の逮捕は西川氏側とされる日産攘夷派と検察と司法取引して、自分の地位を守ろうとしたのではないか? と述べていた。

法律家から見ても今回の逮捕は異例中の異例でますます検察の力が増大して民主主義国家の危機が迫っていると思わざるえない。 

司法取引を個人感情と組織の正義で乱用されたら、ありとあらゆる人や組織が疑惑から拘束、逮捕、起訴となってしまうのではないだろうか?  

このブログをキッカケにしてニューズオプエド 並び郷原弁護士の見解を視聴したり読んでみて様々意見に触れて欲しい。反対意見や逆説と思える多様性のある意見こそ民主主義の根管である。



posted by イトウ ヒロ at 16:58| Comment(0) | ニュース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

2018年 M-1 GPについて

年末の風物詩になった、M-1グランプリについて皆様はどのような感想を抱いただろうか? 

私は、2001年から毎年欠かさず視聴しているのだか、今年の大会こそ本当に甲乙つけがたい素晴らしい大会であった。 

大会の中身ではなく、その他の騒動に目が向いているが、私は大会の中身について触れておきたい。 

一昨年から、個人的には和牛がやはり1番面白いと思っている。 

スピードワゴンの小沢氏が非常に適切な例えをしていたのでここで紹介したい。 

優勝した、霜降り明星は「マンガ」であり、和牛は「映画」ジャルジャルは「ゲーム」であると。日本で最も国民に広く受け入れられているのが「マンガ」であり今回の優勝に繋がったのではないかとインターネット番組で言及していた。 

非常に的確な例えだと思った。 霜降りのネタは確かにギャグマンガのような流れで進むし、和牛はまさに映画というかドラマのような展開だ。ジャルジャルの一本目のネタはゲームそのものである。  

そのような視点から漫才を読み解くと非常に面白い。

M-1グランプリに関しては、サッカーワールドカップの次くらいに楽しみな番組である。 

毎年どのようなネタで大爆笑を誘ってくれるか非常に楽しみで仕方ない。 

今年は若くて勢いのあるチャンピオンが誕生した。吉本興業中心となり決勝には8組残った。その他の事務所の芸人も沢山出て来て欲しいと思っている。   

M-1とはまた違った番組だか、THE MANZAIという番組でのウーマンラッシュアワーのネタは毎回素晴らしいと思う。 

その他の歴代チャンピオンのネタはさほど話題にならずウーマンのネタが1番話題になる。 時事ネタでけではなく、問題を提起するネタ自体素晴らしい。これこそがコメディアンである。 

政府や大手メディアの言いなりになるのがコメディアンではない。ウーマンラッシュアワーのネタを見たことない人は是非一度視聴してみて欲しい。クセは強いが意見が全面に出ている素晴らしい漫才だ。 
posted by イトウ ヒロ at 14:49| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。