2015年06月20日

池上彰が見た! ロシアの真実〜ソ連崩壊から25年

池上彰が見た! ロシアの真実〜ソ連崩壊から25年という番組を録画で視聴した。 
様々な角度からロシアという国の実像に迫る良質な番組であった。 

リトアニア、クリミア半島、そして旧満州日本軍抑留者の日本人墓地。このような一般的なニュースやネットで中々知ることが出来ない内容をしっかりと見つめることこそ大切だと私は思う。 

ロシアという国について私は大した予備知識はないので浅い考察しか出来ないのだが、まだまだ超大国であるという事実は変わっていないと感じた、冷戦時よりは影響力は確かに下がってはいるが、ヨーロッパにしてもアメリカにしてもまだまだ対抗する国というのは中々いないのが現状である。 

日本はこのロシアという国とどう向き合っていくのか。昨今の国際状況は本当に混沌としている。戦後70年。今一度様々な問題と向き合う必要があると思う。 

個人個人で本質を見抜き判断をするということをしていかないと取り返しのつかないことになると思う。あの偉い人が言ったから正しいと全体主義的に判断するのが最も危険だ。 

安倍政権化で日本も刻々と戦争を実行する国に戻りつつある現在の状況をいかに考察していくか。若者世代が沢山の情報に触れることは出来るが本質を見抜く力を何処まで養うことが出来るか。支配された情報の裏を見抜く視点も必要である。 

その為には歴史にしっかりと目を向ける必要がある。歴史を学び偉大なる我が日本の先人達が成したことと守っていただいたという事実を忘れずに生活して行きたいと思う。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

最強文化系コロシアム 天下一文道会!!

最強文化系コロシアム 天下一文道会!! という番組が中々興味深い内容だった。
スポーツの戦いの番組はそれなりにあるが、知の戦いも本当にスポーツだ。 

その中でとくに圧巻だったのが、堀江貴文vsDaiGoのババ抜き対決である。
メンタリストは恐ろしい。人の心理というのはあそこまで操作されるものなのかと驚愕してしまった。それも相手はビジネスの天才堀江貴文である。 

ババ抜きというカードゲームはあくまで心理戦なんだと考えを改めざるえなくなった。
子どもの頃から、カードゲームをしているが、ババ抜きは運だと思っていた。

DaiGoのババ抜きは完全な心理コントロールで全てはDaiGoの思うがままに動いてしまう。 

このように、日常生活も我々が意識しないところでコントロールされていることが沢山あるという事を再認識した瞬間でもあった。 

このように知の競技をもっと特集すべきだ。若者世代がもっとこのようなことに興味をもっていただきたい。スマホより断然面白いと思う。頭が柔らかい内に沢山の知に競技に触れるべきだ。

私が子ども頃は羽生善治氏が将棋で史上初の七冠王を達成して空前の将棋ブームになっていた。小学校でも朝のホームルームの前などに将棋を沢山していた。決して強い訳ではなかったがあの頃の知の鍛錬は今も役に立っている。 

日本の明るい未来のポイントは知の鍛錬と精神の鍛錬で作られると改めて思う。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

ハリルジャパンとなでしこジャパン

サッカー男子日本代表と女子日本代表の試合を一日明けてじっくり視聴した。
もちろんW杯本大会と予選の試合内容を比べるのはいかがと思うが、何故ここまで成績の差が出るのか考察していただきたい。 

男子代表の試合は毎度お馴染みの点が全く入らない「日本病」と言われている試合内容になった。ハリル監督の試合終了間際の唖然とした表情が印象的だった。

あのパターンになるともう試合を視聴していてどんどんストレスが溜まるし、またかという気持ちになる。アジア杯の二の舞いの試合に嫌気がさした。

根本的に育成から見直す必要があると思う。監督も成績が悪くなると交代という事をやるのはもうやめにしていただきたい。代表の差というのは国内リーグ差でもあると思っている。 

逆になでしこは本当に素晴らしい。男子W杯の時は渋谷でバカ騒ぎするくせに女子の時はバカ騒ぎしないファンに少々ガッカリだ。あのバカ騒ぎを肯定するわけではないが。

W杯グループリーグを3連勝するなんて本当に素晴らしい。世界女王の戦いに最大の賛辞を贈りたい。なでしこは本当に育成がしっかりしていて世界に誇る国内リーグでもある。監督が続投したもの非常に意味がある。 

世界のW杯優勝国も全て同じように国内リーグが本当に強い。世界との壁とか差ということを指摘されて長いこと経つがやはり私は国内リーグと若手の育成の強化を進めていくしかないと思う。 

時間はかかるがその道をたどる以外サッカーの明るい未来はないと思う。
男子、女子どちらもFIFAのチャンピオンエンブレムをつける日まで私はこれからもサッカーを応援して行きたいと思う。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

NGT48の未来

AKB48の考察をこの機会なので続けみよう。今年数年ぶりに新しい48グループが誕生する。新潟県を拠点にするNGT48だ。 

その初代キャプテンを任命された北原里英。AKB4期生で次世代エースと言われてき逸材である。今回北原と縁のあるメンバー大家志津香、高城亜樹の3名での新潟視察旅行になった番組があった。 

新潟県に48グループが出来ると聞いて少しガッカリした。地元に来てくれることを願っていた身としては何故新潟県なのかと思ったが、この北陸地方にアイドル文化が出来ると思うと楽しみで仕方ない。 

地元からも遠征出来る範囲なので、久しぶりにチケット申し込みをしてみたいと思う。
この劇場公演のチケットが本当に当たらない。年間毎公演申し込んでも一回当たればいいほどだ。選抜メンバーが出る公演などはさらに当たらない。 

NGT48も大御所柏木由紀が出る公演などは超高倍率になることは必死だ。最初の期間に研修生公演等が狙う目になるであろう。NGTがどういうグループに育って行くか今から本当に楽しみだ。 各地方の48グループを知ろうとするとどうしても全国ネットのTVに限られたり動画などの情報に限られる。

それを間近に肌で感じることがいよいよ東北民にも可能になったかと思うと感慨深い。
何度も何度も劇場に足を運んでみて48グループの真の楽しさを是非体感してみて欲しい。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

情熱大陸 渡辺麻友 1位を逃し私のホンネ・・・壮絶AKB総選挙の裏

今回はTBS、情熱大陸の記載をしていこうと思う。アイドル AKB48 渡辺麻友

・渡辺の大好物はジューシーな肉である。来たる選抜総選挙に向けてのエネルギー補給だ。今回の選挙スピーチはサバサバしていて逆に清々しい印象があった。 

・国民的アイドルグループAKB大黒柱になった渡辺。AKBのまゆゆというものをとったら何も残らないくらい渡辺はAKBに人生を賭けている。 

・Everday 王道 アイドル
無邪気で負けず嫌いな王道アイドルには秘めた思いがある。最初AKB劇場の公演に立った時正直に楽しいと感じた。その素直な気持ちのまま今日に至る。

・AKBの楽しさと残酷さを最も知っているのが渡辺の秘めた思いでもある。誰かの為の活動をこれからもしていきたい。アイドルは誰かが応援するからこそ輝くのではないだろか。 

・AKB恒例の握手会。一日何千人と握手をしても笑顔一切絶やさない。隙ということを見せない。渡辺は歌唱力に一切自信がない。歌唱レッスンをしっかりこなしながらも分刻みのスケジュールをこなしていく。 

・渡辺がソロで出演する番組で柏木由紀が緊張感を察して素晴らしい一言を投げかける。
この2人の友情はいつ見ても素晴らしい。

・ある日渡辺が体調を崩してしまった。そんな時でもアイドルを崩さない。渡辺を動かすのは今しかないという責任感。

・渡辺は常に自分がどうカメラに撮られているか意識して撮影されているという。
ドラマで役を演じるという事はAKBの渡辺を捨てなくてはいけない。 

・渡辺にはいつも大きな大きな2人のアイドルの先輩の背中があった。
最近のAKBはまじめでストイックなアイドルが主流ではなく、どうしてもバラエティよりの方が最近は主流になってきた。まじめな子がある意味損をする世界でもあると思っている。

・今回の総選挙で渡辺はAKBの新しい伝説を作る覚悟が出来ていた。今回は3位という結果がまっていた。 
総選挙の翌朝、上位が毎回同じメンバーで後輩が育っていない。その為にももう一度自分を
レベルアップさせる必要がある。そして生まれ変わったらアイドルではなく猫のようにゆっくり過ごしていきたいと語った。 


渡辺麻友の背中には20世紀型アイドルの幻影がどうしても付きまとう。渡辺麻友のファンはある意味安心して応援出来るであろう。この安心感こそが20世紀型なのだ。 

指原莉乃はあくまで21世紀型アイドルである。この2つの異なるベクトルが見れるからこそAKBはいつ見ても楽しいし選抜総選挙は熱狂するのだ。最近は一時期の熱狂が一段落してきたが、今こそアイドル史の転換期だと私は思っている。情熱大陸では編集に面白みが全くないのでプロフェッショナル仕事の流儀で再特集していただきたい。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。