2015年05月21日

NHK プロフェッショナル仕事の流儀 水道技術者 笑喜久文 後編

プロフェッショナル仕事の流儀 水道技術者 笑喜久文 後編である。

・給料泥棒と呼ばれ日 一昔前の東京は漏水率10%。漏水対策が急務だった。
一回実地で教えてもらったら後はひたすら聴くのみ。何度も何度も失敗した。間違えて違う箇所を掘っては間違えてやり直し。自分の違う部署にいって漏水音を聴いたり、毎日何度も何度も経験を積んで積みまくった。工夫を凝らし様々な音を聴く。その繰り返しで8年の年月がかかってやっと一人前になった。毎日言い聞かせる言葉がある。
「明日は、今日より進化しよう」 昨日と違う自分になる。1つ音を聴けば自分は必ず進化すると自分に言い聞かせて進化する毎日を送る。

・水が出ない地域の住民は、「水さえ来ればほかに何もいりません。水は大切なものですから」としみじみ伝えていた。

・明日への水道
ある地域では水圧が低すぎて水がこない。全体の水圧を上げると地域全体の水道のあちこちが破損するかもしれない。だがとにかく解決する為には水圧を上げる以外にない。水圧を上げるとすぐに漏水箇所が見つかってしまった。故障も頻発。現地の作業員は少しの事で諦めてしまうが、諦めず丁寧に最期まで教える笑喜氏。

・現地の人にどうしても伝えたい事 「あきらめては、いけない仕事」

・自分のしている仕事の重要さを理解する事が大切。水道は一部の恵まれた人が使っているだけでは決していけない。誰もが等しく受ける恵の仕事なのだ。
40度の気温の中でも文句1つ言わず配管の図面を作成。何とか全ての工事と修繕が終了した。観光にも1つも行かず仕事のみをこなして日本に帰る日になった。最後の日にどうしても水が出なかった自宅を訪問。しっかりと水が出ていた。水がくるので洗濯が出来る。料理が出来る。この地域は笑顔で満たされる地域に変わっていた。 

最後にプロフェッショナルとは
漏水を探すのはとにかく経験を積んで音を沢山聴く事。それをいざという時に出せる人。


日本が誇る最高の技術者の仕事の一部が見れて感無量である。マニュアルもない、ある意味での正解もない。頼れるのは経験と自分の感と知識のみ。このような技術者こそ本当に日本の宝であると思う。あきらめてはいけない仕事。この言葉が胸にささった。水が使用出来る有り難みを番組を見る度に思い出すであろう。淡々と、ねちっこく。この言葉は超一流の人が使う言葉そのものである。この感動を胸にまた事を成す日々を送ろうではないか。昨日より少しでも進化出来る行動をしていこうではないか。


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK プロフェッショナル仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

NHK プロフェッショナル仕事の流儀 水道技術者 笑喜久文 前編

今回のプロフェッショナル仕事の流儀は水道技術者 笑喜久文 前編である。沢山の学びがあったので重点に絞って記載していきたいと思う。

・水道を守る、フクロウたち 
都内深夜3時。特殊な機械を使ってある音を探す男達がいる。
その音とは「漏水の音」機械で判断出来ない時は人間の耳だけで水道管近くの音を判断する。
水道管修繕工事が必要な場所を探すスペシャリスト軍団「フクロウ隊」このフクロウ隊が漏水箇所を見逃すと重大な事故が発生し安全な生活が営めなくなる。
その中でもスーパーフクロウと言われているのが笑喜久文氏である。長年軍事政権が続いたミャンマーでの水道復興事業を任された。日本の威信をかけた水道管復興の物語である。

・ヤンゴン市のある地区では、簡易的な水道管しかなく、水の安定受給がままならない。大半の家では数日に一度しか水が出ず、地下雨水に頼る他なく、一日何回も汲みに行かなくてはならない。漏水というのは些細な事でも見逃すと大変な事になる。全体の配管で圧力をかけないと水道管というのは機能しない。漏水箇所を徹底して修繕しないと安定受給にはいたらない。

・地面の下の漏水の音を聞き分ける機械が「音聴棒」という。この機械を水道管にあて耳だけで漏水箇所を見分ける。一般人が聞いてもほぼ聞き取れない。この技術は機械でも不可能な技術だ。漏水音は1つとして同じ音はない。ポイントは「耳 ではなく、経験で聴く」
いかに漏水の音を聴く経験をするか。頭の中のデータベースで地面の材質を見て想像しながら漏水音を判断していく。

・漏水音を聞き分けても、どこが漏水しているか特定するのが困難で、ミャンマーでは水道管の設計図が無く本当に漏水箇所を見つけるのが困難を極める。スパゲッティ配管という複雑な配管なのでさらに発見が難しい。

・漏水対策30年貫く信念は「淡々と、ねちっこく」 毎日水が出るのが安全の基本。配管が直るまで一切諦めない。 

長くなるので一旦この辺にします。日本の技術者が世界を救う様を視聴していてなんとも誇らしい番組であった。水が当たり前に出る有り難さを再認識出来ただけでも本当に有り難い番組である。その有り難みを感じながら朝一の洗顔から水が出る当たり前の生活を噛み締めながら生活していきたいと思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK プロフェッショナル仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

NHK コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」後編

コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」後編である。

・宇宙開発のすべてを予言した超人。創造の中で何度も宇宙の旅をした。その宇宙旅行の様を人々に伝えようとした。

・人類初の宇宙ロケット誕生秘話。ツィオルコフスキー氏は何と1903年に宇宙ロケットの設計図を完成させている。発想の原点になった一枚のスケッチがある。そのスケッチには無重力で移動する人間などの考察から最大の発見、無重力空間では「反動」を使えば人類は動けると発見した。身近過ぎる原理だが、この発見がロケットの原点になる。

・物理と数学的理論を駆使し、人が乗るのはロケットの先端のみと解明。その他は全て燃料搭載エリアと推察。火力燃料ではなく、液体燃料のほうが優れてと推察。この設計図が現在のロケットの原型として使用されている。

・後の世にツィオルコフスキー氏の本や研究の影響を受けた、セルゲイ・コロリョフ氏が実際に宇宙ロケット実現に成功。この人類初のロケット誕生にはツィオルコフスキー氏の推察が反映されている。多段化ロケットの発想までもツィオルコフスキー氏が完成させていた。現代の最先端のロケットエンジンの細部までツィオルコフスキー氏の指摘と推察が生きている。ツィオルコフスキー氏の発想と推察全てが人類を宇宙に到達させたといっても過言ではない。

・ツィオルコフスキー氏は何故人類を宇宙に送りたかったのか?ツィオルコフスキー氏が残した言葉がこれだ。
「地球は人類のゆりかごである。しかし永遠にゆりかごの中で生きていくわけにはいかない」 

・ツィオルコフスキー氏の最期のステップは地球が環境問題等で住めなくなると推察し、宇宙での長期滞在が必要になる推察した。現在本当にツィオルコフスキー氏が指摘した事が現実になりつつある。

・ツィオルコフスキー氏は地球が抱えている問題が見えていた。環境破壊、人口増加、資源枯渇。ゆりかごである地球にはいずれ住めなくなると様々な角度から考察していたのだ。

・JAXAが開発した「はやぶさ」 その中のイオンエンジンもツィオルコフスキー氏のアイデアが入っている。液体燃料より効率がいい次世代エンジンがこのイオンエンジン。

・人類の未来像とは? ツィオルコフスキー氏の結論としては、人類は宇宙に移住すべきであり、その過程で人類は無重力空間の中で新しい進化を遂げるのではないかと推察。生前この推察は発表される事はなかった。最終的には「死から復活する」という言葉が残した。
人類の進化の過程で推察するとまだ人類はゆりかごの中の赤ん坊で止まっていると考察していた。人類究極の問題である、死の問題を克服するという事が研究の最期の考察であった。

・死を克服した生命体へと進化するには宇宙にいくしかないというのがツィオルコフスキー氏の考察の答えである。

・天文学的に考察するとツィオルコフスキー氏の考察は理にかなっているという。未来には資源のある惑星を中心にスペースコロニーで生活し太陽が終わりを向かえると、また次の銀河へと移住していく。地球外にはそのような進化をした生命体が必ずいると天文学者達は考察している。 


ツィオルコフスキー氏の脅威の考察に言葉も出ない。科学と創造力を駆使し本質を見抜けたら後は毎日前に進むのみである。このよう良質な番組をもっと多くの子ども達に視聴していただいて未来を切り開いていって欲しいと心から思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

NHK コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」 前編

コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」で脅威の宇宙科学者の番組を視聴出来たので今回も記載していきたい。

・現代は1年に100機以上のロケットが宇宙に行く時代。このような未来を100年前に予想していた人物がいる。ロシアの科学者 コンスタンチン・ツィオルコフスキー。
宇宙にいく術がない時代にロケットの完全な設計図を完成させていた超人的な科学者である。

・ツィオルコフスキー氏が監督した映画がある。「宇宙飛行」 ロシア初のSF映画でもある。
この映画の中身たるや、驚愕の一言である。タイムマシンで未来を見て来たのかと疑うくらいの正確な映画であった。80年前の全く宇宙に行っていない人類の映像とは思えないくらい正確だ。 

ツィオルコフスキー氏は実は幼い頃、高熱にかかり全く耳が聞こえなくなってしまった。その時に父の書斎で1つの本に出会う。「地球から月へ」ジュール・ヴェルヌの壮大な物語に夢中になった。ジュール・ヴェルヌのお陰でツィオルコフスキーの全ての日々が宇宙に向けられるようになった。 

・大きくなりモスクワで宇宙の勉強を始めたが、全く学校教育を受けていないツィオルコフスキーは勉強の仕方が全く分からない。そんな時図書館で出会ったのはニコライ・フョードロフ。ロシアを代表する哲学者でもある。

・耳が不自由が故に独特な研究方法が確立された。自分との対話のような研究方法である。
宇宙に行く為の研究を60年も自問自答した。その集大成が30枚のスケッチで残っている。 

・宇宙に始めて出ると人間は全く身動き出来ない。壁伝いに移動するしかない。その現実を完璧に予言していた。宇宙遊泳もツィオルコフスキー氏の理論が反映されている。
ツィオルコフスキーは科学と未来の融合を実現した科学者でもある。 


今回も長くなるので前編後編に致します。本当に驚愕の人物が世の中にはいるものである。ロシアの宇宙開発や科学力も驚愕としかいいようがない。今回の番組は驚きのまま見終わってしまった。未来を予測する事くらい難しい事はないのだが、ここまで正確に予想出来る深い考察と何処までも諦めない研究姿勢を学ぶ事が出来た良質な番組であった。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

孫正義社長 後継者指名

日本を代表する一大企業 ソフトバンク。 その社長でもありもはや説明する必要もない日本最高の経営者、孫正義社長。 その次世代のソフトバンク2・0に向かっての体制が発表された。

孫正義社長は後継者育成プログラム、ソフトバンクアカデミアの初代校長でもある。
私はてっきりソフトバンクアカデミアの中から後継者が輩出されるのではないかと思っていた。

Yahoo! トップニュースでもご覧のとうり、後継者は元Google副社長のニケシュ・アローラ氏に正式に決定したようである。

時価総額を世界一にする為の現実的な戦略である。

孫正義社長についてはもはや私の中で歴史上の偉人と同じ人だと思っている。
私の中では徳川家康と同じような感覚である。

混沌としたグローバル社会の中で間違いなくソフトバンクは世界の中心にいるに違いない。

情報革命で人々を幸せに。 志し高く。 事を成す。 孫正義社長から出る言葉はどれもずっしり胸に響く。

偉大な事業家が育った日本の文化や歴史を今一度深く考察し、孫正義社長が成した事をじっくり検証し、今の私の行動に結びつけて行動し事を成していきたい。

300年繁栄する企業という志しの一端が垣間見れただけでも平成の世に生を受けた事に感謝せずにはいられない。

これからのソフトバンク、孫正義会長の言動、行動から益々目が離せない。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク 孫正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。