2015年06月30日

ソフトバンクグループ 第35回定時株主総会 1

・ソフトバンクの歩み
1981年、ソフトバンク設立。最初はPCソフトの流通からスタートした。インターネットの夜明けと共にアメリカでヤフーに出資し、直ぐに日本でヤフージャパンを設立。

しばらくしてから日本のインターネットがあまりにも高く、遅いので世界一速く世界一安いブロードバンドインフラを構築する事を目標にした。それまではNTTが99%独占していた市場に小さなソフトバンクが挑戦した。結果世界一早く世界一安いインターネットインフラの構築が実現した。その競争により日本が世界有数のインターネット先進国になれた。

・PCの未来はモバイルの時代へ
PCからモバイルPC中心の時代を予見。その結果ボーダフォンジャパンを買収し、ソフトバンクモバイルを設立。その流れをアメリカに進め、スプリント社を買収。

・様々な挑戦と出資。 
出資した会社のリターン率、IRR率が43%を記録している。ソフトバンクは世界有数の投資会社でもある。この規模のリターン率は過去に前例がない規模である。

・ソフトバンクモバイルの今後
業界初のキャリア同士のかけ放題、ホワイトプランの提供。iphone発売前からApple社、スティーブ・ジョブス氏に掛け合い、独占販売を獲得。業界のトレンドを先取りし、業界をリードするサービスを提供する。接続率、通信速度でも世界一になった。フリーキャッシュフローが継続的に発生するステージになった。

・スプリント社の今後
当初の予定では、Tモバイルを買収して、AT&T、ベライゾン社に対抗予定だった。アメリカ当局がそれを許さなかった。マルセロ新体制により、純増でもかつてないほど躍進している。解約率が大幅に低下している。業績回復が著しく増している。 

・ヤフージャパンの今後
日本最大のネットサービスを提供。18期連続で純利益が増加している。Google社から事業最高責任社を勤めてこともある、ニケシュ氏が会長に就任した。そして世界最大のEコマースの会社でもあるアリババグループとも提携を発表。

・スマートフォンゲームアプリランキング
ソフトバンクグループである、スーパーセル社、ガンホー社がアプリランキングを独占している。世界のアプリは100万種類位あるなかで毎月1,2位を独占しているのは素晴らしい快挙である。

・アリババグループアメリカで上場
この上場というのは全世界規模で見ても歴史上最大の新規上場規模を記録した。非公開企業の時からソフトバンクは目を付けていた。これから益々世界的な企業になることは間違いない事実である。 

・ニケシュ氏がパートナーとなった事によりアジアでの投資がさらに増加
インド最大級のEコマース企業、スナップディール社。アリババグループ並に成長している。間違いなく世界有数のインターネット企業になるであろうと予測する。


ソフトバンク35回株主総会の内容を端的にまとめて見ました。この内容はソフトバンク社の公式ホームページ内に動画があるので一度是非ご覧いただきたい。孫正義会長は私の中で歴史上の偉人と同じレベルの人だと思っている。それくらい言葉が見つからないくらいの未来ある会社であり、益々大きくそして日本を牽引する企業になっていくであろう。孫正義会長と同じ時代を生きていることを誇りに思う。そしてアジアの潜在的能力に凄さを改めて痛感しただけでも価値のある内容であった。 

過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。そして、志し高く。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

ビートたけしのTVタックル 堀江貴文 西村博之の言葉

ビートたけしのTVタックルでの堀江貴文氏、西村博之氏のインターネットについての議論が大変見応えがあった。ネット上では論破祭りなど騒がれているが、インターネットを取り巻く環境も本当に変化している。 

以前のブログでも紹介した、TEDでのモニカ・ルインスキーさんのプレゼンテーションでも深刻なネットいじめについての考察が非常に心に響いた。 

やはり、最新テクノロジーやツールには使用する側のモラルが問われる。昨今のドローン問題もそうだが、必ず悪用する性悪説的なルール決めも今後必要になってくるのではないかと思う。 

テクノロジーで世の中は明らかに変化する。その変化に人が追いついていない。このブログでも何度も取り上げているが、コンピューターに搭載しているマイクロチップ1枚の情報処理能力は2018年をめどにいよいよ人の脳を超えると孫正義会長が語っている。 

最後の砦はやはり教育ではないかと思う。自由と責任は表裏一体である。責任をしっかり取れるからこそ自由がある。道徳などの教科の他にインターネット教育を真剣に取り入れるべきだ。

何でもかんでも規制しても必ず裏ワザ的な抜け道が出て来てあまり意味をなさない。TVタックル内でも議員がとにかくインターネットは犯罪の温床であると何とも稚拙な決めつけをしていたが、そういう切り口でしか問題を解決しようとしないからこそ、逆に問題は悪化していくのではないかと思う。わからない問題こそ素直にわからないと認めるべきだ。 

インターネットの世界は益々大きくなって行く。これからの子ども達はインターネットの世界を可能な限り正しい方向に利用出来るように私も微々たるものかもしれないが活動して行きたいと思う。 


過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。本日もブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

堀江貴文 ゼロ

堀江貴文著 ゼロ を只今熱い思いで読んでいる。 ページページをめくる度に素晴らしい言葉が沢山出てきて、我が闘争とは、また違った角度で堀江氏の考えに触れる事が出来て本当に勉強になる。

昨今の若者達や、悩み多き大人達にも光を与えてくれる言葉が多数ある。

大きなテーマとして「仕事とな何か」という問いに明確で分かりやすい答えが提示されて学生の皆様には特に読んでいただきたい。

社会人なりたての頃、連日連夜堀江氏のニュースを見ていた。その時の印象ははっきりいって私はあまりよくはなかった。 実像のないITバブルの象徴だと思って、逮捕された時はそれ見た事かくらいにしか堀江氏の事は思っていなかった。

あの頃、「稼ぐが勝ち」という書籍を1度本屋で手にとって少し見て戻した記憶がある。
惜しいことをしたなと今は思う。 あの時は別な自己啓発系も本を購入したのだが、その本の記憶はとうにない。 あの頃、堀江氏の思想を前向きに取り入れたらと思うと歯がゆいがそんなことは過去の事だ。

今を生きるというのは本当に最近の1番の考察だ。 堀江氏も思考停止が最もしてはいけない事であると述べている。 ランチなども何でもいいよ的なやりとりはすべきではないとハッキリ述べている。

どんな事でも常に思考して行動する。 ゼロだった自分に小さなイチを足していく。素晴らしい言葉である。 皆様も我が闘争と是非セットで読んでいただきたい。 現状に満足しない時や不安がある時は必ずや解決のヒントとなってくれるであろう。

過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。 ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀江貴文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

米下院、TAA法案を可決 TPP交渉が本格化へ

日本の将来を大きく左右する可能性がある、TPP交渉。交渉の中身が本当に不透明なので私はTPP反対派なのだが、昨今ニュースで「TAA」なる言葉を耳にした。 

この「TAA」アメリカ議会で可決した法案で、ざっくり言えばアメリカ国民が自由貿易で雇用を失った時の支援をしっかりするという法案である。 

アメリカという国はある意味恐ろしさを感じる。いい意味でも悪い意味でも。TAAなる制度が可決したら日本のTPP交渉はいよいよ窮地に立たされると思う。

オバマ大統領も任期期間最後になりふり構わずTPP妥結に向けて動き出すであろう。
安倍政権の流れを見ているともうアメリカの言う事には逆らえないのでTPPにいよいよ日本も加盟するであろう。

安保法制の歴史的転換といい、日本も70年ぶりに歴史の転換期に入ったと思う。

そうした国家間の枠組みがなくなり、どんどん自由競争社会が加速する社会をどう生き抜くか。勝負は情報をいち早く入手し、本質で見抜く癖をつける事だと思う。 

ある程度の日本の成功パターンというか、安心、安全のレールはいよいよ崩壊に向かったといっても過言ではない。学校で勉強し会社に入社して云々というレールはいよいよ崩壊したと思っている。 

格差が益々激化していくであろうし、大企業に富は集中し、中小企業は益々収益が悪化していくであろう。

散々暗い事ばかり述べているが、それでも私のテーマは
過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ である。何となくしか予想出来ない未来に怯えても仕方ない。今をどう生きるか。勝負はその事のみである。 

本日もブログに訪問いただき感謝致します。 

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

ナイティナイン 岡村隆史ライザップ減量に困惑

27時間テレビの企画に伴ってナイティナイン 岡村隆史氏が無謀なダイエットに挑戦している。 14キロ減のダイエットに成功した私からブログ訪問の皆様にしっかりとお伝えしたい事は、この手の短期間での無謀なダイエットは絶対にしない事を推奨する。

糖質制限や炭水化物を抜く事は命を削るのと同じ危険な行為だ。 岡村氏も必ずリバウンドするしまた精神病にもかかる可能性が十分にある。

CMで話題のあのジムしかり、ジムで教えるトレーナーははっきりいって素人レベルの人が多いそうだ。 運動で痩せるという考え自体危険だ。 マラソンランナーでもあれ程走っても少ししか脂肪は減らない。

むしろ痩せるという考え自体無謀だ。肥る事は健康の証である。あと少し痩せたいとか夏までに何キロとかいう思考だからこそ世間の間違った情報に流されてしまう。

健康にハツラツと生活するのが本質ではないだろうか?

ダイエットという概念ではなく 本当に美味しくて体が欲する食生活を取り戻す事に意義がある。 簡単で安い食事をしないようにすれば自ずと無駄な体重は減ってくるはずだ。

1番はコンビニ、牛丼屋、ラーメン屋、ファストフード食を辞めれば直ぐに体重は減る。
そしてお金も減らない。 しっかりとスーパーで売っている和食を取れば十分である。

1970年代の食で少し肉があるのが1番理想だそうだ。食べ物には国家のトリックがふんだんに使用されているのでここでも本質を見抜く目で様々な考察をしていただきたい。


過去に囚われず、未来に怯えず、今を一生懸命に生きろ。ブログに訪問いただき感謝致します。

関連リンク→あるたった1つのスキルだけで5億円の「不労所得」を作った男
The Million Writing
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする