2015年05月26日

NHK マイケル・サンデルの白熱教室「公共放送の未来を考えよう」2

マイケル・サンデルの白熱教室「公共放送の未来を考えよう」2


・国民として共同意識を作るのも公共放送の使命か?
市民と公共放送が一緒に番組を構築していく。民主主義構築の土台として機能するのも公共放送の役目。情報を共有していくベースが必要。役割を勘違いするとナショナリズムのあらたな火種になる。接着剤があらぬ方向に進む可能性もある。押し付けのアイデンティティではいけない。ある特定のニュースをいかに中立に放送するかが問題。

・政府と違う見解の意見があり、その情報は会社を巻き込む危険がある。それでも真実の報道をすることが出来るのか? 公共放送の原則は守りたい。でもそれが出来ない時もある。
政府をある程度敵にしても真実を伝えたいがそれはやはり様々なしがらみで出来ない事もある。

・宗教が絡んでくると公共放送の自主規制も変化していく。公共放送が落ちた信頼を取り戻すのは大変難しい。

・BBC サッチャー首相が過去の紛争の時にBBCを大変非難した。その時に公共放送が原則を守って報道することの意味とは何なのか深く考えささせられた。 

・戦時に「わが軍」「わが国」という表現は避けるべきか?ではオリンピックの時はどうするべきか? スポーツと戦争を同じ原則で判断できるか? 中立の報道とは? 
国民の中で議論があるかないかがポイントとなる。一般の皆様の為か? それとも政府の意見の代表か? では国民が戦争を支持したら戦争も支持するのか? 

・力を持った人々に批判をするジャーナリズムを有しているのが公共放送の役割でもある。
監視をする使命もある。それは政府と対立する使命もある。

まとめ
単なる視聴者ではない。単なる消費者でもない。焚き火やキャンプファイヤーのような関係を築きその場を提供するのが公共放送の使命でもある。受け身だけだった視聴者を1人の市民として、最新テクノロジーを駆使して新しい可能性を追求するべきである。


大変深い議論で私の拙い文章力では上手くまとまりきらなかったが、報道とは何か?報道からくる影響という考察のヒントになって大変有り難い番組である。内容は決して容易ではないが、学生や子ども達にも積極的に視聴させ家族で様々議論をするには最適な番組ではないかと思う。議論から生まれえうことに私は無限の可能性を感じている。


posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

NHK マイケル・サンデルの白熱教室「公共放送の未来を考えよう」

今回から、NHK 白熱教室シリーズをまとめていきたいと思う。1時間の番組なので数回にわけて連載していきたいと思います。世界最先端の学びを学習出来る良質な番組なので是非機会があれば視聴し共に様々考察をしていきたいと思う。 

マイケル・サンデルの白熱教室「公共放送の未来を考えよう」

・新時代の公共放送とは? 今回は世界の公共放送の代表者の方の意見をお馴染みハーバード大学教授マイケル教授が司会進行役として進めていく。

・10年後の未来をあえて仮定して考察し、今回はインターネットの融合は公共放送にとって好ましいか?好ましくないか? 
反対意見として、批評をいうメディアの価値が無くなってしまう。好きな番組だらけになるのは問題だと思う。マイノリティに対する目配りをするのが公共放送の役目。反対というよりもはやインターネットと融合になりつつある現状がある。

・どちらを増やすべき? 視聴率の低いまじめな番組? 視聴率の高い娯楽番組?
様々なテーマを考察する必要がある。まじめな番組だからといって視聴率が低いと思わないほうがいい。公共放送だからというおごりもあるのではないか。ネットの普及により変わったのは視聴者自身が変わったと思っている。オーディエンスに気持ちをどこまで意見に反映するか。逆に大きなチャンスを迎えているとする見方もある。

・ノルウェーの公共放送のコンテンツは非常に人気で国民の10人中、9人がアクセスするくらいのメガコンテンツとして成長している。ネット上で利用出来ないコンテンツは作らない。単なるテレビ局ではない。公共メディアサービスである。視聴者をけしてあなどらないこと。ネット時代には何時でもどこでも時間を関係なく共有することは果たして公共放送といえるのか? そのコンテンツは接着剤として様々な出来事をくっつけて国民的グループとなるであろう。

・70年台はテレビが接着剤の役割を果たした。国民の共通体験の場だった。その役目がインターネットの登場により違うステージになった。視聴者が参加する事によってまた新しい放送の姿が見えてくる。




各国代表者の様々な意見を聞ける番組で非常に為になる。ネットと既存メディアの関係を考察する年代にいよいよ突入した、歴史の転換点だと私は思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 白熱教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

NHK スーパープレゼンテーション TED 「音楽特集 全米1位! マーク・ロンソン登場」

NHK スーパープレゼンテーション 「音楽特集 全米1位! マーク・ロンソン登場」
の興味深いプレゼンテーションを記載していおこうと思う。

・プレゼンテーションのテーマは
How sampling transformed music サンプリングが音楽を変えた 

・冒頭で過去のTEDのプレゼンテーション動画で素晴らしいサンプリングを披露してくれた。マーク氏はプレゼンテーションの依頼が来た時何を話したらいいのかわらず、様々なTED動画を沢山視聴した。これが実は逆効果でパニックになってしまう。
パニックになりながらも動画を見続け、事線にふれる言葉をメモしていた。

・素晴らしいプレゼンテーションを視聴した時にそのスピーカーと親友になれたらなと思っていた。とても現実では不可能に近いが、冒頭でみせたサンプリングという技術・手法を使えば不可能と思える人ともコラボが可能になる。

・そのサンプリングという技術・手法がここ30年の音楽の主流となっている。30年前、デジタルサンプラーが登場しあらゆる音源からサンプリングが可能になった。
サンプリングとは儲けたい為にするものではなく、好きな音楽と一体化する事が目的である。好きだからこそ取り入れる。

・最近のポップ、ラップの世界ではマニアックな元ネタを使うことが減ってきていて、80年台の大ヒット曲を使うのが流行っている。懐かしさだけをウリにしるのではダメ。新鮮味を加えないといけない。

・二次使用素材を含む曲は基本グラミー賞を獲ることはできない。音楽業界の中ではアレンジをひどく嫌う人々がいるが、それは大変に時代遅れなことである。今の時代は好きなものを自分でアレンジするという時代である。そして価値のある、新鮮な要素を足すことができれば、好きな音楽の進化の一部になれるかもしれない。



最後に過去の大好きなプレゼンテーションの2つを素晴らしいサンプリングで表現してプレゼンテーションが終了となった。私は音楽業界や音楽の作成、サンプリングなどは、まったくわからないが、マーク氏のプレゼンテーションで好きな音楽と一体になり進化の一部となるという言葉が大変胸に響いた。

最後に番組プレゼンターの伊藤穰一氏が、「著作権で何でもかんでもがんじがらめにすることが決して正解とはいえない」いう言葉を残していた。

正にその通りで、進化といのは融合し、新しい何かを作っていくということがポイントだと思う。今回もスーパープレゼンテーションの名に相応しい沢山の学びがあるプレゼンテーションであった。この番組は週に何度か再放送しているので見逃した方は是非一度視聴していただきたい。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK スーパープレゼンテーション TED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

AKB48 41thシングル選抜総選挙 〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜

今年もいよいよこの時期である。AKB48 41thシングル選抜総選挙 〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜である。年々規模も大きくなり、今年は何と福岡ヤフオク!ドームでの開催である。総選挙投票権がついたCDも147万枚も売り上げAKB48グループの底力が垣間見れたと思う。

AKB総選挙に関しては様々な意見があるが、私はエンターテインメントのイベントとしてはこの上ない楽しいイベントだと思う。

だが、総選挙に立候補する方は過酷を極める。一夜にしてランクインした人は一気に注目され1年間様々な恩恵がある。逆にランクイン出来なかった人は日の目を浴びず卒業していく者もいる。

残酷と現実をファンのお金というか愛というかパワーで決める正に新世代のイベントである。

ここであえての提言だが、CDを沢山買っての投票は私は反対である。AKB48グループは大好きだが、私は本当に好きな推しメンに1票投票する以外は複数投票はした事がない。

1人1票で競うべきだ。もちろん資本主義なので利潤追求が原則ではあるが、AKB総選挙も進化して新しい投票にするべきだ。

その方がよりリアルでエキサイティングな選挙が見れると思う。本当の選挙みたいに全国行脚してみたり、街頭演説したり、はたまたマニフェストを掲げ私が選抜に当選したらこのようなイベントや新しい取り組みをします!的な本当の選挙のような活動のほうがファンも楽しいのではないだろうか。

若者は本当に選挙に行かない。 AKB総選挙は好きな人はとことん好きである。
実際の国勢だって同じで興味を持ち必ず1人1人の政治的思想を明確にすべきだ。

AKB総選挙と国政選挙だってある意味では同じだと私は思う。

今年のAKB総選挙は新世代メンバーがいよいよ頭角を現してきて去年とはまた違った選挙になると思う。

大いに選挙当日まで盛り上がって欲しいと思う。 このブログの読者で同じファンの方がいたら盛大に楽しみ、そして全く興味のない人は少しくらい覗いてみてはいかがであろうか? 新しい発見があると思う。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

太れない皆様へ

ダイエットというテーマを考察する時、必ず痩せる為のお話しが世間ではほとんどであるが、今回はあえて太るを中心に考察していきたいと思う。

世の中には太って困る人は大勢いるが、太れなくて困っている人も多いのも事実である。
なら太っている人の食生活をコピーすれば痩せて困っている人の役に立つのではないだろうか?

もちろん、精神的ストレスで拒食症などの症状の人に太っている人の食生活をコピーしろというつもりは毛頭ないが、明らかに無理なダイエットをし過ぎて痩せているのが美しいと思う女性の皆様や健康のためにもう少し太らなくてはいけないという人の為に考察しておこうと思う。

ポイントは安くて美味いと錯覚するものを食べろである。

コンビニで売っているもの。牛丼屋さんの人気メニュー。そしてラーメンの濃い系の味だ。
そして、常に飲むものは炭酸飲料系を飲めばもうあっという間に太ってしまうのではないだろうか。 ラーメンを食したら、必ずごはんを取るとか太るメニューならいくらでも考えつく。

上記のメニューを1カ月も続けたら太る以上に体に異常が出そうで恐ろしいが。

書いてみるとぞっとするような食事だなぁと改めて思うが、一人暮らしの男性や忙しい人などは以外と当てはまるメニューではないだろうか?

この手のメニューとキッパリ縁を切ると本当に水が美味しく感じられると思う。最近は水が最も美味しいと感じるし炭酸飲料系は本当に喉が渇いて仕方ない。

太れなくて困っている人は参考にしていただいてダイエットしたい方は上記のメニュー全て辞めるだけでみるみるうちに体重に変化があると思う。16キロ減を一応成功したのでダイエットで困っている人や太れない人がいたら是非相談に乗ってアドバイスさせていただければ幸いである。
posted by イトウ ヒロ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。