2015年04月30日

日米同盟の展開

日米同盟が歴史的展開や、オバマ大統領のあの手厚い歓迎。 はっきりいって違和感しか感じない。何を今更って気がする。喜んでいる場合ではないですよ!日本の皆様! 
安倍首相はまぁ気持ち良かったかもしれないが、アメリカはこちらの意見など聞く耳がないではないか。 

TPP交渉を有利にしたいが為のカモフラージュにしか見え無い。中国の脅威に対する牽制だと思うが、アメリカの風向きが悪くなるとこれだらまぁたいしたもんだ。 

中国は中国。中華思想の国に何をいっても通じない。 

しかしこの慰安婦問題についての謝罪せよとの記者からの質問など全くありえない。
河野談話などもはや信じている人がいるのが信じられない。謝っていれば事が済と思うのが間違いだ。 

この共同宣言はいよいよ自衛隊が世界的に戦場に打って出るのが決定したようなものだ。
憲法9条は本当に機能なんかしていない。 

私は自主防衛すべきとの意見を持っている。 戦争はもちろん悪だ。だが、自国の防衛は自国でしていかなければいつまでたっても敗戦国だ。

こういう議論を学生の頃から頻繁にすべきだ。このような話は決して他人事ではないのだから。政治、経済、防衛問題は詳しい人だけが議論するなんてあり得ない。

最高学府のある学部の皆様は「国民はこうしないと動かない」とか「こういうルールを構築しないと」的な何とも国民を馬鹿にする発言をしている。 

自分の場所は本当に自分で守る。NHKまれで ふみさんが言っていた言葉である。 
posted by イトウ ヒロ at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

NHK 長島茂雄×王貞治〜ONとして生きる〜

NHKの朝ドラを見てブログを書きながらテレビの音のみを聞いていたら録画予定だった
「長島茂雄×王貞治〜ONとして生きる〜」の録画が始まりその流れで視聴する事にした。 

私は生粋の野球ファンではない。ブログカテゴリにもあるが格闘技やF1、そしてJリーグ元年の熱狂時に小学生を過ごしたのでサッカー好きである。 

そんな私でもこの2人のことは流石に知っている。今回の対談の聞き手役は星野仙一氏である。野球ファンにはたまらない番組であろう。 

2人の共通点は何といっても「昭和のスーパースター」である。

対談の肝となる発言に、とにかく業界には「スーパースター」が必ず必要との発言を長島氏が強く強調していた。昨今の球界にはスターがいないと嘆いていた。 

スターになってメジャーリーグに行ってしまうのは仕方ないと王氏は発言していた。 
とにかく育成に力をいれていくしかないと。 

長島氏はとにかく現役時代、野球が好きで好きで仕方なかった。三振するのも絵になる偉大なバッターだ。 
王氏はとにかく欲望が先に先行していたとの事だ。ホームランを何本打っても次にまた打ちたい打ちたいとずっと思っていたとの事だ。  

2人の対談は何とも濃密な対談だった。昭和のスーパースターは発言もスターだ。

同時にスーパースターは突然スターになるのではなく、何時でもタイミングが揃えばスターになる準備をしている人達なんだとこのスーパースター2人から学んだ大きな事である。

見逃した方は是非NHKオンデマンドや再放送で視聴していただきたい。何かのヒントが沢山あると思う良質な番組であった。
posted by イトウ ヒロ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まれから見る創造力の産業とは

田舎か都会か。 伝統か革新か。 NHK連続TV小説「まれ」での問題提起が実に昨今の日本の問題の根を考察出来、本当に有意義な朝の時間である。 

日本には伝統工芸品や伝統文化や伝統芸能いくつもの伝統がある。 

私は日本で最も大切な産業や文化だと思っている。 
世界に誇れる日本のチカラ、「匠」のチカラこそが日本の真のチカラだ。

ぎょう鉄職人のブログでも考察したが、このような「匠」の世界はマニュアル化や数値化なんて不可能なのだ。 

その職人にしか出来ない世界がある。その職人にしか出来ないチカラこそ未来の仕事なのである。

1人1人の能力をジョイントしどんどんユニットを組んで世界に発信すべきだ。

クールジャパン戦略という政府のわけのわからん戦略で進めるのではなく、自らが動くべきだ。  

明日の未来を作るのは個人個人の創造力だ。 学歴や職歴や家柄など関係ない。
過去にした事より明日の為にいかに今を生きるか。 

その創造力を今のテクノロジーと結びつけて、産業と雇用を創造するべきだ。 
人口減少の歯止めが効かない日本の進むべき道である。

田舎と都会のメリットデメリットを共有し新しい産業を創造すべきだ。 
日本の田舎や都会、伝統、革新が全て融合すべき時が今の時だと思う。
posted by イトウ ヒロ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

ドラゴンボールとフジテレビ

ドラゴンボールが18年ぶりに新シリーズのニュースがあった。 

ドラゴンボールと言えばアニメに興味がない人でも知っている日本アニメ界の至宝だ。
さぞ、フジテレビも喜んでいるに違いない。 

テレビの視聴率なる謎のモノは一体どうやって調査してるのか子どもの頃より気になっている謎の1つだ。視聴率なんていう謎の数字にテレビ局側が惑わされないで欲しい。

スポンサーと視聴率にがんじがらめのテレビ局が真実の報道という事になると私はいつも疑問視しながらテレビを視聴している。 

テレビを見ないという選択もあるが、情報は一方的になるのもよくない。テレビ、新聞、ネット各評論家の意見をまんべんなく参考にし情報を仕入れるように心がけている。

その情報を自分の小さい見識ではあるがいつも切り口を変えて考察するようにしている。 

今回のドラゴンボール復活はフジテレビの思惑がかなりあるのではないかと思う。 
視聴率も国民的アニメのサザエさん、ちびまる子ちゃん頼りとの意見もあった。私はフジテレビに色々期待している。 

フジテレビの方向に未来を感じているからだ。 

「楽しくなければテレビじゃないじゃん」 この道を突き進んで欲しい。
フジテレビはとにかくぶっ飛んでいて欲しい。 何がBPOだ! 

本当の楽しさとバラエティから人と人との距離を掴んでいくのではないだろうか?
影響力という点ではまだまだテレビの力は衰えていないと私は思う。   
posted by イトウ ヒロ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の未来

昨日は学校の考察をしたので、本日は未来の仕事を考察して行こうと思う。

日本の現状として、経済はこれ以上は良くなって行かないと私は思っている。
悲観的観測ではなく、人口減少に伴う産業の変化は止める事は出来ない。

ましてや世界のテクノロジーの進化は留まる事を知らない。人の手でする仕事はどんどん減少すると思う。

未来は決して明るくないのか?

否。 いよいよ日本の真の実力が試される時だ。 日本のクリエイティブな部分を全開で雇用を創出して行けば良いと思う。

元来、日本人は遊びや新しい事を生み出したり、アップデートしたりする事が得意なはずである。 現在では考えつかないような仕事が中心となっているのではないかと思う。

大企業は数えるほどになりほとんどが個人の創造と新しい付加価値での産業に変化していくと思う。

政府は益々搾取に力を入れるであろう。 政府や官僚の甘い言葉に踊らされてはいけない。
搾取する構造が本質として大きな壁になっているという事も忘れてはいけない。

1人の日本人が深く考察しクリエイティブに機能し、そして次の代へとその志しを受け継いで行く。

世界の覇権を無理に取ろうなんてする必要はない。 日本な日本らしく、だが芯のある国にシフトして行こうではないか。

力の強い物に何時までも色々横槍刺されるなんて私はまっぴら御免だ。
posted by イトウ ヒロ at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする