2015年08月16日

NHK 心と脳の白熱教室 第4回  「あなたの性格は変えられるか」 1

NHK 心と脳の白熱教室。オックスフォード大学、エレーヌ・フォックス教授とケヴィン・ダットン博士の興味深い講義の最終回を記載していきます。 

・楽観的な人、悲観的な人
私達の周りにも様々な人がいるが、私の思い出の中に、ある兄弟のお話がある。1歳違いの兄弟なのだが、全く違った性格だった。 

その兄弟の特徴は、弟は新聞配達などで、財をなし起業するまでに至った。方や兄はかなり用心深く常に浪費の事に気を使う人であった。 

その後、兄は教師になり幸せな生活をしている。弟はアメリカに移住し、様々なビジネスを展開し、億万長者までなった。 

全く同じ遺伝子、同じ環境なのにどうしてここまで違いが出るのであろうか?楽観的な思考は遺伝的な問題なのか?果たして育つ環境によって変わるものなのか? 

・性格は変える事が出来るのか? 
この問題の根底にあるものは、脳内の快楽のシステムと、恐怖のシステムの2つである。楽観脳、悲観脳、この2つのシステムがどのように作動するのは、遺伝子や環境により左右されている。 

・遺伝子の影響
遺伝子の役割は大まかに言うとタンパク質を作り、そのタンパク質が細胞を作り最終的に脳内回路を作るという役割をしている。 

遺伝子には必ず差異がある。セロトニン運搬遺伝子などは同じ両親から生まれたとしても必ず人それぞれ違いがある。この違いが脳内科学物質の違いをもたらすのだ。 

このセロトニン運搬遺伝子の長さなどが実験の結果、うつ病などの精神病と密接な関係にある事が分かった。 

簡単に実験結果を説明すると、遺伝子が短い人はネガティブな情報に多く左右され、遺伝子が長い人はポジティブな情報に多く左右されるという結果がわかった。 

遺伝子が短い人は自動的にネガティブな情報に注意を引っ張られてしまうという事である。この事が、不安や悲観主義を引き起こす1つのメカニズムという興味深い研究結果となった。 

・遺伝子と環境
また長期に渡る遺伝子の実験を行った。3歳から26歳までの800人以上を対象にした長い期間の実験である。 

遺伝子を調査していくと、セロトニン運搬遺伝子が短い人と長い人のうつ病の発症リスクの違いという側面からみるとあまり違いがなかった。

だが、人生に起きた悲しい出来事や辛い経験が3つ以上あるという人に限って実験結果を見てみると、遺伝子が短い人のほうが、その後うつ病にかかるリスクが増大し、長い遺伝子をもった人は平均値より、うつ病にかからないという結果がわかった。 

遺伝子だけでは、うつ病のリスクを見極める事は不十分であるという結果がわかったのだ。両方の組み合わせが大切である。遺伝子と環境の相互作用という事が大切である。

セロトニン運搬遺伝子だけが、悲観脳と楽観脳に関係が深い遺伝子とも限らない。近年の研究で20種類以上の遺伝子が脳内物質と深い関係があるとわかっている。  


エレーヌ教授の講義は沢山の実験と様々な角度から、心と脳を分析していて本当に勉強になる。この脳というものをいかに理解していくかという事は今後の情報社会を生きていくうえで大切な事であると私は思う。 

心と脳の白熱教室シリーズの記事も多くのアクセスがあって大変有り難い。この記事をきっかに様々な人生の場面でお役に立てれば幸いである。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

未来世紀ジパング 池上彰スペシャル 「いま注目!知られざるドイツ」 

池上彰スペシャル! 「いま注目!知られざるドイツ」という興味深い番組があったので、知っているようで知らないドイツについてまとめていきます。  

・ドイツ驚きの観光戦略
ドイツの小さな田舎町、シュヴァンガウ。この地に大勢の観光客が年々押し寄せている。断崖絶壁の先にそびえ立つ、「ノイシュヴァンシュタイン城」を見る為だ。 

死ぬまでに一度は行きたい世界の名城に選ばれる美しいお城だ。年間観客数は130万人に及ぶ。この点と点を繋ぐ観光地めぐりが今、世界中で話題になっている。

ノイシュヴァンシュタイン城を後にしたら、世界的有名な観光ルート「ロマンチック街道」へと案内される。人気の秘訣は道端にある、一見小さな教会も中に入ると何ともいえない景観が広がっている。世界遺産にもなっている観光名所が多数ある。

世界遺産も多数あるこの街と街を線で結ぶ戦略が大ヒットしているのだ。その中でも日本人憧れの中世の街が「ローテンブルク」という街だ。 

街を囲う城壁をくぐると、そこに広がる景色は何ともいえない景色が広がっている。正に、タイムスリップしたような景色だ。 

ローテンブルクには1000年の歴史があり、街をあげて街の景観を守っているのだ。店の看板や名前やネオンなども景観にあった作りになっていて、年間観客数は200万人に及ぶそうだ。 

ロマンチック街道という名前は当時のジャーナリストが決めたそうだ。アメリカでも一度は訪れたい観光地として超有名である。 

・失われた街へ
旧東ドイツ時代の名残がある、「ドレスデン」に今回は取材をしてきた。歩行者用の信号機が独特の形をしていて「アンペルマン・信号男」と呼ぶそうだ。旧東側の残った数少ない遺産でもある。 

・超高級時計メーカー A.ランゲ&ゾーネの奇跡
今回池上はある企業に取材してきた。待っていたのは、超高級時計メーカー A.ランゲ&ゾーネ代表、ウォルター・ランゲさん 91歳。大変若々しい方だ。 

19世紀の皇帝、ビルヘルム2世がこよなく愛した、世界最高の時計メーカーで何と時計1本の価格は2740万円もする。 

・波瀾万丈の時計の歴史
先の世界大戦で工場の全てを爆撃で失ってしまった。終戦後、工場再建を夢みていたが、ドイツは東西に分断。A.ランゲ&ゾーネは国有化されてしまい、高級時計の生産が出来なくなってしまう。 

社会主義国では高級時計という概念が全く理解されなかったのである。1989年に東西ドイツが統一。 
すぐさま、当時高級時計を作っていたスタッフ15人を集め時計の生産を再開。1994年に奇跡の復活を果たした。 


2時間のスペシャル番組の一部をまとめてみました。ドイツは近年目覚ましい発展を遂げています。国土や人口数そしてGDPでも日本とよく比較される国でもあります。

今回の観光戦略の上手さ、そして超高級時計メーカーの代表の言葉がすごく印象に残りました。 
池上氏がこのような質問をします。「近年に日本は中国や韓国にもの作りで、押され気味ですが日本にアドバイスはありますか。」と代表に聞きました。 

代表はこう答えます。「我々は安いものを生産していたら、生き残れる事は出来なかった。だからこそ、他にない、品質、品質、品質の追求こそが生き残る道なのです。」

他にない品質という言葉を強く3回も強調していました。この言葉こそ、日本の大切な未来の言葉であると痛感しました。機会があれば番組だけでなく、ドイツという国を様々な角度で考察してみて下さい。  

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

NHK BSスペシャル 山本五十六の真実

NHK、BSスペシャル・山本五十六の真実という番組の再放送を視聴した。戦後になって何十年ぶりに山本元帥の極秘手記が発見され、その事実に基づいて番組が構成されている。 

山本元帥について、皆様はどのようなイメージを抱いているだろうか? 若い方は名前すら知らないという方もいるかもしれない。 

山本元帥を語る上で外せないのが、「真珠湾攻撃」である。当時の戦争の中心兵力は戦艦を中心にする大砲での戦いが中心であった。 

そのような時代に、戦闘機での空中からの攻撃を世界に先駆けて実現したのが、山本元帥である。 

先の大戦の開戦段階では、日本の連合艦隊は世界一の艦隊であったとアメリカ海軍が分析している。 

この番組で取り上げられていた真実は、山本元帥はとにかく、戦争反対者であった事だ。日独伊三国同盟を、身命をかけて反対した事実も残っている。

米英との戦争にはとにかく反対していたのだ。海軍に入隊し、地位が上がるに連れて諸外国へ何回も訪れ様々な事を学んでいた。 

あの、ハーバード大学でも僅かではあるが、勉強した記録が残っている。ヨーロッパにも何回も訪れ様々な角度で日本の戦力と、諸国の戦力を冷静に分析していたのだ。 

その中で、日本お得意の内部分裂が始まる。海軍省と陸軍を中心とした軍内部や対米強行派などの対立があり、最後の最後で日本は先の大戦に踏み出してしまう。 

その個人の見解とは全く違った判断の中で、真珠湾攻撃が始まり、開戦へと日本は突入してしまう。 

番組の中で、キーポイントだと思った事は、アメリカは徹底した実力主義と失敗に学ぶ分析力に違いがあったという事である。 

日本は、真珠湾攻撃のからミッドウェー海戦で大敗北するまでは、アメリカと互角だったそうだ。 

アメリカはその後、凄まじい勢いで航空兵力を増強し、パイロットをどんどん育成させ戦力を補っていたのだ。 

日本はとにかく短期決戦しか勝負はないので、どの戦いも全力で突入していく。パイロットの育成も後回しにして短期決戦の戦いをしていく。その後の結果は皆様承知の通りである。

当時の流れはある意味今も残っていると思う。ニュースを賑わしている、安保法制しかり原発再稼働しかり、今もこの国に残っている謎の危険さがあると私は思うのだ。 

当時とは全く時代背景が違うので、断定は出来ないが、事なかれ主義のこの国の雰囲気が最も危険なのだ。 

安保法制に反対かどうかより、安倍内閣が去年の総選挙で大勝した時からこうなる事は決まりきっていた事実であり、選挙に行かない、政治に興味がないというこの謎の雰囲気に危機感を覚える。 

戦争反対という事を口でいうのは簡単である。だが、先の大戦で戦いたくなくても巻き込まれていくのがこの世界の常識なのだ。 

今更反戦デモなどをしていても何の解決にもならない。去年の総選挙前に何故このような議論を全くしなかったのか?一部ではしていたのかもしれないが、大多数の国民の中では意識していなかったと思う。

思考停止状態の危険さ、判断を自ら下さない事。そして失敗を恐れる事。意味のない謎の空気感。この事にまず気づき、とにかく議論をしていこうではないか。
 
まずは、家庭の中で沢山議論していくのが最優先である。その中でこのような番組を視聴する機会を経て私は感謝している。 

日本を守ってくれた先人達を心から尊敬し、哀悼の意を表明したい。再放送もあると思うので一度でもいいのでこの番組を視聴し、番組内での事実に基づいた上で、家庭で沢山議論して欲しいと思う。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

NHK 奇跡のレッスン 最強コーチが導く 飛躍の言葉 褒めるはバランスとタイミングの芸術 2

NHK 奇跡のレッスン〜世界最強コーチと子ども達〜世界最強コーチ、サッカー編・ミゲル・ロドリゴさんの飛躍の言葉後編になります。 

・どこまで褒める?
ルールと規律を持って接する。バランスと褒めるタイミングが大切。褒めすぎても効果はあまりない。

褒められる事が当たり前になると、天狗になりがちなので注意が必要だ。天狗になり、性格に変化が現れ、目標を達成したら褒める事を止める。

・褒めるはとはバランスとタイミングの芸術である。 
褒めるタイミングで大切なのは、全ての子どもに目を配る事が大切。勇気ある決断をしたらしっかり褒める。褒めるから、また勇気ある決断をしようとする。 

試合は決して監督がする訳ではない。選手が主導となってするものだ。だからこそ、決断が大切なのだ。主役は選手であり、選手こそがスターだ。 

・褒める事は次の段階へと進む為である。褒める段階を経過したら、失敗の責任を受け止める事も大切である。 

・判断の自由+失敗の責任
幼い頃は自信をつけさせる為に、とにかく褒める事を優先する。11歳や12歳の段階では、間違った判断をした時の責任も問う。

・リスクを負うべき場所
褒めると責任。頭を沢山使い、判断力を磨く練習を続けて欲しい。自ら決断させる環境が成長をもたらすのだ。 

・光るところを見つけ出す ・言葉で体で褒め尽くす ・みんなが見ている前で褒める

・教えをはみ出し、決断した時こそ褒める 

ミゲル・ロドリゴさんの言葉は本当に勉強になります。日本のスポーツ教育はどうしても失敗したらいけない、負けたらいけないというマイナスな価値観が強いイメージがあった。 

事実、私の学生時代のコーチや顧問も怒る事が多かった。だから楽しくなかった。笑顔でスポーツをする事が大切だと思う。アマチュアスポーツの勝ち負けよりもスポーツを通じて学ぶ事の方が大切だと思う。 

笑顔の子ども達が沢山増えて欲しい。きっとこの日本を支える大きな力となるだろう。


過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

NHK 奇跡のレッスン 最強コーチが導く 飛躍の言葉 褒めるはバランスとタイミングの芸術 1

NHKで大好評だった奇跡のレッスン〜世界最強コーチと子ども達〜世界最強コーチが扱う言葉についての特集がありましたので、まとめていきたいと思います。 

・褒めるとは、バランスとタイミングの芸術である〜ミゲル・ロドリゴさんの言葉
ある選手は、シュートしたのに何でパスしないんだ!とコーチに怒られてしまった。そしたら、その選手は積極的なプレーが全く出来なくなってしまった。 

・間違いは、学ぶ為にあるもの
コーチや大人が大切な事は、待つこと。あれもダメ、これもダメと何でも子どもの視野を勝手に狭まる事はよくない。大人の責任は非常に大きい。 

・子どもの判断を尊重し、失敗を見つけても後から指摘すればいいのです。そうしないと子どもは決断する事を恐れるようになるでしょう。 

・リスクを恐れず決断させよ。子どもは自分で決めたい
子どもは良い行いに対して、褒められるのが大好き。子どもは自分で物事を決めたがる。子どもは自由でいたいものである。 

・光を見つけ出す
私のコーチングの基本は、選手のいい所を探す事に力をまず注ぐ。どの子どもにだって必ず光るものがある。それを必死で探して褒めていく。そうする事で、子どもは自分の決断に自信を持てるようになる。

・ではどうやって褒める? 
褒めるには、公式もないし段階もない。ただ、種類を分ける事は出来そうだ。

・1対1で褒める。誰も見ていない所で褒める。他には、みんなの前で1人を褒める。
特に意識しているのが、みんなの前で褒める事である。1人の主役を決める訳ではなく、誰かが褒められていると、無意識で次は自分だ!と奮起するものだ。 

・練習を止めて褒める
ミスを指摘する為に止めるのではなく、いいプレーをした事を褒める為に敢えて練習を止める。  

・みんなの前で時間を止めて
個人的にはスキンシップもすごく好きだ。言葉と体の両方でパワーをあげるんだ。声も大切だが、全身で伝える事。子どもは瞬時に反応を見抜くからだ。今、出来る褒め方を総動員する。


この、奇跡のレッスン、サッカー編のミゲル・ロドリゴさんの言葉は本当に感動的です。初めて視聴した時は飛躍した子ども達の笑顔をみて自然に涙が溢れました。

子どもの笑顔こそ、この国の原動力だと心から思います。奇跡のレッスンシリーズは学ぶ事はもちろんの事、素直に感動する番組ですので、是非視聴してみて下さい。 

過去に囚われず 未来に怯えず 今を一生懸命に生きろ そして 志し高く ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。