2015年03月16日

アドラー心理学についての考察

欲望に素直になろう。 
アドラー心理学行動イノベーションの考察。


自分を好きになれない人は成功出来ない。 自分を攻め立てる事は毎日嫌な上司に攻められているのと全く同じ事だという。


・成功のマスタークエスチョン。 

「本当に自分のしたい事は何か」

この質問はカンセリングやコンサルティングの超重要ワードのようだ。
ある意味魔法の言葉でもある。 


その深い答えに答えを出すにはいくつかの過程を通過する必要がある。


まず1つに自分の欲望に真摯に耳を傾ける訓練をする事が重要だ。
欲望なら何でもいい。

素直な自分の欲望というのは子供の頃思った欲望でも可である。 毎日、何も考えないで遊んでいた頃の素直な自分の欲望、夢、思いをもう一度思い出してほしい
。 
日々の現実の暮らしの中で、小さい頃思い描いていた夢や欲望は忘れがちであるが、
本当に豊かな生活をしていく為にはもう一度この欲望や夢を思い出して欲しい。 

私の小さい頃の夢と来たら自分でも笑ってしまう。 
なんとタイムマシンを作るのが夢だったのだ(笑) 映画に心底入れ込んでしまい毎日そんな事ばっかり考えていた。 

歳を重ねるにつれてタイムマシンは無理だと気付いたが、あの頃の素直な気持ちを大人になっても真摯に忘れないでおこうと思う。




posted by イトウ ヒロ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。