2015年04月27日

学校の未来

未来の世界を考察し、より良い日本を創造して行く事を考察するこのブログだが、今日は未来の学校について考察してみよう。

学生時代が好きか? と聞かれたら私は素直に行って今の方が好きだと断言出来る。 学生時代には決して戻りたくない。

学生の頃は楽しかったよなぁ。 あの頃に戻りたい。 という事を考えた試しがない。
学生時代がさぞつまらなかっのか? と聞かれたら素直にそうだと私は認める。

学生時代の気持ちは不安しかなかった。友達といる時も常に明日が不安だった。 遊んでいる時もこの拭えぬ不安に何時も気持ちが支配されていた。

だからと行って学業に専念出来た訳でもなく、振り返ると一体私は何の為に行動していたのか謎である。

確固たる志しも無く当てもなく彷徨っていたのだ。 目の前の現実に思考が追いついていなかった。 進学。就職。 上京。 様々な家庭問題。 ありきたりの人生かもしれないが、その時に感じていた事が今の強い志しを構築するきっかけとなった。

学生時代は決して好きではないが否定はしない。 あの日あの時の不安を忘れない用にあえて今もしている。

不安との戦いが1つの人生のテーマである。

既存の学校システムが正解か? と聞かれたら全て正解とは言えないだろうと思う。
やみくもな批判ではなく既存のシステムのいい所を取り入れながらより良いシステムを構築すべきだと思う。

学校に全く行かないというのも私は賛成だ。 学校で学ぶ事や体験する事でこの広く複雑な世界を図るモノサシにするのは私はいかがな物かと思う。

学校に行かない選択と行く選択を自由にすべきではないかと私は思う。


ラベル:学校 日本 創造
posted by イトウ ヒロ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最期の言葉〜吉田松陰先生に学ぶ〜

最期の言葉。 NHK大河ドラマ 花燃ゆでの今回のテーマである。 

人生の最期に発する言葉の事を考えると、今の私がどういう行動をし、何を成すべきか深く考察していかなければならない。 

私はいつも自分に言い聞かせている。人はいつ亡くなるかなんてわからないと。

明日自分は生きているなんて保証はない。人生の終焉だけは誰も解らない。
だからこそ、一日一日を行きて行けるわけだが、このブログが一日一日を一生懸命生きる糧になっているのは間違いない。 

読んでいただけるとい事は本当に有り難い事である。私は会話が大好きなので、自分の考察を元に色々会話するのだが、こうして文章として残して置かないと後々になって新たな発見などに繋がらない。 

人は常に沢山の情報を脳に蓄積している。でも、上手く引き出す事が出来ないと意味がない。

最期の言葉を選ぶ時もこのブログが必ず役にたつと確信している。ブログを開始して良かった。 
思っている以上に自分の事は解らない。だからこそ文章にして残す、アウトプットするという事が大切なのである。 

私はブログを大いに推薦したい。 そして最期の言葉に何を発するか?を常々頭に留めて置こうと思う。 

吉田松陰先生の残した言葉はどれも志しが強く反映しているからこそ胸に響く。
一度吉田松陰先生の言葉に触れて見てはいかがであろうか?
posted by イトウ ヒロ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

全国統一地方選挙投票日に思う

本日は全国統一地方選挙の投票日である。日本人は選挙が好きな人はとことん好きだし、興味がない人はとことん興味がない。 

世界的に見たら非常にめずらしい国民性であるのとデータもある。アメリカなどは非常に対称的だ。 

アメリカ人に直接聞いた事がある。「何故あそこまで大統領選挙が熱狂的なのか」
との質問にそのアメリカ人は「選挙がみんな好きなんだよ」と答えてくれた。 

非常に興味深い発言である。日本で周りにはっきりと選挙大好き!と発言する人がどれくらいいるであろう? 

今回の統一地方選挙も最低の得票率になる事は間違いないと私は思う。 
たしかに政治や政治家に興味を持つ事自体少しハードルがあるし、選挙の話を友人や知人クラスメートの間でするかと聞かれたら私自身もあまりした記憶がない。 

ある意味タブーの議論のような扱いである。 
そこに昨今の諸問題の根が私は潜んでいると考察する。政治無関心になるように全体が動いている様に私は思うのだ。 

無関心の方が一部の人が特をするからだ。政治家の本質はどこまでいっても選挙に勝つ事である。 選挙に勝たなければただの一般人なわけだ。 

選挙に勝つ事が本質なら、選んだ後に落ち度がある政治家、何もしない政治家がいたら地位を奪い取るシステムがあってもいんじゃないだろうか? 細かい法律はよく把握していないので無意味な意見になるかもしれないが、我々国民がもっと政治家を監視すべきだ。

政治家が国を動かしているのではない。あくまでも主権は我々国民だと今一度思い出して欲しい。 
ラベル:選挙 政治 政治家
posted by イトウ ヒロ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TPP交渉とは??

TPPの交渉がいよいよ大詰めである。しかし、オバマ大統領は任期を全うするのみの形だけの政権になっているので最終合意には至らないであろう。 

アメリカという国はアメリカの国益最優先を実現してパワーバランスを保つ国である事は過去の歴史を見て明らかである。 

TPP交渉が開始する時期、ニュースでも大いに議論になった。しかし現在は?
TPP?そんな事あったよね? レベルに認識が下がっているのが現状ではないだろうか。

TPPに参加する事は幕末の日米和親条約と似たような事ではないかと私は大いに危惧している。

基本スタイルとしてアメリカという国を知らなければならない。

過去にアメリカが我が国に何をしたか? 忘れてはならない。原爆を投下した許されざる国である。 

その末裔達がうごめいているTPPなんて私は信用にたる要素が1ミリもない。
そもそも中身が全く理解出来ないというか、一体政府はどのような交渉をしているのか?

全て公表すべきだ。アメリカという国に一歩も譲歩しては日本の未来が危ない。

いつまで敗戦国でいる気なのだ! いつまで一番弱い部分をアメリカに握れていて何になる!

発言があまりにも右よりに聞こえるが、私が憂いる事はただ1つ。 
子孫に恥じない今を生きようではないか。 過去の歴史の偉人達、先の戦争で命懸けで日本を守ってくれた先人達に恥じない国にする行動をしていこうではないか。

日本にはそれが出来る国であると私は信じている。
ラベル:TPP 政府 アメリカ
posted by イトウ ヒロ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

スバル躍進と思い出

スバルの経営が絶好調のようである。私の家でも一時期全車スバル車になった事がある。
父はスバル車が大好きで「スバリスト」と言われる部類の人であった。

私も幼い頃からスバル車に乗っておりスバル車には沢山の思い出がある。
家族の旅行と言えば決まって車での移動だったので、何十万キロとスバル車と共にドライブしてきた。 

スバル車は何といっても抜群の走行性能を誇っている。 水平対向エンジンの低重心と左右対称にレイアウトされたシンメトリカルAWDがもたらす走行性能。近年は何といっても
「アイサイト」の登場でまずは安全が優先しての車選びがユーザーからの支持を得た形である。 

車種も多くはないが、基幹になる車種どれもライバル車にはこの上ない強敵である。
燃費性能も近年は改善しつつある。

いい思い出が沢山詰まったスバルが好調なのは本当に嬉しい。私は現在の収入では少し厳しいのでスバル車には乗れないが、次の車にはやっぱりスバル車を購入しようと検討している。 

スバル車にはこんな思い出もある。私の大切な人と長距離でドライブした時の事である。
とにかく車酔いが激しくドライブ中は基本寝て過ごしていたらしい。ところがスバル車は違かった。 あんなに車酔いが激しかったのに、初めて車酔いしないで長距離ドライブが出来たといってくれた。

スバル車の凄さを是非皆様も体験して欲しい。 そして楽しいドライブにどんどん行って見てはいかがであろうか? 
posted by イトウ ヒロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。