2015年04月22日

ゴミと脂肪の不思議

世の中には自然と増えていく物がある。 そうゴミと脂肪だ。 

私の部屋もホコリやゴミ汚れにいつもあっという間に支配されてしまう。脂肪も同じだ。
知らぬ間に脂肪がどんどん蓄積されていく。 

ゴミや脂肪を溜めこんでしまうのが人としての正常機能だと私は認識している。
我々の遺伝子はとにかく生きる事を最優先でプログラムされている。何かを溜めこむというのは、人が人として生存していく為の非常に大切なプログラムである。

心がときめく片付けで一躍有名になった近藤麻理恵さんが今や世界に影響力を与える100人に選出された。 

近藤さんの片付け法もいかにゴミをコントロールするか?が中心である。 
ゴミを貯めこむ人の習性や本質、断捨離の仕方をいかにして行動に移すかを解りやすく発表してくれたからこそあの評価に繋がっていると思う。 

脂肪も同じだと思う。 野生動物世界には太り過ぎなんて動物はいない。野生動物は食べたいものだけ食べ生活している。 

本当に食べたい物だけを食べる生活をすればダイエットなんて必要ない。 それでも体重が気になる事は確かだが、現在の日本の特に女性は痩せ過ぎである。 

飢餓レベルとの発表もある。 間違った健康意識と美意識が横行している。
間違った健康と美意識の方がその利権から何かを得ている人々の特になる事だけは間違いなさそうだ。



ラベル:ゴミ 脂肪 片付け
posted by イトウ ヒロ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

トイレは至高の空間なり

いつも買い物しているコンビニでの出来事である。私は仕事柄時間がかなりバラバラなのでコンビニは重宝している。 震災の時に私が一番困った事は、コンビニの機能が停止した事だった。 コンビニにこんなにも依存しているんだなぁと認識した瞬間であった。 

某大手コンビニチェーンのトイレは基本綺麗だ。 その綺麗なトイレで用を足したいが為に特定のコンビニにしかいかない事もある。 

朝方、いつもの様にコンビニで買い物とトイレを拝借する事にした。 

何時もの綺麗なトイレがなんと、とんでもなく汚れていた。 一気に気持ちが冷める。 どういう事だ! 何故こんなに汚れているのだ! といつもなら店員さんに一声かけて店を後にするが、今日は不思議と掃除したくなってしまった。 

なんともお節介ではあるが、撒き散らしてある汚物をすべてトイレットペーパーで回収しブラシで便座を綺麗にし、便座カバーの後ろまで汚れていたのでそれも綺麗にしてやった! 

あーなんて私はお節介! でも最高の気持ちで用が出来た。 朝から清々しい気持ちで一日を迎える事が出来た。 

トイレは皆さんご存知のように深層心理の表れである。 

お金持ちや成功者のトイレはかなり綺麗で、犯罪者のトイレは必ずといっていいほど汚れている事実があるとのデータがある。 

トイレこそ空間で最も綺麗にしておくべき場所であり、最もリラックス出来る空間にしておくことも大切な心がけだと私は痛切に感じている。 
posted by イトウ ヒロ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

母校閉校とスラムダンク

私の母校が今年閉校になり、市の大きな学校に統合するとの情報が入った。
これで私の学び舎は、全て新しくなって無くなってしまった。 高校はもはや跡形もなく跡地には別の施設が建設されている。

仏法では「諸行無常」という言葉がある。 形あるものはいつか必ず無くなりまた新しい形として生まれてくる。

学び舎が全て無くなったのは寂しいが、この街も少しずつアップデートしてると思うと嬉しい気持ちになる。

少しずつ少しずつ変化していく事がやはり成功や、事を成す為のキーポイントだと思う。

あまりにもありきたりな言葉なので、スルーしてしまうが、少しずつの変化やアップデートの重要性を最近になってやっと少しずつ理解してきた。

週刊少年ジャンプ 「スラムダンク」で私が1番好きなチームは実は海南大付属高校である。
高頭監督が、当たり前の事をきっちりこなす。 ウチに天才はいない。 だがウチが最強だ。
と心の声を描いてるあのシーンが何とも言えず私は好きである。

当たり前の事と言われると中々イメージが湧かずしっくりこないが、やはり最後の勝負は当たり前の事をしっかりこなしていく事こそが最善にして最強である。

スラムダンクの中の最強も、街の変化もぱっと見気ずかない所こそが最も大切なんだと教えてくれる大切な教材だと私は思う。
posted by イトウ ヒロ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安定、安心の言葉

日本人の大好きな言葉に「安定」「安心」 という2つのビッグワードがある。 

あの会社は大手で安心だからとか、やっぱり安定が一番。などなど非常に耳障りも良い。
このブログを読んでいただける読者の皆様ならもうお気づきだろう。 

「安定」「安心」という言葉の裏に一体何が待っているのか? 

待っている事は、自ら考察しなくなる癖がついてしまう事だ。 この上記の言葉を良く使うのが、公務員、政府、銀行である。 

公務員だから安心。政府の仕事だから安心。 銀行だから安定。 

上記の皆様に任せた現在の日本社会はいかがであろうか。 答えはすでに目の前にある。 

やみくもな批判をするだけがこのブログの使命ではない。

教育現場からすでに、この2つのビックワードが学生を支配している現状を鑑みると、日本の将来は何が待っているのであろうか。 

自らの進化と考察を止めてはいけない。 

使わない筋肉は衰え始める。脳も思考も同じである。一方的に入ってくる情報を鵜呑みにしてはいけない。 

現在の政権はいよいよメディア規制、言論規制を公に行ってきた。
考察する事を忘れた国民の未来は何が待っているか? 歴史を見れば自ずと答えは見えてくる。 

家族、友人、パートナーなどと、もっともっと日本について議論する機会をまず増やす事が先決だ。 

その繰り返しでしか物事の本質は見えてこないと私は断言する。 

 
posted by イトウ ヒロ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

続、現代社会の歪みの根に迫る

昨日の考察の続き。私の稚拙な考察に沢山のアクセスがあって本当に感謝致します。

女性は本当に就職が困難である。 私の学生時代の友人も相当優秀であったのが中々就職先が見つからず相当苦労した事実があった。

また結婚して育児休暇からの復活となると、相当な苦労や人間関係の悪化も顕著である。

過去の歴史の中でも、女性をないがしろにする一族は滅ぶ運命にある。
男がどんなに凄かろうが、偉かろうが生命を誕生出来るのは女性しか無理なのだ。

この事実が、動かざる本質なのに、どうしてここまで歪んで今の世を形成したのだろう。

もちろん働く事や経済を動かしていくとなると男性の力も必要であるが、ここまで高度に成長した現代社会のシステムが旧来と変わっていないというのが、少子化や介護負担の増加などの社会不安の問題の根と考察する。

私が思う事は、老後こそ人生の総決算あり最も輝く時期であるのに、昨今の現状は悲惨そのものである。

少なすぎる年金。 働く場所も皆無。 何かあったら即老人ホーム行き。 認知症、老老介護。
不安しかないではないか。 男性を守る為、育児の為の専業主婦の皆様が不憫で仕方ない。

社会的、一般的な成功モデルや成功ラインなど等の昔に崩壊しているのだ。

まずはその事から考察していこうではないか。 考察を辞めた最後は滅びるのみである。
posted by イトウ ヒロ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。