2015年05月12日

NHK ETV特集 激突! 東西の天才 羽生善治 ガルリ・カスパロス 前編

ETV特集 激突! 東西の天才 羽生善治 ガルリ・カスパロスの再放送をやっと視聴出来たので「知」の本質の考察の為に記載しておきたいと思う。今回も箇条書きだがお付き合い願いたい。 

・チェスは知性の試金石 ゲーテ。愛好者人口、世界7億人。そのチャンピオンは世界最高の頭脳の称号を手にする。去年11月に日本将棋会の生きる伝説 羽生善治名人との対局が実現。

・実は羽生善治名人はチェスの日本ランキング1位でもある。勝負はカスパロス氏の2連勝で決着。カスパロス氏は羽生名人の書籍で将棋を勉強している。詰将棋なら出来るとの事。
カスパロス氏はチェスと将棋のルールが混同してしまうので勝負は出来ない。
チェスの特徴はダイナミックな駒の動き。大砲で戦争していたヨーロッパの歴史が反映されている。将棋は戦国武将が負けた兵などを再雇用して味方にした背景などが盛り込まれている説もある。 

・チェスや将棋の歴史は人類の文明の広がりに伴う壮大な物語。戦争や社会の変化に伴いチェスも変化した。歴史をたどるとチェスと将棋はもともと繋がっていた。チェスと将棋は社会の鏡。

・カスパロス氏のチェスは極めて将棋的。大きい強い駒を大胆に切って勝つのがカスパロス氏の真髄であり独創的なプレーヤー。 
・新しいものを生み出すにはまず心構えが大切。チェスを指す事は新しい事を生み出すチャンス。チェスや将棋に限界はない。常に常識に囚われないで勝負する事に徹する。

・名プレーヤーとスーパープレーヤーの違いは、勝負所のパターン。勝利の方程式を認識出来る事が大切。柔軟性が最も大切。 優先事項を常に意識する。普遍のパターンもあるが、その中で新しい可能性に賭けて勝負する。それが、柔軟性、独創性に繋がる。

・将棋は50年前からは大分進化した。特に序盤戦。データベースの進化で近年特に変化してきた。 新手一生との言葉がある。近年は新手一勝と変化した。 
伝統の世界の将棋。指し方の戦法は中々変化しなかった。技術的革新は近年の話。
アイデアは無限で、チェスも将棋も進化の途中である。 


大変長くなりそうなので前編、後編に致します。チェスの元世界チャンピオンと将棋界の生きる伝説の言葉はどちらも素晴らしい。本当に学びの多い番組で視聴出来てよかった。


posted by イトウ ヒロ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

NHK 奇跡のレッスンの共通点

奇跡のレッスンで2人の最強コーチのコーチンング内容を改めて視聴して見て、共通点があったので今日はその考察をして行こうと思う。

ロドリゴさん、ダビットさんに共通していたコーチンングは何と言ってもむやみに子どもを怒らない、そして頭でしっかり考察させる習慣をつけるコーチンングを実践していた事だ。

子どもと言っても1人の選手としてしっかり接する。そして、本当に中身のある褒め方をする。 最強コーチに褒められた子ども達の笑顔が本当に輝いていた。 あの笑顔が私は忘れられない。

試合中に泣き出してしまう子どもにはしっかりコミュニケーションをとって納得させてまた笑顔にさせて試合を再開させる。

ポイントは楽しく笑顔なのだ。 日本のスポーツ、特に部活動なんかはギスギスしすぎだ。 顧問の顔色ばかり伺って萎縮する子ども達。 負けたらどうしよう。失敗したらどうしよう。

スポーツの本質は人間として成長する事ではないのだろうか?
アマチュアスポーツの世界で勝敗にこだわりすぎるのは一体何の意味があるのだろうか?

スポーツの素晴らしさを人間が壊していないだろうか? 子ども達の笑顔を大人が妨害しているのではないだろうかか?

奇跡のレッスンをもっと広く伝えていけたらもっともっとスポーツのチカラと様々なプロスポーツの成績も絶対上がってくると思う。そして日本の笑顔がもっと増えて行くと私は確信している。

このブログがその手助けになったら幸いである。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

NHK 奇跡のレッスン 世界の最強コーチと子ども達 テニス編・すべてのボールに決断を

今回の奇跡のレッスンはテニス編である。世界最強コーチはテニス大国スペインのコーチのコーチでもある、ダビッド・サンズ・リバスさん。今回はじっくりと番組の中で語っていた事をそのまま箇条書きで記載し、皆様の参考にして頂ければ幸いである。

今回の大きなテーマとして決断出来るテニス。すべてのボールに決断を。子どもは元々責任感が欠けている。それを導くのがコーチの役目。 

力任せに打たない。ボールをコントロールする。6時間も試合があるときがあるから体力をコントロールする。一番の基本はしっかり踏み込んで打つ事。上達すると忘れる基本。目と足と手でするスポーツ。ボール拾いをゆっくりする。リラックスしてする。気持ちの緩急を付けて練習する。 

一日の最後はボールコントロールの楽しいゲーム。楽しさが明日に繋がる。 子ども相手は楽しく。自信のない子には近くで声をかける。遊びながらコートの幅を覚える。 

夢中になれば自然に集中力が生まれる。プロは足を滑らせない。 
ボールの打ち返す時に決断をして打つ練習。 色を声に出して打ち返す練習。奥に来るボールはレッド。真ん中の自由に攻撃出来るときはオレンジ。ネット際の攻めるボールはグリーン。決断をするテニスの具体的な練習。 

サーブは上半身と下半身をわけて指導する。動きを一度分解してそして結合する。
人と比較しないで自分のチカラを信じてプレーする。人と競うな、自分を磨く。

モチベーションの言葉の意味は2つの言葉が合わさった意味。目的と行動が合わさった言葉。試合では自分の心をコントロールする。 

ウォームアップは楽しみながら、次第に集中する。ウォームアップとクールダウンを楽しみながらする。楽しさは忍耐力を生む。

テニスの試合はとにかく長い。一度始めた事は最期まで行う。メンタルを鍛える。
楽しんで夢中で練習してるといつの間に集中している 

楽しい練習の方が長時間出来るし集中出来る。 目的に合わせた練習をする。多様性と
楽しさと厳しさの融合をする。 

簡単なボールこそリスクをとってあえて攻める。
今回の一番のポイント。試合の結果ではない。練習でやった事が実践出来たか。 

テニスは親が近すぎる事がある。子ども時代のランキングや試合結果は特に意味がない。
試合後は楽しかった?練習で出来た事は出来た?その最期に結果を聞く。 

テニスには人を成長するチカラがある。全ての事は成長の為に。 
車いすテニスの指導をする事になり考え方が変わった。テニスのお陰で今の自分があると思っていただきたい。 

テニスはテニスで勝たなければいけない。楽しければ楽しいほど相手は焦る。
もっとも楽しんだ者が本当の勝者。嫌がらせをしてまで勝つのは違う。自分のプレーで勝つ。
 
変化を起こす勇気こそ大切。決断するテニスの真髄。負けている時でも粘り強くプレーするのが偉大なプレーヤーの証でもある。敵に勝つのであればまず己に勝つ。 

今回も本当に練習後の子ども達の成長とあの楽しそうにテニスをプレーしている姿が本当に印象的であった。 

子ども達は背中を押してあげれば飛躍できる。素晴らしい言葉である。

今回も超良質な番組であった。テニスをしている方はもちろんの事、テニスをしていない方も必見である。子ども達の笑顔こそこの国のチカラなのだから。 
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 奇跡のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

まれと釣りバカ日誌

今週のNHK連続テレビ小説 まれは本当に感動的だった。今朝の釣りバカ日誌シリーズの記事で考察した本質が今週のまれには沢山詰まっていた。 

都会か田舎か。夢か現実か。家族か仕事か。 

人生を考察する上での深い深いテーマである。都会で生きて行く。田舎で生きて行く。夢を何処までも諦めない。現実を受け止めて行動する。家族を何よりも大切にする。仕事に情熱を燃やす。 

全て大切な事だ。大切が故に形には現れない事もあるので、現実と理想の狭間で悩む。
がむしゃらに信じた道を進む事も必要だし、ふと振り返る事も大切である。 

まれも釣りバカ日誌シリーズも人生を考える上での良質なデバイスであると私は思う。
本当に大きなテーマなので、中々考える時間もないし、むしろ正面から考える事の方が難しい。

だからこそ、良質な番組を沢山見て私は考察して行こうと思う。一番してはいけない事は問題から目を背ける事だ。深い深いテーマだからこそ問題から逃げてはいけない。 

考察をする習慣こそが物事の始まりだと思う。そこから生まれてくる「志し」。

そして「事を成す」。 この2つにたどりつくにはまずは考察し、少しの行動からアップデートしていく事の繰り返しに未来はある。 

まれや釣りバカ日誌シリーズを視聴し自分の人生だったらどうするか?と考察出来る良質なデバイスに感謝し、これからも楽しみに視聴して行こうと思う。 
posted by イトウ ヒロ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカ日誌の思い出

パッキャオvsメイウェザーの世紀の一戦が終わり、その流れでWOWOWの無料試聴を利用し様々な映画や番組を視聴する事が出来た。映画が好きな人にはWOWOWは本当にお得な番組プログラムであると思う。 

さて、その中で最も好きな外国映画のバックトゥザフューチャーと最も好きなドラマ24 -TWENTY FOURそして最も好きな日本映画の釣りバカ日誌シリーズを久々に視聴出来て楽しい無料試聴期間で大変満足している。 

釣りバカ日誌シリーズも本当に何度視聴したか分からない。何度見ても心が和むし、シリーズを通じての様々な日本の問題提起と美しい海辺の街の情景が本当に素晴らしいと思う。

会社か家族か。仕事か愛か。和むシリーズの中にも強烈なメッセージが詰まっていていつも考えされられる。

シリーズを通じての名優達も逝去された方が何人もいて、もう釣りバカ日誌シリーズが見られないのが本当に残念だ。

浜ちゃんと佐々木課長の絡みが毎回好きで仕方なかった。あのような社員は現実には中々いないとは思うが、佐々木課長と浜ちゃんのような関係が会社の理想であると思う。 

西田敏行氏の演技はいつも絶品だ。どんな役も見事にこなしてしまう。現在の日本の最高峰の俳優だと私は思う。西田敏行氏のような味があり、そして人間味溢れる俳優がもっと増えたら日本のエンターテイメントももっと世界に誇れる業界に発展出来るのではなかいか期待しながらこれからも視聴したいと思う。 

追伸
先日のブログでもかなりの反響があった、NHK 奇跡のレッスン テニス編が今日放送である。大変学びの多い番組なので今回も楽しみで仕方ない。
posted by イトウ ヒロ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。